世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

日本の漁業監視船3隻 ベトナム海上警察に引き渡し

元「はやと」のベトナム警備船
acfb3188ddca6a652b87f6d27b42174e
引用:http://novo.wada.vn/images/news/a/c/f/acfb3188ddca6a652b87f6d27b42174e.jpg


日本が供与する事になっている中古巡視船(漁業監視船)のうち3隻が、ベトナムに引き渡されました。

いずれも元漁船を水産庁が漁業監視船として使用していました。


漁業取締船「とうほう」到着

元々は気仙沼所属だった漁業取締船「しんゆう」が東日本大震災で火災で全焼し、解体されました

「とうほう」はその「しんゆう」の代船で、はえ縄漁船の「第1新潮丸」を改造したようです。

この船が傭船契約解除後、漁船に戻ることなく巡視船としてベトナムへ供与されたとされています。

続きを読む


スポンサー リンク

中国「民間金融」 人民の資金を吸い上げては破綻

銀行を名乗っていても日本で言う「闇金」で違法な存在
20150803-OYT1I50003-L
引用:http://www.yomiuri.co.jp/photo/20150803/20150803-OYT1I50003-L.jpg


中国のシャドーバンクは理財商品などで有名になったが、高利貸しもやっている。

高金利を謳って資金を集め、危険な投資をしては破綻して夜逃げしている。


民間銀行は『闇金』

中国の最高裁にあたる最高人民法院は8月、民間金融の上限金利を年利36%と発表した。

年利36%を超える利息は無効で、借り手は過払い分を返還請求できる。

民間金融とはシャドーバンキング「影の銀行」とも呼ばれていて、本来は全て違法な筈だった。
続きを読む

TPP医療自由化 アメリカの医療崩壊が日本にも押し寄せる?

医療が自由になる事は、運ばれた病院がボッタクリでも、支払わざるを得ないという事。
0a926d76
引用:http://livedoor.blogimg.jp/woodgate1313-sakaiappeal/imgs/0/a/0a926d76.jpg


アメリカは自由保険制度というものを導入して大失敗し、それをTPPで押し付けようとしている。

自由診療では病院は目一杯高い治療費を請求し、患者は言いなりになるしかない。


医療自由化でこうなる


TPPで医療や医薬品の一部が外国に解放され、患者に選択肢ができるとされている。

今まで保険医療では薬を選べなかったが、アメリカの薬が入ってくると好きな薬を選べるかも知れない。

TPP交渉の中身は合意するまで公表されないので、そう推測するだけだが、アメリカは解放を求めている。

続きを読む

重光武雄の生涯 ロッテは何企業? 日本か韓国か

l91d0ae75d218a00a5391f438f2669180
引用:http://blog-imgs-67.fc2.com/t/o/r/toriton/l91d0ae75d218a00a5391f438f2669180.jpg


ロッテの後継者を巡る争いが奇妙な展開になっている。

ロッテは日本企業なのだが、争いは韓国で行われ、韓国政府が介入の姿勢を見せている。


亡国の後継者争い

ロッテの後継者を巡って創業者の息子達が争っているが、重光武雄はロッテをどうやって築き上げたのだろうか。

重光武雄は朝鮮半島南部の慶尚南道の蔚山で1922年(大正11年)に生まれました。

有名な釜山から50キロほど東にある中規模の都市で、半島ではあまり栄えている地方ではない。

続きを読む

中国の外貨準備急減で浮上した「債務超過」 実は純債務国だった

中国が持っていると主張する外貨準備が、どこでも確認できない
20140607232945f05
引用:http://blog-imgs-63-origin.fc2.com/s/t/o/stockbondcurrency/20140607232945f05.gif


中国を脱出する外国企業が増加し、その結果外貨準備が急速に減少している。

あらためて注目されるのが外貨準備の多さで、実際は保有していないと疑われている。


中国の外貨準備が急減

外貨準備とは自国通貨を安く維持するために為替介入した結果、保有するもので、多くても意味は無い。

日本は約150兆円ほどの外貨準備があり、小泉内閣や野田内閣が為替介入した結果、保有しています。

中国は去年450兆円の外貨準備があったが、最近は400兆円に減少した。
続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ