世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

韓国の成長率2%確保も、文在演は土木工事でGDP水増ししていた

財政出動なしだと2019年の成長率は1%程度だった
image_readtop_2020_75385_15796832974061952
画像引用:https://file.mk.co.kr/meet/neds/2020/01/image_readtop_2020_75385_15796832974061952.jpg



借金で成長率を買った韓国

韓国経済の成長率は2019年に1.6%程度と予想されていたが、最終四半期で大幅増加となり通年で2%を確保した。

内訳は第一四半期(1月から3月)0.4%減、第2四半期は1.0%増、第3四半期は0.4%増、第4四半期は1.2%増だった。

韓国メディアの平均では第4四半期は0.6%増だったが、最後の大逆転に不振の目が注がれている。

続きを読む


スポンサー リンク

中国発新型ウイルス発生源はヘビか、武漢市は封鎖で日本でも2人目の感染者

武漢の市場ではこのようにコウモリやヘビを売っていた
5e28e02124306a7adf056483
画像引用:https://todayheadline.co/wp-content/uploads/2020/01/5e28e02124306a7adf056483



WHOは中国を称賛し非常事態宣言見送り

中国発の新型コロナウイルスは短期間に状況が急変し、日本での感染拡大の恐れが出てきた。

つい2日前まで日本政府は「人から人へ感染しない」として何の対策も取っていませんでした。

19年1月24日に国内2例目の感染者が確認され、2人とも武漢から帰国または来日していました。

続きを読む

国民年金は何歳から支給が良いのか、繰り上げ派は減少

繰り上げ繰り下げとも一長一短あり、理由がなければ65歳からが良い
img_b1066c5e65d0b21a76687896c819fa2e42190
画像引用:年金は「夫は65歳、妻は70歳」からもらうのが一番得するワケ(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/3)https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56848



3割以上が繰り上げを選んでいたが

国民年金は従来40年間納付が条件だったが、2017年8月から10年以上納付していれば、年金がもらえるよう制度改正されました。

また65歳からだった支給年齢は60歳から繰上げ支給したり、70歳まで繰り下げるのも可能になった。

繰上げ繰り下げ支給をめぐってどちらが得か損か、解釈が分かれているが実際の所はどうなのでしょうか。

続きを読む

韓昌祐 パチンコ・マルハン会長の生涯

bogu032-3
引用:http://www.jarba1.com/bogu032-3.jpg


パチンコマルハンの会長として知られる韓昌祐は、戦前の朝鮮南部で、日本人として生まれました。

日本の敗戦で朝鮮は米国の植民地になり、15歳で日本の兄の下へ渡り、兄の事業を引き継いで成功しました。


少年、海を渡る

マルハングループの創業者で知られる韓昌祐(ハン・チャンウ)(かん しょうゆう)は1931年に朝鮮の農村で生まれました。

韓国慶尚南道泗川郡三千浦という場所で、現在は合併して慶尚南道泗川市という名前になっています。

朝鮮半島の南端で現在の人口は約11万人、港湾と基地、田んぼ、海水浴場くらいしかなく、主な産業は農業らしく、発展した地域ではありません。

続きを読む

中国発新型ウイルス、数千人感染も政府が隠蔽 日本は中国人観光客ノーチェック

WHOは全員が中国から賄賂を貰っているので「中国の対応は素晴らしい」と褒めるだけ
K10012255671_2001230531_2001230534_01_02
画像引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200123/K10012255671_2001230531_2001230534_01_02.jpg



WHOは中国支配で機能せず

中国武漢市で発生した新型コロナウイルスが猛威を振るい、すでに数千人以上が感染した疑いがある。

中国政府は最初から隠蔽するつもりで報道管制し、少ない数字を発表しては情報流出で暴かれ訂正している。

日本政府の動きは中国政府よりも悪質で、空港での検査もせず報道しないようマスコミに働きかけた。

続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ