世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

北朝鮮経済支える中国貿易 食料や資源と交換 核とミサイル開発

中朝国境の鉄道と道路、船舶貿易が北朝鮮を支えている
b0235153_14471787
引用:http://pds.exblog.jp/pds/1/201306/02/53/b0235153_14471787.jpg


北朝鮮は国民が飢えているのに核開発とミサイル打ち上げを続けているが、誰が支えているのでしょうか。

北が産出する地下資源や食糧は、ほぼ全て中国が買い取って開発資金や物資と交換しています。


北朝鮮の大陸間弾道ミサイル

北朝鮮は人工衛星と称して2月7日に、弾道ミサイル発射を実行し、国連などで制裁決議を検討しています。

この弾道ミサイルはいくらかかっていて、北はどうやって費用を捻出しているのでしょうか。

今回発射したのは弾道ミサイルテポドン2改良型の「銀河3」とみられ、射程は1万2000キロとされている。
続きを読む


スポンサー リンク

中国企業による外国企業買収 目的は「資産剥ぎ取り」「負債押し付け」か

中国は世界中で巨額投資や巨額買収を続けている
YHTG
引 用:http://ichef.bbci.co.uk/wsimagechef/ic/976x549/amz/worldservice/live /assets/images/2015/10/22/151022051255_cn_xi_jinping_david_cameron_976x549_epa.jpg


中国企業がスイスの農薬企業を5兆円で買収するなど、中国経済は悪化しているのに買収攻勢を掛けている。

こうした買収された欧米企業は中国企業に資産を奪われ、負債を押し付けられるとみられている。


中国が外国企業に買収攻勢

中国は欧州やアジア、アフリカ、南北アメリカなどで巨額投資を繰り返しています。

1件数千億円から数兆円ものプロジェクトを、惜しげもなく連発する姿は、超大国を演じているように見えます。

中国経済はこのところ傾きかけていて、企業倒産が相次いでいて、中国そのものもお金が減っている。
続きを読む

難民問題でEU崩壊 イギリスで離脱支持が5割超 国民投票へ

メルケルはギリシャを見捨てたが、ドイツには残るよう要請している
kimura151015_2-thumb-720xauto
引用:http://www.newsweekjapan.jp/kimura/assets_c/2015/10/kimura151015_2-thumb-720xauto.jpg


EUを襲った難民騒動によってイギリスでは対難民感情が悪化し、EU離脱を望む人が増えています。

キャメロン首相は6月にも国民投票に踏み切るのではないかと噂され、可決されればEU崩壊が現実になります。


EU離脱を望むイギリス人が多数

イギリスでの世論調査によると、EU離脱を除く人が国民の半数に達しています。

2015年から16年にかけて、複数回の調査で47%から52%が離脱を望んでいると回答しました。

2015年にはパリ新聞社襲撃や、パリのテロ事件、ドイツの難民騒動などが起きるたびに、離脱派が増加した。
続きを読む

韓国訪問の観光客数が減少 中国人日本人は敬遠 ボッタクリ横行

ソウル市内の明洞は人気スポットだが偽物やボッタクリ多し
51
引用:http://cfile235.uf.daum.net/image/257BB34251E77A912AB104


韓国を訪問する観光客が減少し、不況の中で観光産業が大きな打撃を受けています。

原因は韓国そのものが嫌いというより、ボッタクリ料金や偽ブランドに騙されて、二度と来ないのでした。


韓国旅行する中国人が減少

中国は不況にも関わらず外国旅行する観光客が増加していて、今年も去年を上回るペースで来日しています。

ところが観光大国を自認していた韓国への旅行者は減少し、2015年は前年比2.3%減の598万人に止まりました。

中国人は韓国への旅行者の45%を占めているので影響は甚大で、観光産業は大きな打撃を受けています。
続きを読む

円高進行 中国経済悪化で100円割れ超円高も在り得る

世界が不況になると超円高になり、日本は貿易で稼いだ金を全て吐き出す事になります。
db620290


120円を超えていたドル円レートはするすると下がり、最近は116円台まで下がりました。

110円という「防波堤」が破られれば、再び100円割れの可能性も出てきます。


全ての引き金は中国

2016年の年明け1月4日に中国株式市場が暴落し、連鎖反応のように世界経済が混乱し、円高が進行しています。

ドル円相場は2015年には1ドル120円台で安定していたが、一気に100円割れまで進む可能性があります。

一体世界では何が起きているのでしょうか。
続きを読む
スポンサー リンク
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ