恒例の渋谷109福袋もネット通販され、混雑は見られないかも知れない
RFTGH
引用:http://www.fashionsnap.com/news/assets_c/2013/01/109hatsuuri2013_0102_004-thumb-660xauto-156477.jpg


かつて福袋は「何が入っているか分からない」胡散臭いけど当たれば良い物が入っていました。

現在はイベント化して限定商品を開発し、中身を公開するのが主流になっています。


超人気の家電福袋

福袋は昔からあったが、消費不況でも確実に売れるとあって、各社とも力を入れるようになっています。

中身はピンからキリまであり、値段の数倍の価値の商品を、惜しげもなく入れている場合がある。

一方で売れ残り商品や、半分ゴミのような物を入れる場合があり、中身の推測がネットで盛り上がっている。
スポンサー リンク
家電のビックカメラは12月25日から福袋のネット受付を開始したが、即日中止しました。

アクセスが殺到して買えない状況が続いたため、サービスを中止したという。

ヨドバシカメラも17日にネット受付を開始したが同じ状況で中止し、21日に再開したがまた中止している。


ビックカメラは3千円から10万円、ヨドバシは5千円から5万円の価格で、額面以上の商品が入っていたようです。

即時サーバーダウンしたビックカメラ.COMのネット福袋の内容は次のようになっていました。

・デジタルオーディオ+ブルートゥスイヤホン=19800円

・2010万画素 WIFI内臓ミラーレス一眼カメラ=39800円

・格安SIM+SIMフリースマホ=9800円

・オフィス搭載15インチノートPC=24800円


など、すぐにサーバーダウンして見れなくなったが、他にも沢山販売されていたようです。

このようにネット販売の福袋は、中身が見えるものが主流になっていて、通常より安い価格で売られている。

ビックカメラの店頭福袋では、例えば去年は通常10万円のWindowsタブレットが6万円で売られていた。


タブレット、ノートPC、オーディオ、カメラ、ゲーム機、映像機器などが通常の3割から4割も安い。

大抵は最新モデルではなく、一つ型遅れだったりするのだが、圧倒的に安く買えるのは事実です。

これなら凍えそうになりながら並ぶ人が居るのもうなづけます。



中身が分かる福袋が人気の中心

福袋は以前は中身が分からないので、欲しい商品が入っているか分からない場合が多かった。

それに欲しい商品かどうか分からないのに、苦労して並んだり、混雑する中買い物するもの億劫だった。

こうした理由で福袋を敬遠する人が多かったが、インターネットの発達で買う前に中身が分かるようになった。


先に買った人がネットで中身をばらしてしまうネタばれ、から始まり企業は積極的に中身を公開するようになった。

逆に言うと中身を公開しない福袋は、「ろくな物」が入っていない確率が高いかも知れない。

福袋商戦が盛り上がる一方で、アップルは2016年から福袋を廃止すると発表しました。


アップル福袋は高額商品が入っていると評判で、額面の2倍以上の商品が入っている事があった。

これを目当てに数日前から行列を作る人が続出し、北海道では気温マイナス10度以下で野宿していた。

加えて購入者による転売行為が目に余った為、中止を決定したと見られています。


マック、KFC、ミスド、ロッテリアなどファーストフード系福袋は、食べ物だけで見ると通常と変わらない値段になっている。

代わりにオリジナルグッズとしてマグカップやアニメグッズ、カレンダー、ポーチ等が無料で入手できるようになっている。

もし食品が安く買えたら、来店客全員が福袋を購入して、あっという間に売切れてしまうからでしょう。


一方高島屋大阪店では2億160万円の純金製茶道具セット、大丸梅田店では1800万円でデスラの電気自動車を販売します。


超人気のビックカメラ2015福袋
782272a1
引用:http://livedoor.blogimg.jp/kiki6830/imgs/7/8/782272a1.jpg



本当にお得な福袋とは


値段の数倍の価値のものが袋に入っているとしても、自分が不要な物ならどうしようも無く、価値判断が難しい。

世の中には「福袋評論家」を名乗る人がいるそうで、本当に得な福袋を紹介しています。

近年はブランドショップを中心に、福袋専門商品を製造し、特別イベント化する例が多いという。


そうした特注物は福袋以外では購入不可能なので、欲しい人にとっては有益な機会と言えます。

企業が福袋の中身を公開するようになったのは、店舗の効率化によって、売れ残りが出にくくなったからだという。

売れ残る商品は最初から仕入れないので、ガラクタを福袋に入れて隠す必要もなくなりました。


従ってやはり中身を公開している、信用できる店や企業のものを購入するのが外れが無い。

中でも最も得なのは、大手百貨店の食品福袋だと福袋評論家氏は断定しています。

販売価格の半額から70%引きで福袋に入っていて、店の利益はほぼ無いそうです。


替わりに2億円の茶器福袋で儲けるのかも知れません。

そして多くの店ではネット通販福袋と店頭福袋は同じ商品が入っていて、送料を除くと値段も同じだという。

それなら正月に店頭に並ぶ意味は無く、中身を比べてネットで買うほうがお得です。

スポンサー リンク