民営化は勝ち組と負け組みを分け、北海道は負け組になった
n1342937903
引用:http://similar-image.com/photo/image/43780.jpg


鉄道事故や故障で毎日のようにどこかで列車が止まっていますが、最近の頻度には異常さを感じます。

特にJR北海道では、いつ重大事故が起きても不思議ではないほど、経営が追い詰められています。


JR北海道で事故続発

JR北海道で鉄道事故や故障が相次いでいて、いつ大事故が発生してもおかしくない状況になっています。

他のJRも以前より故障が増えているが、JR北海道は度を越して酷い。

12月27日には旭川市のトンネル内で火災が発生し、29日まで列車数百本が運休しました。
スポンサー リンク
原因は補修ミスが疑われていて、コンクリートのひび割れから水が出て、寒さでツララになったと考えられます。

断熱防水板を設置してツララを防いでいたが、ツララが架線に落ちると過電流で発火する事があるという。

2015年4月3日には青函トンネル内で、特急スーパー白鳥34号の発煙事故が起きていました。


原因はパンタグラフからモーターへの配線に、過電流が流れて皮膜が焦げたと考えられています。

過電流の原因は分からないものの、整備不良か部品の劣化などが考えられます。

JR北海道では江差線で3年間で3件もの脱線事故が発生し、原因は保守点検を怠った為でした。


レール幅が規定より広かったのを一年間放置した上、規定内だったかのように資料を改ざんしていました。

日常的に保守点検を怠った訳ですが、その原因は資金不足による人手不足で、保守人員が不足している事でした。

国鉄民営化以降のJR北海道は黒字の本州3社とは対照的に、赤字続きで厳しい経営改善を迫られました。



コスト削減で保守要員を首切り


経営改善と言っても急に乗客が増える筈が無く、線路を売却する訳にも行かないので、出来るのは首切りだけです。

列車の運行に必要な最低限の人員だけを残し、売上に繋がらない保守要員は減らされていきました。

同じように赤字を抱えている四国と九州は南国で、ほったらかしても数ヶ月で列車が脱線する事はありません。


だが北海道は夏は25度、冬はマイナス20度になり、一冬越して雪が溶けると設備は大きなダメージを受けます。

保守要員を減らして点検作業を怠れば、すぐに故障が続出して事故が発生するのは、分かりきっていました。

分かっていても市場原理で支出を減らさねばならず、減らせるのは保守点検費用だけなのです。


国鉄は1987年4月に分割民営化され、本州3社と周辺3社+貨物の7社が誕生しました。

このうち黒字は本州3社だけで、貨物を含む4社が赤字になっています。

貨物は黒字3社と線路を共用しているので、保守問題が発生しにくくなっています。


周辺3社の中で特に経営が悪化しているのが北海道で、面積が広く人口が少なく、寒暖の差が大きい。

7社の中では地理的条件が最も悪く、正直に言って黒字になる要素は見当たりません。

だが民営化によって条件が違う7社に、市場原理が平等に適用され、勝者と敗者に分かれました。


赤字だからと言ってもし札幌駅を閉鎖したら、経済が縮小し政府の財政はより悪化します。
鉄道の赤字を補填して維持したほうが、国の財政は健全になります。
b0103470_20433871
引用:http://pds.exblog.jp/pds/1/201010/31/70/b0103470_20433871.jpg



鉄道会社は赤字で良い

鉄道会社がなぜ黒字経営をしなければならないか、民営化の時まじめに議論されませんでした。

会社が赤字だと借金が増えますが、鉄道による経済活動によって税収が発生しています。

国が鉄道会社に赤字補填したとしても、経済活動によって補填分以上の税収があれば、国としての負担はゼロです。


国鉄が赤字を垂れ流している間、日本政府の財政は現在より健全で、税収は多く借金はあまり無かった。

民営化をして首切りをしていった結果、経済活動がなくなり税収が減って、国の借金が増えてしまいました。

道路公団でも航空会社でも同じことで、何でもかんでも単独で黒字を要求するのは利に叶っていません。


世界の殆どの鉄道会社は国営で赤字ですが、それらの国は日本より経済が上手く行っています。

JR北海道に関して民営化は完全に失敗で、このままでは将来大事故が続出するでしょう。

鉄道、道路、水道、病院などのインフラ事業に「黒字」つまり金儲けを期待するのは、合理的でない。

スポンサー リンク


スポンサー リンク