世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

          スポンサー リンク


G7イタリアサミット、安倍首相が北朝鮮、慰安婦、共謀罪で各国の賛同得る

安倍首相にとっては、かなりの成果があったようだ
HY
http://www.hindustantimes.com/rf/image_size_960x540/HT/p2/2017/05/26/Pictures/gentiloni-trudeau-emmanuel-theresa-juncker-angela-merkel_13c86dcc-4241-11e7-b7e5-3de2b6485255.jpg


イタリアサミットが開催

5月27日にイタリア南部シチリア島タオルミナで主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開催され、安倍首相やトランプ米大統領が出席しました。

安倍首相はドイツのメルケルに次いで在任期間が長くなり、出席者の中でもそれなりの存在感を発揮しました、

サミットでは在任期間が長い人ほど、写真撮影の並びや食事の席順が優遇されて繰り上がっていく。
続きを読む

          スポンサー リンク

中核派の大坂正明逮捕 1971年渋谷暴動とは

学生達は放火や暴動を繰り返したが、当時の学生が今は新聞やテレビに就職し平和憲法を説いている
mig
引用:https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimg.47news.jp%2FPN%2F201001%2FPN2010011801000891.-.-.CI0003.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r



中核派の時代とは

今から46年前の昭和46年(1971年)、共産主義革命をめざす学生らが起こした渋谷暴動で、手配されていた大坂正明が逮捕されたと報道されています。

大坂正明とはどんな人間で当時はどんな時代だったのか、同じように共産主義革命を目指した当時の学生が、現在は国会議員や報道機関重役に納まっている。

現在の日本が形成されたのがこの時代で、憲法固定化、韓国や中国への謝罪、戦争のタブー視、日米同盟、自民党の一党与党などがこの頃から始まった。
続きを読む

シャープ奇跡の復活の仕組み ハイアール・サンヨーに類似

サンヨー買収でハイアールは売り場とブランド、日本企業という看板を手にした
CFP409677645
引用:http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201107/CFP409677645.jpg


シャープ復活のからくり

事実上経営破たんしたシャープが僅か1年で黒字転換し、V字回復や奇跡の復活と呼ばれている。

シャープを買収したのは台湾企業ホンハイ(鴻海)だが、どうやってこの奇跡を起こしたのでしょうか。

ホンハイはアップルにiPhoneを納入している製造企業として知られ、独自ブランドを持たない「部品屋」だった。
続きを読む

日本は輸出と観光を辞め、労働力を国内のために使うべき

観光客が10倍に増えてもサービスを受け取るのは外国人なので、GDPが大幅に増えたりはしない
22_1
引用:https://www.projectdesign.jp/201607/images/gazou/22_1.jpg


日本が世界最大の純債権国

財務省は5月26日、2016年末の対外純資産が前年比2.9%増の約349兆円で、26年連続で世界一だったと発表しました。

ところで似たような発表で「外貨準備高」という数字を聞いた事があると思うが、両者はどのように違うのだろうか。

中国の外貨準備高は2017年4月末で3兆295億ドル、日本の外貨準備高は2017年4月末で1兆2422億9500万ドルと発表されています。
続きを読む

朝鮮半島危機”敗北”でアメリカの防衛戦略変更

米軍が北朝鮮を攻撃できないなら、北の核ミサイル保有は秒読み段階
BN-TI700_0508nk_P_20170508160637
引用:https://si.wsj.net/public/resources/images/BN-TI700_0508nk_P_20170508160637.jpg


米軍は北朝鮮に不戦敗濃厚

5月25日にブルックス在韓米軍司令官はソウルで講演し「北朝鮮への米軍の先制攻撃は困難」だと語りました。

同氏は韓国の首都ソウルは北朝鮮軍の兵器に包囲されていて、先制攻撃で脅威を除去するのは難しいと述べた。

同様の見解は米軍関係者や米政府からも多く聞かれているし、その通りだろうと推測します。
続きを読む
          スポンサー リンク

     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ