世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

ドイツが原発に続いて石炭発電廃止すると 電力の半分を喪失

メルケルが掲げる完全クリーン国家と現実には大きな乖離がある
c20190207-1
画像引用:http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/wp-content/uploads/2019/02/c20190207-1.png



ドイツが太陽光と風力発電のみになる?

クリーンエネルギーとか自然エネルギーの考え方が広まり、太陽光発電所が世界中で建設されている。

だがその一方で、日本やドイツで最も多い発電方式は石炭であり、基礎エネルギーとして依存度が高い。

ドイツの石炭と褐炭を合計した発電量は総発電量の35%あり、減少傾向にあるもののまだ3分の1を占めている。

続きを読む


スポンサー リンク

スマホと高級車のメーカー 今後は売れなくなるリスク

高級車が売れまくり多くのメーカーが高級車重視になったが、売れなくなったらどうするのだろうか
used-2005-bentley-continental-2drcoupegt-8629-18098734-11-1024
画像引用:http://3-photos7.motorcar.com/used-2005-bentley-continental-2drcoupegt-8629-18098734-11-1024.jpg



スマホの買い替えサイクル長期化

リーマンショック以降、この10年間で売れた商品はスマートフォンと高額車でした。

あらゆる電子機器がスマホの機能に統合されて、パソコンやファックスやカメラが売れなくなった。

無限に売れ続けるかに思えたスマホだったが、2018年は前年比で減少に転じました。

続きを読む

田舎の人が一人1台車を持てる理由 維持費が都会の半額

d47f281a7ea0dd9001e9cb953809727c_s



駐車場代が無料だと車維持費は驚くほど安い

住む地域によって住民税や水道・ガスなど公共料金はかなり違うのは良く知られている。

水道代、ガス代ともに同じ量を使って高い自治体と安い自治体では3倍ほど差がある。

安いのは都市部で、ガスや水道は人口が密集しているほど安くなり、過疎地ほど高くなる。

続きを読む

「令和」リターンリバーサルで経済は良い時代になる?

信じられない事だが平成元年に人々は「景気を冷やして人口を減らそう」と言っていた
そしてその通りのことが起きた
HEISEI



国の経済にも好不調の周期がある

平成の30年間は経済が低調でしたが、ある考え方では好景気と不景気は周期的にやってきます。

ある一時点を見ると景気はランダムであり、上がるか下がるかは神のみぞ知るところで人知が及びません。

ところがその国の経済が「良すぎるとき」「悪すぎるとき」に立つと、高い確率で反対方向に振れています。

続きを読む

北朝鮮の人々の生活 非婚化や少子化も進行

北でも少子化や非婚化が進んでいるが、理由は日本とは違う
1849B93F50435A2026_result
画像引用:https://t1.daumcdn.net/cfile/tistory/1849B93F50435A2026



北の少子化と食糧事情

北朝鮮でも日本や中国のように非婚化や少子化が進んでいるが、その事情はかなり違っています。

北朝鮮ではソ連や中国と同じく食料やお金は配給制で、家族の人数分だけの食料が割り当てられた。

とはいえこれは建前に過ぎず、実際には1日に必要な2000kcalを下回る配給しか得られなかった。

続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ