寿司だか何だか良くわからない物を、客が取っていくスタイルの南米系
o
引用:http://s3-media1.fl.yelpcdn.com/bphoto/ZW0Uyooabk63-PGJRGL-Zw/o.jpg


海外、特に欧米社会で和食ブームとかで、寿司を握れる日本人職人が不足している。

最短8週間で寿司を握れるよう教えてくれる、寿司アカデミーが大人気だという。


寿司学校が盛況

寿司職人といえば日本の伝統的な料理人で、寿司店や料亭で働いていたり、自分で寿司店を経営していたりする。

というイメージがあるが現代では寿司はクルクル回り、握るのは寿司マシーンがやっている。

バイト店員が注文に応じてマグロやイカなどを、ご飯の上に乗せているのだった。
スポンサー リンク
これでは寿司職人の出番はなく、職場は減っていき、職人の数もこの20年ほどで減少しました。

ところが海外では和食ブームに乗って、数年間で日本料理店が倍増して、寿司を握れる職人が不足している。

従来そうした海外和食店では、韓国人や中国人、アジア人などが日本人に成りすまして寿司を握っていた。


海外和食店では客の口が肥えてきて、成りすまし職人の寿司では満足しなくなり、本物志向が高まっている。

寿司職人養成学校では8週間から1年間のコースで、職人を養成しているが、海外から引っ張りだこになっている。

受講生100人超に対して求人が1000人以上来ているという。


8週間で即席寿司職人になる人は、もちろん料理人や経験者も居るのだが、脱サラや失業者も多い。

海外で求人が多いと聞いて「一丁、寿司職人でも目指してみるか」という未経験者も多いのだという。

海外で成功する人の中には、年収1千万円から3千万円も稼いでいる卒業生らが居る。


日本で寿司店に就職して、とりあえず職人ぽくなるまでには3年、一人前になるには10年必要とされている。

一流寿司店の店長を任される水準になるには、そのくらい長い修行が必要だが、当然8週間でそこまでには成れない。

幸いな事に海外では寿司マシーンが普及していないので、回転寿司レベルの物が握れれば、立派に通用する。


アメリカの高級寿司店はレベルが高い
TGRF
引用:http://www.chicagoregency.hyatt.com/content/dam/PropertyWebsites/regency/chirc/Media/All/737x415xHyatt-Regency-Chicago-Sushi-Platter-1280x720.jpg.pagespeed.ic.S1DceZrQUg.jpg


3000万円プレイヤーも

寿司アカデミーの受講者には現役大学生、建設関係の職人、プログラマーやIT技術者、ミュージシャンなど色々な人が居る。

若い人も居るが、中年以降の年齢の人も受講していて、バラエティに富んでいる。

多くの受講生が、海外で職人として就職して高収入を得て、独立して成功したいという希望を持っています。


和食ブームは世界的だが、成功を目指すには欧米諸国という事になる。

アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、東欧諸国、オーストラリアなどが多い。

日本の外食産業は安い給料で長時間労働だが、欧米では日本より仕事は楽で、給料が高い傾向がある。


住む場所もエアコンの無い四畳半なんて事はなく、きちんとしたマンションなどが用意されるという。

条件が良い分雇用関係はドライで、技術が未熟だったりするとすぐに解雇されてしまう。

給料はピンキリだが、その国の物価水準で生活できる金額が、最初から支給されるので、日本でバイトするより良いかも知れない。


日本での受講が終了すると就職先で働きながら修行する訳だが、ここで腕を上げて評価されれば、上のランクの店に引き抜かれる。

欧米は解雇もドライだが、職人の引き抜きも早く、とんとん拍子に出世する人は確かに居るようだ。

現地で人脈ができ、スポンサーが見つかると、いよいよ独立開業となるが、その前に現地の言葉の壁がある。


料理が上手くても客の注文が理解できなくては話にならず、世間話しや商談もできるレベルでないといけない。

海外で成功するには料理の腕も必要だが、語学力や人付き合いで、現地の人に信頼される事が重要になる。

職人不足が解消されれば、いずれ淘汰される時代が来るが、その時に生き残れるかは彼ら次第になる。

スポンサー リンク


スポンサー リンク