1985年、西武に入団した清原選手
dly1512120001-f1
引用:http://www.sankei.com/photo/images/news/151212/dly1512120001-f1.jpg


プロ野球やサッカーといった集団スポーツでは、引退はチームから通告され、自分で決める事はできない。

選手にとってチームが社会だったので、それを失うと新たな居場所を見つけられない人が多い。


清原和博の収入

元野球選手の清原和博が逮捕された時話題になったが、どうして社会からドロップアウトしたのだろうか。

清原は2008年10月1日にオリックスで引退し、様々な疑惑が言われるようになったのは2013年頃だった。

その前の2010年ごろから既に言動がおかしかったと言われているので、引退してすぐに身を持ち崩してしまった。

スポンサー リンク

2014年9月に芸能人の妻と離婚しているが、最大の理由は「生活苦」だったとされています。

清原の年俸は巨人時代の4億5千万円が最高だが、あの球団はCM依頼が多いので8億円くらい稼いだ可能性があります。

清原の弁によると西武から巨人に移籍するとき、阪神から倍くらいの年俸を提示されたと言っています。


恐らく阪神の提示が6億円で、巨人の提示は3億円台だった筈ですが、巨人はテレビ出演やCMが多いので、数字以上に稼げます。

2001年から2004年まで4億5000万円で、2006年にオリックスに移籍しましたが、活躍しなかったのに2008年も1億5000万円貰っていました。

清原選手の現役時代は金銭的に大変恵まれていて、お金の苦労は無かったように思えます。


高校時代から甲子園のスターだったので、テレビ出演が多く、芸能人のような活躍をしていました。

引退後も奇怪な言動に関わらず、テレビ出演が定期的にあり、スターなので出演料が高額でした。

1時間の番組に一回出演すると300万円のギャラだったとされているので、月1回テレビに出るだけで年収3600万円でした。



引退しても支出を減らさなかった

テレビCMの収入やイベントもあるので、真面目に働けば金に困らない筈ですが、実はそうでは無かったのです。

2013年から2014年に掛けて「ATMで金を下ろそうとしたら残高が無かった」とか、その手のエピソードが増えていきました。

2014年に離婚しましたが、DVなども在ったらしくて妻に慰謝料を払ったら無一文になったようです。


一時は家を差し押さえられて住むところが無く、ホテル住まいをしたが宿泊費が払えず、友人宅を泊まり歩いていました。

要するにホームレスになった訳ですが、それでもマスコミは清原をスターとして扱い、年数回はテレビ出演がありました。

一回の出演料が高額なのと、お金が無くなったらパチンコ営業をして、食べていく事はできたようです。


こうして見ると2008年に引退してからの清原には定職がなく、たまにテレビに出る以外は失業者だった。

妻から見て働かない夫がずっと家にいるほどうっとおしい事は無く、夫婦仲も悪くなって金も無くなり離婚しました。

現役時代から高級車を買い換えたり高級住宅を買い、派手に遊んで稼いだ分は使っていました。


22年間平均2億2千万円貰ったので合計年俸48億円、CMや芸能活動を含めて60億円以上、税金を半分引いて手取り30億円、そのうち10億円くらいの貯金はありそうです。

だが実際は2008年に引退したときに、資産から借金を引くとむしろマイナスだった。

こうして見ると収入が無くなって生活破綻したのではなく、最初から浪費癖があり、引退しても浪費をやめられなかった。



プロ野球選手の引退後

プロ野球機構の調査によると、引退後のプロ野球選手の50%は元の球団に雇用されています。

全員がコーチになれるわけではなく、用務員とかグランド整備、スタッフなどに雇われる人が多い。

20%は社会人野球や下位リーグでさらに現役を続けるが、年収はとても少なくなります。


一般企業に就職できるのは僅か13%で、タレントや解説者になるのは3%に過ぎません。

プロ競技の中でも野球とサッカーは引退後が厳しいと言われていて、その理由は自分で引退時期を決められない。

団体競技なので引退は所属団体が決め、しかも事前に準備期間などはありません。


選手時代はチームの為に全力を尽くせと要求されるので、就職活動などは出来る雰囲気ではありません。

それがある日突然解雇通告を受けて無職になるので、ドロップアウトする人が多いのです。

団体競技は会社人間みたいなものなので、会社以外の人間関係やキャリアが出来ず、アルバイトもした事が無い。


野球選手の殆どは、引退後もアマチュア野球のコーチなどを希望するが、希望の職に就ける人は少ない。

次に現役時代の資産がある人は、飲食店経営とか事業を始めるが、大抵は失敗してお金を失います。

結局何になるのかというと、世間でいう底辺職業のような世界に落ち着く場合も多い。


野球選手にも学歴フィルターが存在し、大卒の人は大学関係の紹介などで、一般企業に就職し易い。

高卒でプロになった人は引退後も高卒がついて回り、大卒の人のように一般企業への就職ができない。

清原選手も高卒であり、引退後は特に定職をもたず、ブラブラと暇をつぶしてはたまに芸能活動して生活費を稼いでいた。


スポンサー リンク


スポンサー リンク