世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

ユーロ圏GDPが戦後最悪、欧州委員会は各国対立で決められず

129150



欧州GDPが世界最悪になった理由

アメリカは先日発表した4から6月GDPが前期比約8%マイナス、日本は民間予測で前期比約6%減となっている。

7月末に発表されたユーロ圏GDPは前期比は約12%となり、中国は大幅なプラスを確保した模様です。

中国は1から3月に前年比マイナス6.8%だったが、4から6月はリバウンドで前年比3.2%プラスになった。

続きを読む


スポンサー リンク

中国の住宅事情 都市部は東京より住宅難

2072938



中国政府の過去の住宅政策

中国といえばこの30年間ほど政府が住宅近代化を進め、今はマンションやアパートに住んでいる。

住宅建設は中国の経済政策の一部でもあり、住宅を建てる行為そのもので経済成長してきました。

住宅を建てるためにはまず都市開発し、道路や鉄道、高速鉄道までつくり、インフラを整備します。

続きを読む

米GDP大幅落ち込み、大恐慌から世界を救うのは「浪費と無駄遣い」

不況から救ったのは浪費、不況を悪化させたのは節約でした
796788



米GDPは年間2桁減少ペース

米商務省が発表した2020年4から6月期のGDPは、年率換算で前期比32.9%減だった。

これは「この増加率が4回続いた場合の年間GDP」なので、実際は3か月間で約8.2%減だった。

同様に1月から3月のGDPはマイナス4.8%だったが実際は約1.2%減だった。

続きを読む

サムスンスマホが世界一位から陥落、半導体も中国とシェア競争

2051189



サムスンスマホが世界一から陥落

2020年第2四半期(4から6月)のスマートフォン世界販売台数で、ファーウェイが初めてサムスンを抜いたのが分かった。

調査会社カナリスによるとファーウェイの出荷台数は5580万台、5370万台のサムスンより多かった。

4月から6月は欧米やアジアでコロナが拡大していた期間で、ファーウェイは前年より5%減、サムスンは30%減だった。

続きを読む

デスノートをつけて総理になる日を待った男 総理の座の闘争とは

支えるふりをしながら、自分が上に上がる事しか考えていないのが国会議員
594815



総理の座をめぐる闘争

安部首相はコロナ対応のまずさで支持率を大きく下げ、解散総選挙や退陣は確実と先読みする人も居る。

安倍首相の再選はなくなり遅くとも任期満了で総裁選が行われ、閣僚の中にも喜んでいる人が大勢居る。

安部首相が退陣すれば自分が総理大臣に成れると思っている人が何人か居て、安倍政権で干された議員は新政権で閣僚入りを狙っている。

続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ