世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

          スポンサー リンク


ベトナムに自衛隊の護衛艦、哨戒機、海保の巡視船が続々と訪問

150417124854
引用:http://www.viet-jo.com/home/magick_img.php/150417124854.jpg


4月から続けてベトナムに、日本の護衛艦や巡視船、哨戒機などが親善訪問をしている。

日本から供与される中古巡視船も順次引き渡されている。


自衛隊の哨戒機が訪問

5月13日、海上自衛隊の哨戒機がベトナムを訪問した。

ソマリア沖で海賊対策のためP-3Cが2機派遣されており、多国籍部隊の一員として活動している。
続きを読む

          スポンサー リンク

ドローン規制 改正航空法 初心者に難しい操縦

個人向けドローンは暴走・墜落を前提に作られている。
drone-hero-1024x633
引用:http://www.improntaunika.it/wp-content/uploads/2014/05/drone-hero-1024x633.jpg


首相官邸にドローンが落下して以来、各地で模倣してドローンを飛ばし問題を起こす人が続出している。

個人向けドローンは信頼性が低く、いつ落下するか分からない。


ドローン規制方針固まる

15年4月に、首相官邸屋上にに放射性物質を積んだドローンを落下させる事件があり、政府はドローン規制に乗り出している。

飛行距離数キロに達する大型機に関しては、操縦に無線機を用いる事から、国家試験の無線免許を義務付ける。
続きを読む

ロシア、戦勝70年式典に西側出席なし 歴史認識でも対立

1万5000人の将兵が行進した
314821
引用:http://jp.sputniknews.com/images/31/48/314821.jpg


ロシアが開催した戦勝70周年式典には、西側首脳が1人も出席しませんでした。

ウクライナ問題以外に、歴史認識でも欧米と対立している。


賑やかな沿道と、寂しい出席者

5月9日、ロシアの首都モスクワでは第二次大戦の対独戦勝利70周年を祝う式典が盛大に行われました。

軍事パレードにはプーチン大統領が出席し、200両の軍用車と1万6000人が行進し、戦闘機などが上空を飛び交った。
続きを読む

F15J 近代化改修で中ロ戦闘機に対抗 代替機決まらず

201292041326XSE4R
引用:http://kanazawa.areablog.jp/upload/100125/blog/post/201292041326XSE4R.JPG


航空自衛隊のF15Jは最初の配備から35年が経とうとしている。

米国では退役が進んでいるが、日本ではまだ10年以上現役の予定で、改修によって近代化を図っている。


F15はあと15年現役

航空自衛隊はF35戦闘機42機の導入を決定している。

これは老朽化したF4戦闘機の代替なので、F15の後継機ではない

F4は対艦攻撃や対地攻撃を行う戦闘機で、F15は制空権を掌握する制空戦闘機だから役割りが異なる。
続きを読む

コマツ建機 中国で連敗 建設大不況に打つ手なし

中国鉱山向け機械は単価も高く、とても儲かった
KOMATSU960E
引用:http://penpal.kjclub.com/UploadFile/exc_board_53/2013/01/09/KOMATSU960E.jpg


中国では不況が本格化して消費や生産が減少している。

中でも打撃を受けているのが、開発ブームで最も恩恵を受けた公共事業関連で、日本では建機のコマツだった。


中国で連敗続くコマツ

円安と株高の恩恵を受けて輸出産業は空前の利益を甘受している。

ところが輸出企業なのに業績が悪化し、将来を悲観されている会社もあり、それが建設機械のコマツだった。
続きを読む
          スポンサー リンク

     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ