産業革命は人口減少による生産者不足で起きた
20110712133939
引用:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/A/Arquitecto/20110712/20110712133939.jpg



人口が減ると日本は衰退するのか

総務省の発表によると15歳未満の子供の人口は1533万人、人口に占める子どもの割合は12.1%で45年連続の減少でした。

子供の人口は38年連続で減少し1950年以降最少、総人口は1億2614万人で1年前と比べて30万人減少しました。

日本は衰退するというのが定番だが、経済にとって人口減少はどういう意味を持つのでしょうか。

スポンサー リンク

日本では老人が長生きしてどんどん増え、老人は働かずに国の援助で生活していて「消費だけをする人」と言い換えることが出来ます。

労働は美徳という価値観の日本では、とても居心地が悪いですが、資本主義で「消費者」ほどありがたい存在はないです。

次に生産者は若者の減少で「老人」より速いペースで減り、老人がどんどん増えて若者が減るのです。


日本では「消費者」はあまり減らないのに「生産者」が急に減少します。

すると生産を効率化するか、労働者を2倍働かせるか、機械を導入するかしかありません。

もうひとつの選択肢として「外国人労働者」を導入できますが、この国の人は結局受け入れないでしょう。


人間が今の2倍働くのも不可能なので、機械化や効率化しか方法はありません。



悪いことでもない

テレビに出てくる学者や教授は一様に「人類史上初の人口減少」とか日本の衰退を予想しています。

日本の人口減少は初めてではないし、人類全体に広げても数え切れないほど起きています。

人口減少の多くはその社会が行き詰まり、大きく変化した時期に起きています。


日本で言えば第二次大戦、明治維新前、戦国時代、鎌倉時代、縄文末期末期にも人口減少がありました。

それぞれの時期は軍国主義、農業国家、封建政治、律令政治、採集生活などの終わりに位置している。

現代と似ているのは江戸末期あたりで、江戸時代は農業で国が成立していたが米生産が頭打ちになり、外国との貿易が始まった。

今までの常識が通用しなくなり、人々の生活が破壊され多くの人は生活できなくなり人口が減少した。


その結果明治維新が起き、人口減少期の後には必ずこういう大変化が起きています。

西洋で最も有名なのが『産業革命』の例で、実は人口減少の結果産業革命が起きています。

イギリスは人口が増えて経済活動が活発だったから産業革命が起きたのだろうと現代人は想像するが事実は正反対でした。


1300年代の欧州は人口は約1.4億人ほどだったがペストで4400万人がなくなり、イギリスは後遺症に苦しんでいました。

このまま欧州は滅びると予想されたが、人口が減ってもお金は減らないので余剰資産が産まれ、空前の好景気になりました。

消費は旺盛なのにペストで生産者が減ってしまい、労働力が足りなくなりました。



欧州の人口減少

ここで生まれたのが「機械」であり、不足する労働力を補うためにルネッサンスや産業革命が興りました

欧州は何度もペストなどの大流行に見舞われましたが、その度に新しい文化が生まれて次の段階に進みました。

もし欧州にペストや人口減少がなかったら、おそらく中東やアフリカと同じ程度の文明だったでしょう。


好景気と生産者不足が同時に起きた結果、生産が効率化され資本主義が発達し、最終的に1700年代の産業革命へとつながりました。

産業革命はイギリスだけを指しているが、実際には欧州全体で数百年を掛けて工業化が進み、最後に産業革命が起きた。

ペストによる人口減少から機械が必要になり、工業化が進んだという順番になっています。


人口が順調に増える時代は、むしろ大きな進歩が少なく、安定した時代と言える。

日本で今起きている現象は、老人が長生きしすぎてお金を独占してしまい、出産年齢の若者が貧乏で子供をつくれない。

人口が減った原因はペストではありませんが、起きている現象は産業革命前夜の欧州と似ています。


スポンサー リンク