スバルの4WDは走行条件が悪化するほど、他車より安定性が増す
jcDJPuU
引用:http://i.imgur.com/jcDJPuU.jpg


スバルは日本では農家のおじさんが運転しているイメージだが、海外では高級車として認知されている。

ブランド名で売れる唯一の日本車になり、ポルシェやフェラーリに匹敵する評価を受けている。


独自の4WD技術

スバルのブランドイメージが海外でグイグイ上昇し、ポルシェやフェラーリに迫るほどになっているという。

昔スバルと言えば農林組合の人が林道を走る、4輪駆動車レオーネだったのだが、時代は変わったようです。

特にアメリカと欧州では高級ブランドの一つとして認知され、過大評価とも思える圧倒的な人気を誇っている。
スポンサー リンク
スバルといえば4輪駆動車が人気で、他メーカーより4WD比率がかなり高いのが特徴です。

4輪駆動は技術的進歩によってどのメーカーでも用意しているが、大半は簡易型の4WDシステムになっている。

トヨタや日産やホンダの場合、ランドクルーザーなどの車種を除くと、スタンバイ4WDが採用されている。


スタンバイ4WDとは雪道などで「スリップしたときだけ」4WDに切り替わるシステムで、普段は2WDで走行しています。

駆動システムのロスが少ないので4WDなのに燃費は良く、市販車の9割以上がこのタイプです。

燃費が良い替わりに雪道で脱出する以外に利点は特になく、「なんちゃって4WD」と呼ばれています。


スバルの4WDは常時4つのタイヤで駆動しているので、駆動ロスにより他より燃費が悪い。

だが高速走行時や雨、雪など悪条件になるほど安定性が増し、雨の高速道路でも安定している。

雪道での安定性もトヨタやホンダとは桁違いで、ぬかるみからの脱出性能は非常に優れている。



欧米では高級乗用車

世界でもこうした「古臭い4輪駆動車」を作るメーカーは、ほとんど無くなってしまいました。

アメリカにはランドクルーザーに似た大型4WDやピックアップが多く存在するが、そういう大型車が悪路に強い訳ではない。

デカイ事と走破性が高いのは別なので、アメリカ車は悪路の走破性はあまり高くありません。


こうして世界でも数少ない、本格4WD車を製造する特殊なメーカーとして認知されました。

だだそれだけなら実用的な車として評価されても、一般の人が買う事は無かったでしょう。

いくら優れていても、砂漠を横断できる乗用車など普通の人には必要ないからです。


スバルが車としての価値を初めて評価されたのは、インプレッサが90年代後半に、世界ラリー選手権で活躍してからでした。

当時WRCは重大事故が続出した為、ラリー専用車ではなく市販車でラリーをするようになっていました。

市販車をベースにしたラリーではトヨタ、三菱、スバルの日本勢が圧勝を続け、インプレッサも大活躍しました。


1995年から2008年の撤退までに47勝を挙げ、その全てが市販車をベースにした車での勝利でした。

欧米のメーカーもラリーに参加するが、それはラリーの為だけの専用車で、市販車では発売しないか、超高額車になります。

インプレッサWRXは国内では300万円台、海外では500万円程度で販売され、いわゆるスーパーカーの半額程度だった。



ブランドで売れる唯一の日本車


こうしてマニア的なファン層を獲得したスバルは、インプレッサ以外のレガシィやフォレスターも、高品質車として展開していった。

日本の半分は降雪地帯だが、米国や欧州でも半分以上は冬季に雪が積もるので、雪に強い乗用車の需要はありました。

だが日本では4WD乗用車というジャンルが発展したのに対し、欧米ではそうした車はあまり育ちませんでした。


砂漠を横断してラリーで飛ばすだけなら、マニアの車に過ぎないが、一般の人も冬になればスバルの優秀さを体感できました。

品質や安全性でも評価が高く、消費者テストでは常に上位に並んでいる。

スバルが躍進した時期は2005年にトヨタと資本提携した時期と一致しています。


それまでスバルは総合自動車メーカーを目指して軽自動車やトラック、商用車も作っていたが、高級乗用車にシフトした。

トヨタの一部門と割り切ることで成長したのだが、皮肉な事に成功するにつれて、トヨタと縁を切ろうという動きが出ています。

スバルが日本初の高級ブランド・メーカーになっていくのか、その行方が注目されています。

スポンサー リンク


スポンサー リンク