世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

G7は反中国で一致し、中国は自由経済から排除される

今後G7の度に反中国が議題になる
100151245
画像引用:https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/page1_000934.html G7首脳テレビ会議|外務省



G7で対中国政策が主要議題

2021年2月17日に開催されたG7電話会議では、かつなく中国への警戒と批判が打ち出された。

会談では中国の覇権主義や貿易について懸念が表明されたが、共同声明には中国への対抗策が盛り込まれなかった。

どこかの国が中国に加担して名指しや具体化に反対したと思われ、G7の足並みは揃っていない。

続きを読む


スポンサー リンク

アメリカは借金で経済成長を買い、一般家庭に押し付けた

借金や毎月の支払い、増えない賃金、上がる物価がアメリカの一般家庭を圧迫している
20100416_622236
引用:カリフォルニアの住宅http://img-cdn.jg.jugem.jp/252/475963/20100416_622236.jpg



アメリカは借金で経済成長を買っている

アメリカはリーマンショック以来、10年にも渡って経済成長を続けてきました。

成長の枝葉を見ればIT産業の隆盛だが、もっと根元の部分に注目すると、債務と成長率の交換だと言える。

リーマンショックの時、ブッシュ政権時代に米国の公的債務は約30兆ドルと言われていました。

続きを読む

『被害者・弱者』ほど過激な行動を取るメカニズム

「自分は被害者で、正しいんだ」と思った人はどんな酷い事も平気でやります。
今彼らは「トランプは悪い」という理由で共和党支持者や愛国者を言論弾圧している
5c63a37a2300007f01225c20

画像引用:https://www.huffingtonpost.jp/kazuhiro-taira/info-wars-20180911_a_23521419/ 「ネット陰謀論の王」はいかにしてソーシャルメディアから排除されたか _ ハフポスト



被害者が加害者になる瞬間

歴史上のできごとを断片的に見ていくと、最初被害者だった人たちが加害者になる、あるいはその逆が頻繁に起きているのに気付く。

そして歴史上の民族や集団が非難された行為を検証すると、多くは「自分が被害者」だと考えていました。

例えばユダヤ人は4000年前にエジプトで強制労働されていたそうですが、それはマンモスが生きていた時代の事です

続きを読む

軽トラックが絶滅危惧種、海外生産で国内市場を維持

微妙に違うインドのキャリイ、排気量や積載量が大きい
a5rny-bo0wq

画像引用:https://www.indiatoday.in/auto/new-launches/story/maruti-suzuki-super-carry-scng-bs6-launched-in-india-check-out-price-features-other-details-1680763-2020-05-22



軽トラックが絶滅危惧種に

通称軽トラックの販売が減少しかつてはほとんどのメーカーが生産していたが、現在は残り2車種に減少している。

今も軽トラの新車を生産しているのはダイハツとスズキだけで、他メーカーのディーラーにもOEM供給している。

生産メーカーが減少したのは販売数が減少したからで、1980年前後には年間40万台を生産して国内で販売していました。

続きを読む

中国のコロナ感染者は数百万人か? 高齢者15万人が3か月で消失

武漢で配信していたユーチューバーは全員が行方不明になり、真実は闇の中
_110887678_dcb4c74e-fe7d-4a60-bae2-2798a7863d95

画像引用:https://www.bbc.com/japanese/54290766 中国・武漢で行方不明になったジャーナリスト、「国の監視下に」 友人が明かす - BBCニュース



湖北省の80歳以上が15万人消えた

米国の華人系メディアで、中国のコロナ死者数は実際より30倍以上も多い15万人だった、という指摘がされています。

最初にコロナウイルスが集団発生した武漢市がある湖北省では、15万人の高齢者が突然数字から消えていた。

2020年の第1四半期に80歳以上の年金受給者15万人以上の高齢者の名前が受給者リストから消えていました。

続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ