世界のニュース トトメス5世

世界・経済・歴史ほか

ヘイト防止法がヘイトを助長している実態

橋下と桜井が喧嘩になり、橋下は市長だったので相手の活動を違法にした。
これが大坂市のヘイト防止法で、事実上の日本人差別法になった
o0600032113111426627
https://stat.ameba.jp/user_images/20141028/00/sunbook1234/39/bb/j/o0600032113111426627.jpg



ヘイト防止法がヘイトを作り出している

日本では2012年の尖閣竹島騒動から、右翼の街宣活動などが活発になりヘイト防止法がつくられました。

この法案が最初からおかしかったのは「日本人が外国人をヘイトする行為」だけを禁じ、逆の場合を想定していないことでした、

尖閣竹島騒動では中国や韓国で反日暴動が起きたが、中国韓国は今も日本人へのヘイトを禁止していません。

続きを読む


スポンサー リンク

原爆の放射能でなくなった人は居ないという事実

長崎原爆、手前で数人が話し込んでいるが、爆発から時間が経って火災で炎上しています
1280px-Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima
画像引用:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0c/Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima.jpeg/1280px-Atomic_cloud_over_Nagasaki_from_Koyagi-jima.jpeg



放射能の犠牲者はいなかった

放射能というのは便利な言葉で、目に見えないし臭いもなく、アニメのように次々と人が倒れたりもしない。

そこで何でも放射能が原因だと言って騒ぐ人たちが登場し、自分がハゲたのは福島原発が原因だと言って訴えた人も居ました。

ハゲるほどの放射能を浴びたらその前に生きていられない筈だが、そういった事は無視されます。

続きを読む

カメラ市場が縮小する根本理由は「素人を排除しているから」

カメラ女子の言い分は、「同じ金払ったんだからプロも素人も同じ写真が撮れて当然」という事です
c795318aa3d5116e59cfd6956b8d719b_s



「思ったほど良い写真が撮れない」ミラーレスカメラ

2017年から2018年にかけてSNSで写真投稿するカメラ女子が急増し、ミラーレスカメラを買っていました。

5万円から10万円する高級カメラをを買って撮影した人たちの感想は「思ったほど良くなかった」でした。

彼女たちの多くはせいぜいコンデジを使った事があるくらいで、20代以下の人はスマホでしか写真を撮ったことがありません。

続きを読む

朝鮮戦争時、韓国人30万人が迫害され日本に密航した

韓国軍は北朝鮮軍から逃げ回り、米軍の奪還地域でスパイ狩りを行った
396
引用:http://3.bp.blogspot.com/-HmeKhJ1Eudk/UVpZRGBdTkI/AAAAAAAAG2k/2zHK_P1nDHM/s1600/396.jpg



韓国軍は北朝鮮軍から逃げ回り、韓国人を攻撃した

現在日本政府が認めた在日韓国人特別永住者は32万人、永住権がない人を含めて48万人が日本に居住しています。

1955年警視庁調べで戦前から居住していたのは55万人、10万人は終戦後に密航してきたと書かれています。

その後戦前から居住していた韓国人は「北朝鮮帰国運動」などで10万人近く帰国しました。

続きを読む

アメリカは世界恐慌を起こしてでも中国を倒す

冷戦で負けたらアメリカはソ連の一部になるので、打撃覚悟で対立した。
現在も同じで、アメリカは世界恐慌を起こしてでも中国を叩く必要がある
1dd13757
画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/lingvistika/imgs/1/d/1dd13757.jpg



貿易対立で自爆?するアメリカ

米トランプ政権はアメリカ第一主義から中国を制裁し、19年9月1日から新たに3000億ドルの関税を課すと予告しました。

実施されると既に課されている分を含めて、中国から米国への輸入品全てに10%から25%の制裁関税がかけられる。

中国もアメリカを制裁しようとしたが、輸出額が中国のほうが数倍多く、GDPはアメリカが2倍以上多い。

これだと両国が全面輸入禁止にしてもアメリカが受ける打撃は中国の5分の1以下でしょう。

続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
削除依頼は『プライバシーポリシー』に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ