世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

習近平一族の不正蓄財 タックスヘイブンに数兆円の資産を保有

「赤い皇帝」習近平の義理の兄は、数兆円の隠し資産を外国に保有していた
LU7_0383
引用:http://image.cache.storm.mg/styles/smg-800x533-fp-wm/s3/thumbnails/image/LU7_0383.jpg


数年前カリブ海の脱税請負国家の顧客リスト「パナマ文書」が流出し話題になった。

パナマ文書には習近平が親族名義の会社を租税回避地に作り、数兆円も溜め込んでいるのが掛かれていた。

それだけではなく「建国の父」の毛沢東や、李鵬の親族も同じように不正蓄財し、冨と権力を握っていました。



中国権力者の海外不正蓄財


非課税国家で不正蓄財を請け負っていた法律事務所の顧客名簿が流出した「パナマ文書」に中国要人の名前が多く記載されていました。

中国ではパナマ文書に関する報道やネット投稿は厳しく取り締まられたが、それでも完全に消す事はできない。

習近平国家主席や、毛沢東初代主席の近親者も記載されていて、数十年前から不正蓄財をしていました。

続きを読む


スポンサー リンク

日本のウイルス防止策は世界最低 中国は1000万人感染が現実味を帯びる

日本の対策は中国人に「湖北省に行きましたか?」と聞くだけ
空いた口が塞がらない
20200213-00000004-mai-000-2-view
画像引用:成田空港に注意喚起の張り紙 入国拒否対象地域拡大で(毎日新聞) - Yahoo!ニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000004-mai-soci



後追いで噂を認める中国政府

中国政府は”武漢ウイルス”や”中国ウイルス”と呼ぶのを禁止し、賄賂を貰ったWHO事務総長はCOVID-19と名付けた。

中国の法則では中国が否定した事がすべて真実なので、ここでは武漢ウイルスか中国ウイルスと呼ぶことにします。

湖北省の衛生当局は2月12日の一日だけで、242人がウイルスによってなくなったと発表しました。

続きを読む

アメリカの学生ローン地獄 破産認められず貧困に陥る人多数

米有名大学は学費だけで4年間1200万円、生活費込みで2000万円必要
Between-2014-Aug-Sep-Chart1
画像引用:https://s10851.pcdn.co/wp-content/uploads/2015/01/Between-2014-Aug-Sep-Chart1.png



サブプライムローンと類似する学生ローン

アメリカではリーマンショック以降学生ローン残高が増加し続け、第二のサブプライムローンと言われています。

サブプライムローンとはクリントン大統領時代に始めたホームレスや浮浪者向け住宅ローンでした。

キューバや中南米諸国からの亡命者や不法難民、路上生活のホームレスにまで幅広く融資しました。


続きを読む

厚労省と日本政府が国内感染を拡大させている 中国からの入国制限なし

政府が実際にやっていたのは「感染隠蔽」と「検査禁止」、事実上入国規制なしだった
abt_7041510_ext_col_03_0_thum800
画像引用:安倍総理「感染拡大を抑えるとともに、感染者の重症化防止に取り組む」(2020年2月14日)|BIGLOBEニュースhttps://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0214/abt_200214_9403359852.html



日本政府が感染を拡大させた

2月14日現在日本政府は武漢や中国からの入国にいかなる制限ももうけず、感染を拡大させている。

成田や関空で実施している入国規制はアンケートで、本人に「2週間以内に湖北省に行きましたか?」と質問している。

日本に入国したい人は「行っていません」と回答すれば通れるので、誰も入国制限されていません。

続きを読む

鄭周永 現代グループ創設者の生涯

70年代初め、始めた事業全てが大成功し、巨大な財閥に成長していた
1109081502
引用:http://img.koreatimes.co.kr/www/news/img/special/1109081502.jpg


韓国最大の財閥、現代グループは通貨危機で打撃を受け、今は分離した自動車メーカーに名前が残るだけになった。

創始者の鄭周永は日本の敗戦、米軍進駐、朝鮮戦争、独裁政権と巧みに利用して大財閥を作り上げました。


貧農の子から旗揚げ

鄭周永(チョン・ジュヨン)は韓国最大の財閥だった現代グループを興し、一代で巨万の富を築きました。

日本では敵役として語られる事が多く、その生涯はあまり知られていません。

彼の生涯はなかなか面白く、ただの敵役で済ませるには惜しいものがあります。

続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ