世界のニュース トトメス5世

経済・投資・流行・歴史ほか

2017年10月

黒田日銀総裁 続投確実か 自民圧勝でアベノミクス継続

安倍首相は主要スタッフを変えたがらないので、この2人は不動。
9
引用:https://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/06/13/20160613org00m020004000p/9.jpg


次期日銀総裁も黒田氏?

自民党の圧勝で終わった2017年10月衆院選の結果を受け、黒田日銀総裁が再任されるという見方が強まっています。

森友・加計騒動で安倍首相退陣が噂された事は、黒田総裁交代が当然のように言われていました。

金融緩和は限界だとか、インフレ目標を達成できなかったなど、マイナスの実績がメディアに取り上げられた。

続きを読む


スポンサー リンク

孫正義ソフトバンク、今度は100兆円投資ファンドを予告

IOTやARといった抽象的な概念で具体的なプランはない
sh_fanatics_02
引用: ITmedia ビジネスオンラインhttp://image.itmedia.co.jp/business/articles/1708/09/sh_fanatics_02.JPG



100兆円ファンド?

ソフトバンクの孫社長は2017年に10兆円ファンドを創設して驚かせたが、今度は「100兆円ファンド」を予告しています。

孫社長の買収攻勢は今思うと2016年7月の英IT企業アーム買収から始まっていて、約3.3兆円だったが「無謀な投資」と批判されていた。

何しろアームの買収金額は同社利益の65年分に相当し、常識的に考えると投資対象にならない。

続きを読む

習近平の2期目 独裁進み、経済は債務爆弾ふくらむ

IMFが示した各国の債務、金額では日本850兆円、中国3,000兆円以上
prm1710040002-p1
引用:http://www.sankei.com/images/news/171004/prm1710040002-p1.jpg



習近平の神格化

2017年10月18日の中国共産党大会中央委員会総会で、習近平が総書記に再選され2期目がスタートしました。

中国の最高指導者は日米のように、大統領や総理大臣とは決まっておらず、その時々で役職が違う。

毛沢東は中央委員会主席で国家主席、鄧小平は中央軍事委員会主席、江沢民以降は国家主席と総書記を兼ねています。

続きを読む

景気回復で出生率危機的減少 女性の労働が原因か

戦後日本は増え続ける人口を抑制するため、人口抑制政策に転換した。
日本政府は人口がマイナスになっても、人口抑制策を続けている。
gn-20170917-08
引用:http://www.garbagenews.com/img17/gn-20170917-08.gif



出生数が大幅減少

厚生労働省によると、2017年は出生数が急激に減少し、8月までに去年より約2万7千人も少なくなりました。

今までの年間減少幅は2万人前後だったので、今年の出生数が過去最低を大きく更新するのは確実な情勢です。

日本の出生率は2005年ごろを底に上昇し、2015年は1.45だったが、2年連続低下が予想されます。

続きを読む

トランプ、鎮痛剤乱用で非常事態を宣言 亡くなる原因トップ

医薬品メーカーは鎮痛剤に常習性のある成分を混ぜ、「良く売れる」商品にした
635870906258941632-Vicodin
引用:https://www.gannett-cdn.com/-mm-/54b203d37015b46faccf4b0f0132810c7427e102/c=0-153-3000-1848&r=x803&c=1600x800/local/-/media/2015/12/30/MIGroup/Lansing/635870906258941632-Vicodin.jpg



鎮痛剤乱用が亡くなる原因トップ

トランプ米大統領は10月最終週にも、オピオイドなど医療用鎮痛剤乱用で、非常事態を宣言すると発表しました。

医療用鎮痛剤によって2015年に約3万3000人が亡くなり、2017年は50歳以下が亡くなる原因トップになる見込み。

この鎮痛剤は骨折や慢性疼痛、歯科治療など何にでも効く万能の痛み止めだが、副作用が酷い。

続きを読む
記事検索
     スポンサー リンク


メッセージ
アクセスカウンター

        スポンサー リンク
    • ライブドアブログ