沖縄に米軍基地が多いというが、逆に沖縄人は米軍に守ってもらっているのに、1円も支払っていない。
無料で守ってもらって文句を言う心理は分からない。
20150830171718f86
引用:http://blog-imgs-82.fc2.com/m/m/t/mmtdayon/20150830171718f86.jpg


米大統領選を争っているトランプ氏は「日本に米軍駐留費の負担増を求めるべきだ」と発言しました。

実はこの主張はまっとうなもので、日本はもっと支払って当然なほどの恩恵を受けています。


金を払わなければ日本を守らない?

米大統領選の討論会で在日米軍の駐留費用が争点になる場面がありました。

共和党指名争いでトランプ氏が日本に負担増を求めるべきだと発言し、ルビオ上院議員と論争になった。

トランプ氏は「日本、韓国を守る事はできない」とし「もっと多くの負担を払わせるべきだ」と強調しました。
スポンサー リンク

在日米軍の駐留に関しては1980年代に「日本は日米安保にタダ乗りしている」という安保タダ乗り論が米国で強まった。

実際米軍の駐留費用や軍備は全てアメリカの納税者が負担していたので、批判は事実でした。

そこで日米政府は「思いやり予算」という訳の分からない予算を作り、日本が毎年3,700億円ほど負担しています。


2月25日の公開TV討論会で駐留に批判的なトランプ氏に対し、ルビオ上院議員は「米軍が居なくなれば日韓は核武装する」と反論しました。

トランプ氏は「日本・ドイツ・韓国は米国に輸出して儲けているのだから、軍事サービスの対価を請求するべきだ」と述べました。

米軍駐留費負担は日本3,700億円、韓国900億円、ドイツ推定1500億円となっています。


これ以外にも日本は米軍の土地代金を肩代わりし、グアムへの基地移転代金など平成27年は合計7000億円を負担しました。

グアム移転費用は一時的な負担ですが、普天間移転費用などがあるのでこれからもこのくらいを支払い続けるでしょう。

日本の負担だけが突出して多く、「日本は払いすぎている」というのが一般的な意見です。



日本はもっと負担するべき

だがそこであえて「日本はもっと米軍駐留費を負担するべきだ」とトランプ氏に同調してみたい。

日本政府は1978年から38年間で、米軍に約20兆円を支払ったそうです。

まず米軍が日本に駐留するために、現実にいくらの金を掛けているかを計算で出してみましょう。


一番の大物は横須賀の原子力空母で、建造から50年間の運用、艦載機などで約3兆円が掛かっています。

空母には多数の補助艦船が同行し、イージス艦や原子力潜水艦も含めて、空母と同額くらいは掛かっています。

すると横須賀など日本に配備されている米海軍艦艇だけで、年間1500億円は掛かっています。


空軍では在日米軍の戦闘機40機以上が存在し、哨戒機や早期警戒機などを含めて100機が展開しています。

沖縄には海兵隊1万5千人が駐留し、在日米軍は陸海空合計5万人が駐留しています。

自衛隊23万人の5分の1なので、もし人数当たりの予算が同じなら、在日米軍には約1兆円が掛かっている筈です。


在日米軍の直接的な装備や兵力だけで6000億円以上、借地代や住民対策、移転費用など全てを含めると、やはり年間1兆円は超えるでしょう。

すると日本は米軍のコストの半分から7割ほどを負担しているのだが、これが果たして高いのかという議論です。

むしろ安すぎるから値上げして欲しいとすら考えています。



タダで手に入る安全など無い

在日米軍の背後には年間軍事費70兆円の米軍本体が控えていて、全世界を標的にした核兵器も保有しています。

それらは日本に駐留していないだけで、在日米軍と戦争になれば、当然「本隊」が加勢するのです。

日本は70年間、この「米軍本隊」に守られていたお陰で、ソ連は一度も侵攻せず危険な目に遭ったことすら在りませんでした。


この為日本人は「米軍なんか居なくたって平和は保たれた」と思い込み、日本国憲法が平和を守ったなどと言い出す人間が現れました。

彼らはソ連や中国が「米軍が怖いから日本に侵攻しなかった」のを知らず、世界は平和だと思い込んでいます。

間違った認識を改めさせるには、在日米軍に掛かった費用全額を請求してもらった方が、むしろ日本の為です。


「米軍なんかに1兆円払うくらいなら自衛隊に使った方が良い」というマトモな思考ができるようになるかも知れません。

世界最強の軍隊を雇うのにたった1兆円を払うのが惜しいのか、それとも格安なのか、ボケた頭に真剣に考えさせた方が良いのです。

「米軍なんか居なくても自衛隊だけで核武装して日本を守る」と思うなら、さっさと米軍を追い出すのも一つの手でしょう。


そうする気がないなら、これからも米軍に守ってもらう訳で、半分から7割程度を日本が負担するのは妥当な金額だと言えます。

この場合、日本の負担金額が大きい事は、「在日米軍への日本の発言力が強まる」事なので、2重の意味で安全保障になります。

米軍も人なので、お金を払わない国よりも、お金をたくさん払う日本を重視するのが人情です。


スポンサー リンク


スポンサー リンク