f8ffa60452c588a699bfb9fde72f851e
http://yozawa-matome.com/wp-content/uploads/f8ffa60452c588a699bfb9fde72f851e.png


秒速1億円を稼ぐ男と呼ばれた与沢翼は破産したという話が流れてから噂を聞かなくなり、自然に忘れられていった。

しかし2015年になってシンガポールで突然復活し、現在は『資産70億円男』として活躍している

この数年間に何があったのだろうか?

スポンサー リンク

成功

与沢氏はテレビ番組で言っていたのとは違い、株や先物、為替取引のような金融投資で成り上がった訳ではない。

最初の成功はインターネットで「成功する法則」のような怪しい情報商材を販売して多額の資産を作った。

今でもそうであるように情報商材とは要するに、不遇な人に夢を与える代わりに金を騙し取る商売で、大半は嘘で出来ている。


多くは自分は貧乏から成り上がった成功者だと自称し、こうやって成功したという実体験が書かれている。

情報商材の料金は数十万円から数百万円で、月に1千万以上の収入があったようだ。

「成功の法則」のようなものには共通した矛盾があり、最初の一人が実行した時には大きな成果が得られるが、後になるほど取り分が小さくなり、最後にはマイナスになる。


例えば日本人全員が「情報商材」を販売したらどうなるか?、競馬の「必勝法」で全員が同じ馬券を買ったらどうなるかという事です。

これは株や投資にも当てはまり、その「必勝法」を実行する人数が増えるほど成果は低くなり、最後にはマイナスになる。

あらゆる成功の法則は、世間に広まった時点で無効になっているのです。


「情報商材」のような商売は必ずいつか行き詰るだろうが、与沢氏は行き詰る前に投資の世界に進出した。

ここら辺は見切りが上手く、その後の投資家としても全期間を含めて、最高月収は5000万円だと振り返っているので、年収にして数億円だった事になる。

しかも収入の多くは投資ではなく、情報商材や成功指南、マスコミへの出演報酬だったと見られている。


破綻

2014年4月、自身が経営する企業の法人税未納や実質経営破たん状態にあることを突如公表した。

彼がやっていたと自称している金融投資は先物とFXが中心だったようで、破産の原因はFXでの損失だった。

先物もFXも、素人が成功するような投資ではなく、両方とも投機、ハイリスクな賭けと言えます。


ハイリスク、ハイリターンな投資では、考えれば分かると思うのだが、成功者はほとんど居らず、全員が敗北する敗者のゲームです。

業者が天引きした残りを投資家同士が奪い合うのだが、1兆円以上をポンポン投資して相場自体を変動させるような機関投資家には絶対に勝てない。

与沢氏の金融投資は負けるべくして負けた。


与沢氏の経営する投資会社の破綻なのだが、多くの人は何故か奇妙な印象を受けた。

詳細は知らないが、破綻したファンド経営者など、一家で夜逃げして数年後にXXXで発見されるのが当たり前の世界である。

ところが与沢氏は堂々とマスコミに出て事情を説明したりしていました。


破綻したファンド経営者はまず逃げたり隠れたりするもので、そうしないのはおかしいのです。

それまで「俺は世界の支配者だ」とふんぞり返っていた人が、翌日無一文になったら、もう世間に出れるものではない。

もしかしたら個人的な資産を別に逃がしておいて、会社だけを破産させたのではないかと思った。


与沢はいつもカッコいい事だけを言うが、大元の資金源は商材とブログです
images
画像引用:“元ネオヒルズ族”与沢翼、今の純資産は約75億円! 結婚を決めた妻の一言とは? | AbemaTIMEShttps://times.abema.tv/posts/7016004



復活 持つべきものは良いブログと商材?

復活後はシンガポールで展開している株式トレードと合法的な賭けで、月1000万円ほどを稼ぎ出していると報告していました。

主なビジネスは株式投資で、先物やFXのようなハイリスク投資は辞めたと言っている。

復活のきっかけになったのはブログだと言っていて、投資は全て止めてブログ執筆だけに専念したという。


ここで疑問なのはブログってそんなに儲かるのかという事だが、芸能人の人気ブログの多くは年に1億円以上を稼いでいる。

何かと話題になる元モーニング娘。の主婦とか、固定ファンが多ければ毎日30万円くらいにはなり、1年では1億円を超える。

芸能人にはステマ依頼があり「この化粧品を使ってみたら良かった」とか一言書くだけで数万から数十万円になる。


因みにこのブログではその数百分の1といった所で、そういう美味しい話は無いです。

与沢氏はブログの他にもLINEスタンプとか著書とか商材とか、地味だが堅実な収入源があり、破産後も月に1000万円の現金収入があったと考えられる。

彼自身は「投資を止めてブログに専念したら、かえって儲かった」と言っている。


2014年3月に、約3億5000万円の法人税未納に会社は破産したわけだが、家や高級外車を売却したら1億円程度に減ったと言っている。

残った1億2000万円の債務は、前年の巨額赤字によって還付金が受けられて帳消しになったようです。

つまり3億5000万円の負債は資産を売り払ってチャラに出来た。


銀行から融資を受けず、自己資金だけでやっていたので他に借金はなかったと言っている。

ブログと講演、著作権で月収1000万円以上あり、年収1億円の現金収入で再起できた。

確かに与沢氏の破産は注目を集めたので、ブログ収入が数千万円あったのは事実としても、僅か1年後に豪邸に住み、1億円のフェラーリを現金で購入するなどしている。


シンガポールに移住後はまず株とFXで稼ぎ、中東や東南アジアへの不動産投資で増やした。

さらにビットコインブームに乗って仮想通貨取引で14億円を稼いだと報告している。

所有する不動産40戸の価値は45億円で、その他資産が25億円ほどで合計約70億円だと語っている。


これらが本当なら不動産と仮想通貨以外の資産は10億円ほどにしかならず、使った分を含めても20億円未満でしょう。

ブログと商材販売など現金収入で年収1億円から2億あるので、このくらいはあってもおかしくないのかも知れない。

与沢翼の強みは結局ブログと商材の現金収入で、また破産したとしてもこの2つは確実に月収1千万円を稼いでくれます。


スポンサー リンク