世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史

2016年03月

外国人観光客2千万人達成も 日本のGDPが増えない理由

観光客は増えたが、聞こえるのは外国語ばかりで日本人が居ない。
IMG_0486


外国人観光客は毎年過去最高を更新し、2015年は4兆円を国内で消費し、GDPの1%近くに達しました。

だが日本の経済成長率は2013年からゼロ成長で、外国人が消費してもGDPは増えていません。


国滅んで観光あり

政府は外国人観光客を2000万人に増やす計画を、2015年に達成したとして、6000万人に増やすと発表しました。

3月30日、政府は2015年の訪日外国人が1974万人だったとし、外国人観光客2000万人をほぼ達成したと評価しました。

そのうえで2020年に4000万人、、2030年には6000万人に増やすという、新観光ビジョンを発表した。
続きを読む


スポンサー リンク

王将に何が起きていたのか 社長襲撃と260億円不明の関連


2013年になくなった3代目社長大東隆行、1978年
986-2-1_l
引用:http://j-net21.smrj.go.jp/establish/sougyou/pic/986-2-1_l.jpg


王将が90年代に260億円もの不正取引を行い、今も170億円が回収されていないと、調査委員会から発表されました。

260億円の取り引きをしたのは九州の企業で、社長がおそわれた現場には九州の反社会組織メンバーのDNAが残されていたと報道されている。


王将の「創業者の呪い」

京都王将の通称で知られる餃子の王将が、特定の企業グループに260億円も支出していたのが分かった。

うち約170億円は回収できず損失になっていたが、事実上相手企業に無償で資金提供をしていた。

王将の実態を調べていた第三者委員会が発見し公表しました。
続きを読む

乙武洋匡 自民・民主・元気と出馬の約束 紳士と高圧的な顔

乙武には表の顔と裏の顔があった
91ac6caa
引用:http://livedoor.blogimg.jp/aoba_f/imgs/9/1/91ac6caa.png


乙武は不適切な交友関係をマスコミにスクープされ、予定していた参院選立候補を取りやめるようです。

乙武の悪い評判は広くしられていたが、「差別」と批判されるのを恐れて、誰一人本当の事を言いませんでした。


乙武は何をしても正義

自民党から参議院選挙に出馬を予定していた乙武洋匡氏(39)が出馬を取り辞めると報道されています。

乙武は妻以外の数十人と交友があったと報じられた他、複数の政党に出馬を約束し天秤に掛けていたとされる。

週刊誌によれば乙武は自民党の他に民主党や元気にも出馬を確約し、最も条件が良かった自民を選んだようだ。
続きを読む

補正予算と増税と予算前倒しと衆院選 安倍首相の頭の中は選挙だけ?

首相の頭の中にあるのは、もはや選挙だけ。
65a7480c
引用:http://i2.wp.com/galapgs.com/wp-content/uploads/2014/11/65a7480c.jpg?resize=1280%2C720


日本経済は益々窮地に陥り、このままでは3年連続マイナスかゼロ成長が確実な情勢です。

原因は安倍政権が3年間、何の景気対策もしなかった事で、景気が悪化しているのに「順調に回復している」と言っている。


安倍用語連発で珍問答の国会

安倍首相が難解な「安倍用語」を国会で連発して混乱させている。

むかし宮沢喜一首相が「コミットする」など変な和製英語を連発して不評だったが、同じくらい分かりにくい。

安倍首相は「消費税を必ず10%に増税する」「増税を絶対にやり遂げる」「2017年の消費増税に変更は無い」と毎日発言している。
続きを読む

中国経済の内情 内側から見た中国は悪化の一途

全人代は「中国経済は力強く回復している」と言ったが、中国人は日々悪化していると感じている。
201603071017405651
引用:http://www.huozhouhb.gov.cn/upload/201603/07/201603071017405651.jpg


中国政府は「混乱は収束した」「中国経済は回復に向っている」とまるで日本政府や日銀のような事を言っている。

だが中国人自身が実感する中国経済は悪化の一途を辿っていて、不安が増幅している。


中国金融界の内情

中国経済は年明けの暴落騒動も一息ついて、落ち着いている印象を受けるが、内情は違うらしい。

中国自身の内部から、「中国は既に崩壊が始まっているのではないか」という実感が聞こえてくる。

香港メディアの鳳凰網は中国の企業と家計の債務が、GDPの2倍以上に達し危険な水準だと報じました。
続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
     スポンサー リンク


アクセスカウンター

    • ライブドアブログ