辺見マリは19歳でデビューしたがすぐ結婚し、辺見えみりを産んだ。
img_0
引用:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-ae-85/xqjng092/folder/187249/06/24228706/img_0


相手を洗脳して自分の支配下に置き、多額のお金を出させたり、組織の一員にしてしまう被害が多い。

統一教会やオウム真理教など宗教団体だけでなく、占い師や霊媒師、拝み屋など様々な詐欺師が居る。


辺見マリの場合

女優の辺見マリさん(64才)やタレントの中島知子さん(44歳)が洗脳詐欺に引っ掛かったのは記憶に新しい。

辺見マリは「拝み屋」に嵌って5億円を騙し取られた

辺見マリは1969年に19歳で歌手デビューして人気を得て22歳で西郷輝彦と結婚したが、後に離婚しました。
スポンサー リンク
2人の間には女優の辺見えみりと長男が居たが2人とも辺見を名乗っていて、辺見マリが引き取っている。

1981年に離婚して31歳で芸能界に復帰したが、以前のようにヒット曲を出す事は出来ず、ドラマやバラエティの端役が多かった。

精神的に不安定になっている時に、マネージャーから「神様と話せる人がいる」と紹介されたのが「拝み屋」だった。


辺見は現実的なタイプで「自分は宗教などに騙されたりはしない」と思っていて、拝み屋の女に身構えて警戒していました。

そんな警戒心を見透かしたかのように女は神様や宗教の話を一切せず、相手の悩みやグチを聞く事に徹して、親身に相談に乗った。

互いの家族が交流して家族ぐるみの付き合いをして、金銭の要求は一切しませんでした。


充分に信頼関係を築いて打ち解けると、女はやおら本性を現し始めました。

辺見本人すら知らないような、子供の事や個人的な事を次々と言い当てて、「何でも見通す事ができる」と思わせていった。

だが家族ぐるみで付き合っているのだから、息子や娘から情報を聞き出すのは簡単で、実際は簡単なトリックでした。



中島知子の場合

娘や息子の体調や素行などを何度か言い当てられると、辺見はすっかり信じ込んでしまい、以降洗脳されていきます。

次に拝み屋の女は金を要求し始め「神様の為に寄進が必要」などと言い、最初は1万円程度を出させます。

相手の様子を伺いながら金額はエスカレートしていき、「金を出さないと娘が不幸になる」と脅すようになった。


洗脳の基本は「恐怖で脅し、安心させる」事にあると言い、この場合も「不幸になる」と信じさせて脅しました。

恐怖から逃れるためには「神様に寄進すれば不幸は起きなくなる」と逃げ道を用意して、金を払えば逃れられるようにします。

予め用意された出口に追い込まれる羊のように、洗脳者は被害者を追い込むのでした。


同じような被害にあった芸能人にタレントの中島知子さんも居て、彼女は現在も洗脳や支配下にあったのを否定している。

中島知子の言い分によると、お笑いコンビ「オセロ」の相方が独立して取り残されたストレスから、情緒不安定になり占いに頼った。

占い師との同居を希望したのは中島の意思によるもので、家賃など生活費も中島が支払っていました。


占い師を庇う中島の言動からは、現在も支配下にあるように見えるが、こうした事は占い業界では良くあるのだという。

元々占いとは相手の心理状態の弱みに付け込んで「占いが当たったと信じ込ませる」商売なので、半分洗脳みたいなものです。

相手は占い師を信じるほど依存してきて、中島のように「占い依存症」になってしまう人は多いのだという。


洗脳なのか極端な依存状態なのか
c05e75f79d19239d0da42fd8d3bef9f0_15665
引用:http://up.gc-img.net/post_img_web/2015/01/c05e75f79d19239d0da42fd8d3bef9f0_15665.jpeg



洗脳の手口

この2人のように洗脳されたり、誰かに依存して抜けられなった芸能人は昔から多かった。

女優の音無美紀子は息子の病気がきっかけで統一教会に依存してしまい、現在も関係が続いているようです。

桜田順子、山崎浩子、飯星景子らも統一教会で、鹿島とも子はオウムに嵌ってしまった。


洗脳する側は洗脳のプロであり、相手が身構えていても辺見マリのように、易々と支配下に置いてしまいます。

その手口を辺見マリは、次のような段階を踏んでいると自己分析しています。

1、家族ぐるみのつきあいで親密さを演出する。
2、相手が警戒している間は神様の話はしない。
3、同じように警戒している間は、お金の話も絶対にしない。
4、どんな相談事でも100%相手を受け入れて、安心感を抱かせる。

信用し始めると次の段階に移行します

5、自分しか知らない事や、自分すら知らなかった家族の病気などを言い当て、予言する。
6、相手が依存して頼るようになってきたら、「神様が怒っている」など宗教を信じさせる。
7、神様を信じたら次は「神様の為に寄進しなさい」とお金を出させる。

恐怖感を与え、次に安心させ、感情を揺さぶり、人格を否定します。
テレビに出る有名な占い師は必ず「アンタはそれだから駄目なんだよ!!」と怒鳴りますが、洗脳の重要なステップです。

否定した後には「こうすれば良い」という回答を与えて安心させ、行動を支配します。
一度心を明け渡してしまうと、自分で判断できなくなり、洗脳された状態になります。


信用させる、相手を否定する、自分の指示通りに行動させる、心を操るというステップになっています。

こうした手口は日常の中でも良くあり、訳が分からない間に買う気が無かった商品を買った事は、誰でもあると思います。

オレオレ詐欺とか押し売り、キャッチセールス、果てはテレビCMなど、他人の心を操る商売は意外に多いのです。

スポンサー リンク