世界のニュース トトメス5世

経済・マネー・外交・防衛ほか

2017年08月

          スポンサー リンク

弾道ミサイル飛来の「可能性」で有事立法は発動するか

1995年の阪神大震災で自衛隊はほとんど住民の救助をしなかった。
その理由は誰も自衛隊に命令しなかったから、出動する根拠が無いというものだった。
shinsai1
引用:http://www.mod.go.jp/msdf/hanshin/about/saigai/img/shinsai1.jpg



冷戦の実態

ソ連との冷戦時代にはこんな予想があり、北海道にソ連軍が上陸し日本占領に取り掛かったが、自衛隊は道路使用許可を取れずに出動できない。

ソ連は自衛隊基地がある地元警察署をまず空襲し、陸上自衛隊は戦車(重量オーバー)などの通行許可を得る事ができなくなる。

出動できるのは大型トラック以下の重量の車両だけで、しかも道路を占有して対空ミサイルを設置するには別の許可証が要る。

続きを読む

          スポンサー リンク

異常気象で衰退する文明 熱帯は高温と水不足で住めなくなる

2050年にアフリカからインドにかけて夏の最高気温50度になる
160504heatwave1
引用:http://www.gizmodo.jp/images/2016/05/160504heatwave1.jpg



今世紀末に赤道では気温60度

CO2のせいなのかは分からないが、異常気象が毎年発生していて、異常ではなくなって来ています。

史上最悪の猛暑が何年か続いたかと思うと、史上最長の長雨だったりして、気象が不安定になっています。

世界的にも異常気象のせいで、高温が続いたり降水量が減って水不足になっている地域が多いです。
続きを読む

パトリオットとイージスの破片問題 迎撃したらどうなるのか

湾岸戦争で使用されたパトリオット
YT
引用:http://www.defensemedianetwork.com/wp-content/uploads/2012/11/Patriots-v.-Scuds-Gulf-War-I.jpg



弾道ミサイルの破片問題

北朝鮮の弾道ミサイルをパトリオットで迎撃したら、破片が飛散するので迎撃しない方が良い、という議論が一部の人から提示されていた。

ミサイルより破片を脅威だと考えるのは滑稽ではあるが、以前から気になっていた事ではありました。

パトリオットPAC3が迎撃可能な高度は10kmから20km程度で、弾道ミサイルの速度はマッハ5から10以上です。

続きを読む

アメリカで白人男性が労働意欲失い社会の底辺に

白人同士で対立してますます立場を弱めている
6a16b325a222fbf3ca4f33eaf4bfe916d4eb78da
引用:https://s.yimg.com/uu/api/res/1.2/VWPv8p1Qn8cCr_GlCThpfg--/aD02ODI7dz0xMDI0O3NtPTE7YXBwaWQ9eXRhY2h5b24-/http://media.zenfs.com/en_us/News/afp.com/6a16b325a222fbf3ca4f33eaf4bfe916d4eb78da.jpg



逆転した支配構造

アメリカでは白人団体が白人優位主義を掲げて暴動を起こしていると報道されていて、それは本当であると同時に嘘でもある。

数十年前には多数派であり他の人種より優位だったのだが、現在は少数派に転落し、差別される側になった。

白人差別を公然と正当化する法律まであり、大学や企業や自治体は「白人を差別しなくてはならない」と定められている。

続きを読む

世界経済減速シナリオ 円は上がりドル人民元は下落へ

2007年のサブプライムショック
dow_subprime2008
引用:https://blog-imgs-23-origin.fc2.com/n/i/k/nikkei225kuroiwa/dow_subprime2008.gif



下がるドル

アナリストや専門家の経済予測は当たらないものと決まっているが、誰かが必ず当たっているのも事実です。

リーマンショックの最初の変調前に予測した人はいたし、3.11地震を予測した人すらどこかに居たと言われている。

現在世界の専門家が警告しているのはドル安で、原因はトランプ政権、北朝鮮情勢、FRB資産縮小などです。
続きを読む

増え続ける中国の債務 2030年に公的債務がGDP比4倍

中国は経済成長している5倍のペースで公的債務を増やしている
BN-TL121_20SAU_M_20170515010120
引用:https://si.wsj.net/public/resources/images/BN-TL121_20SAU_M_20170515010120.jpg



2030年にGDP世界一になる

中国は2016年の5カ年計画で、2020年に国民所得を2010年比で倍増させるという計画を発表していました。

国民所得の合計がGDPなのでGDPを10年で倍増させるのと同じ、大胆な計画でした。

2010年に中国のGDPは6.1兆ドルで、日本円を1ドル110円とすると671兆円、この2倍は1342兆円になります。

続きを読む

香港で失われる自由 本土なみの監視抑圧社会へ

香港はいつまで自由でいられるだろうか
1429603468-483029556
引用:http://pic.pimg.tw/miihuang/1429603468-483029556.jpg



香港で中国公安が活動

1997年に香港が返還されたとき、(ごく一部の)香港人と中国人は「イギリスの植民地から解放されて香港は自由になった」と喜んでいた。

自由の尺度は人それぞれだが、大部分の香港人にとって、イギリス植民地にはあった自由が中国の「植民地」ではなくなりつつある。

2014年には学生を中心として香港民主化デモ(雨傘デモ)が発生し、推定50万人が主要な地区で座り込みを行い封鎖した。
続きを読む

アルバイトが大企業の社長になるアメリカ

自分のチームが開発したマスタングが大ヒットし、アイアコッカは社長になった
0476efc82ffac0a8664386788593f7bd--ford-vehicles-ford-mustangs
引用:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/04/76/ef/0476efc82ffac0a8664386788593f7bd--ford-vehicles-ford-mustangs.jpg



パートから銀行の会長へ

今週アメリカで、約40年前にパートとして採用された女性が、米銀行ウェルズ・ファーゴの会長に就任すると発表しました。

報道によるとベッツィ・デュークは1970年代にクリーニング店に不採用になり、銀行の窓口係に応募して採用された。

年齢や学歴は書かれていないが、おそらく当時20代で大学卒だったのではないかと推測されます。
続きを読む
          スポンサー リンク

     スポンサー リンク
記事検索
メッセージ
アクセスカウンター

         スポンサー リンク
    • ライブドアブログ