世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

バイデン大統領の中国制裁はどの程度本気なのか

トランプは「大豆を何トン買う」など解除方法を提示して対中制裁した。
バイデンは解除条件を示さないので中国にはやり難い
1000x-1

画像引用:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-30/QHG6AIT1UM1G01 トランプ氏とバイデン氏が非難の応酬、司会者もお手上げ-討論会 - Bloomberg



制裁しないが解除もしない不気味なバイデン

2021年に就任したバイデン大統領は事前予想では『中国のスパイ』であり、中国に有利な政策をすると考えられていた。

主に共和党やトランプ支持者が言っていたのだが、現在までのところそのようにはなっていない。

バイデン新大統領はトランプ支持者から親中だと批判されたために、ポーズとして中国に厳しく見せかけているのだろうか?

続きを読む


スポンサー リンク

神はいつ生まれたか 5千年前の世界とは

縄文中期から「現実には存在しない生き物」の土偶が急増する。
src_43820363
引用:https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/43/82/03/src_43820363.jpg?1479966160



神は人間が作った

神とか宗教は現在では普遍的な考え方で、人類と同時に発生したというように考えられている。

しかし古代の遺跡などの物的証拠を遡るとそうではなく、神にも始まりがあったのが分かる。

ある時期まで人類は自然そのものを神つまり偉大な存在と考え、山や川や太陽など自然物を崇拝していた。

続きを読む

「環境ブーム」の次に来るのは少子化対策ブーム

子供を産まない女性も男性と平等になり子供を産む理由がなくなった。
人類というシステムが壊れたので解決方法はない
1016276




環境ブームの如何わしさ

世界は最近数年間「環境ブーム」に沸いていて、環境のためなら各国政府が10兆円くらいポンとドブに捨てていました。

例えば日本政府は洋上風力発電を推進していて、総エネルギーの何割かを担うと期待しています。

この洋上風力はアメリカやイギリスでは成功例があるものの、日本ではすべて失敗し成功例がゼロです。

続きを読む

全世界好景気で日本だけ不況 悪夢繰り返される可能性

繰り返される「全世界好景気、日本だけ不況」原因は政府がお金を使わない事
164405




日本以外好景気になっている

日本はコロナによって経済活動が止まり、多くの貧困家庭が生まれる大不況となっている。

一方世界に目を転じると主要国はどこも好景気で、求人に対して人手不足で賃金も上昇している。

5月3日に発表された米非製造業総合指数(NMI)は64.0と高水準だった先月より高く過去最高になった。

続きを読む

スマホとITがつくる監視社会、中国でも日本でも

スマホを見れば過去数年の行動が丸わかり、これが外部に送信されたら
unnamed (1)

画像引用:http://www.datacider.com/65427.php WEB版とAndroid版のGoogleマップに行動履歴を表示する「タイムライン」機能が追加 – ゼロから始めるスマートフォン


スマホを使っただけで行動の全てを監視される

今時のスマホを持っているとGPS機能によって数分ごとに位置情報を記録し、それはどこかに送信されている。

グーグルマップやアップルマップのどこかを開くと、過去数年間自分がどこに居たか数分ごとに記録されている。

正確にはスマホがどこにあったかを記録しているのだが、常に持ち歩いていれば自分の行動記録になる。

続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ