見た目はガラケー、料金はスマホの「サギホ」ことガラホ
au_aquos_k_shf32catch
引用:http://simchange.jp/wp-content/uploads/2015/05/au_aquos_k_shf32catch.jpg


auとドコモからスマートフォンをガラケーのような外観にした「ガラホ」が発売されたが、全て失敗に終わった。

ネット機能の無いSIMフリーガラケー「Simple」が発売され大人気になっている。


auのガラホ

ガラケーの後継機種としてauとドコモから発売された「ガラホ」が大惨敗に終わりました。

一方でFREETELから発売されたSIMフリーガラケーは、一日で発売予定を売り切って販売終了した。

好対照なガラケー後継機の売れ行きから、ユーザーが求めているものが見えてくる。

          スポンサー リンク


2015年になってauは「AQUOS K」、ドコモは「ARROWSケータイ F-05G」と「AQUOSケータイ SH-06G」の2機種を投入した。

最初に発売された「AQUOS K」の料金プランはスマホと同じプランしかなく、「本物のガラケー」の2倍以上の料金になった。

しかも通話料金もスマホと同じく割高なプランしかなく、当たり前だがユーザーの支持を得られず惨敗した。


「AQUOS K」の料金プランはその後改善されたが、「本物のガラケー」とは比較にならないほど高額です。

「本物のガラケー」では最低の料金コースを選んで、あまり通話しないと月額1000円程度で済みます。

けっこうお喋りしても、通話だけなら3千円くらいというところです。


対して「AQUOS K」にはガラホ専用プランが後で追加されたのだが『詐欺的商法』あるいは完全な詐欺プランになっています。

なぜかというとこの「ガラホ専用ダブル定額」は少しでもネットを使うとすぐに上限金額になり、スマホ料金と同じくらい高い。

「本物のガラケー」よりも高速回線なので、当然早く上限プランに到達し、ガラケーよりも割高なのです。


おかしいのはドコモもAUも「ガラホ」を、ガラケーコーナーに陳列してガラケーとして販売している。

チェックした店では料金が大幅に高い事の表示は何も無く、ガラケーと間違えて購入させる前提になっている。

ガラケーのメインユーザーの高齢者が細かい説明を理解できるとは思えないので、違いを理解せず販売員に言われるままにサインするでしょう。



ドコモのガラホ

auの『LTEダブル定額』は500円から4,200円ですが、500円なのは10MB未満で下手をすると1ページ読み込んだら達成する。

180MB使うと上限の4200円に達しますが、数時間で達成する通信量でしかありませんので、ネットを使った人全員が上限になります。

詐欺的というよりただの詐欺ですね。スマホ並みに料金が高くなるガラケーが「auのガラホ」です。


ガラケーユーザーを馬鹿にしきった商品で「騙して高額プランを契約させよう」という商品に過ぎません。

次はドコモが発売したガラホを見てみます。

最も安い「データSパック」(月額3500円、月間データ容量2GB)を選んだ場合の月額料金は6000円

「シェアパック10」(月額9500円、月間データ容量10GB)を選んだ場合の月額料金は1万2000円となる。

「タイプSSバリュー」と「パケ・ホーダイ ダブル」の組み合わせ(月額料金1606~6934円)では安く済むという。


値段を見る限りドコモのガラホも騙す気マンマンで、最も安いプランが通話料と通信量合計で7000円以上です。

ガラホはキャリアを問わず全て「高齢者から金を騙し取る詐欺だ」と断言しておきます。

性能はガラケーで料金はスマホの「悪いとこ取り」とも言える。


キャリアでは技術的問題から従来型ガラケーを廃止するそうですが、それならキャリア以外から買うだけです。


昔のPHSみたいな外観?の「Simple」
yo_ft01
引用:http://image.itmedia.co.jp/mobile/articles/1508/25/yo_ft01.jpg


SIMフリーガラケー


プラスワン・マーケティングが「FREETEL」ブランドで発売するSIMロックフリー端末が8月24日に予約受け付けを開始した、

「Simple」は通話とSMSに特化したストレート端末で、価格は5980円(税別)、au以外のSIMカードを挿入して利用できる。

発売と同時に注文が殺到して即日売り切れたが、26日に次回分の予約を再開した。


月額基本料金が899円、通話料は30秒で20円、通話とメールしかできない、カメラも搭載していない。

2年縛りはなく、「通話料いきなり半額モード」があるので、freetelプランで30秒/10円になる。

基本料金と通話料金の合計は、大手キャリアのガラケーの最安プランと同じ程度になっています。


つまりこれは「ネット機能が無いガラケー」に過ぎないのだが、なぜ大人気なのだろうか。

大手キャリアとの最大の違いは「2年縛り」が無くても割引が受けられる。

ネット接続については、潔く最初から機能自体が無いので、当然騙される心配もない。


逆に言えばauやドコモの「2年縛り」「詐欺的料金プラン」がいかにユーザーに嫌われているかが分かる。

ガラケーユーザーはアホみたいな料金設定で騙されるのが、大嫌いなのです。

ネットに関してはガラケーの小さな画面と低速度で充分だし、高速度や大画面(従って高料金)など求めては居ない。

          スポンサー リンク


          スポンサー リンク