国連がありもしない日本の罪を、次々にでっち上げるのは何故なのか?
国連そのものが日本の罪をでっち上げ、日本との戦争に勝つための組織だったからです。
139116864233278751228_472682-radhika
引用:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/007/421/23/N000/000/015/139116864233278751228_472682-radhika.jpg


国連の何々委員会はイルカから慰安婦まで定期的に「日本の罪状」を探して非難決議している。

国連の創設当初から「日本の罪をでっち上げる事」が国連の任務であって、第二次大戦に勝つためだった。


反日左翼しか委員に任命されない

国連の何々委員会を名乗る人間が、時おり日本を名指しして非難する事があり、近年その頻度が増えている。

はっきり指摘すると国連事務総長に韓国人の潘基文が就任してから、その頻度が増えた。

国連の世界遺産委員会が明治文化遺産で「朝鮮人強制労働」で日本に謝罪するよう迫ったのは記憶に新しい。
スポンサー リンク
国連世界遺産委員会は中国が提出した「南京事件」の偽記録文書も、事実関係の審査を行わず勝手に登録しました。

国連の委員会を名乗る組織は多いが、その大半は実は国連に所属しては居ません。

それどころか、どんな経緯でその人物が選ばれたのか、誰が任命したのかすら非公開なのです。


国連の主要組織には理事会と委員会があり、理事会の方は正式な国連の組織で、ある程度任命過程などを知る事ができる。

理事会は「国家」が中心になっていて、安全保障理事会の5つの特権国は特に有名です。

頻繁に問題を起こすのは「人権委員会」など権利関係の委員会で、この他に多くの「○○委員会」も存在している。


居丈高に「日本は謝罪しなさい」と命令してくるのは、良く見ると「○○の権利委員会」等になっている。

この他に国連には専門部会が存在するが、世界保健機構、原子力機構などで部外者が口出ししにくい世界です。

問題があるとされているのは人権関係の委員会で、自分の意見を言いたいだけの民間活動家が選ばれている。


理事会は「国家」が中心なのに対し、委員会は民間つまり政治組織で構成されていて、これが大問題を起こしている。

つまり「憲法改正を許さない市民の会」とか、あの手の連中が「国連」を名乗って活動しているのです。



国連は日独との戦争に勝つために作った

国連が世界平和の為に創設されたと考える人がいるかも知れませんが、アメリカが日独との戦争に勝つために作った戦争遂行組織です。

国連の前身の大西洋憲章は1941年8月に始まったが、この時イギリスはドイツとの戦争に負けようとしていた。

ドイツは欧州全域を支配して残ったのはイギリス一国のみであり、アメリカはどうしてもイギリスを支える必要があった。


もしイギリスもドイツに併合されていたら「欧州連合」は50年早く出来ていて、ドイツとアメリカの冷戦が起きたかも知れない。

加えて12月には日本が米英に宣戦布告し、アメリカは1年間連戦連敗を続けました。

戦局を挽回する為の秘策が「国際連合」で、なるべく多くの国で日独を包囲して戦力を分散させようとしました。


この結果日本軍とドイツ軍は世界中を振り回され、ドイツ軍はロシアのツンドラに、日本軍は太平洋からインド洋まで貴重な戦力と時間を消耗した。

国際連合を作ったのはアメリカなので、アメリカの独裁で全てが決まるよう作られていた。

最初特権を持つ国は創設国の米英だけだったが、ソ連をドイツ戦に参戦させる為、ソ連にも特権を与えた。


アメリカは数的優位を保つ為、存在しなかった(ドイツに占領されていた)フランスを加え、ソ連は同士として中国を加えた。

こうして5つの常任理事国が形成されたが「アメリカ軍3」対「ソ連軍2」という数字に意味があったのです。

アメリカ側が反米国家を加えることは絶対に無いし、ロシア・中国側が親米国家を認めることはないので、ずっと固定されたのでした。



国連委員会の正体

話を人権委員会に戻すと、第二次大戦が終わりアメリカの独裁的な役割りも意味をなさなくなりました。

すると国際連合という非民主的なシステムを都合よく操って、自分に都合のいい報告や決議をさせる例が続出した。

米ソ冷戦時代にはアメリカはソ連を非難する報告を連発させ、ソ連も米国非難に利用しました。


中でも都合よく利用されているのが「人権委員会」などで、誰がどうやって任命しているのか一切非公開です。

国連では事務総長や常任理事国の権限が大きいので、想像ではこれらの意向で委員や報告者を任命すると考えられる。

国連は元々、日本とドイツを倒す為の組織なので、伝統的に日本と(ナチス)ドイツに批判的な人物しか選ばれません。


例を挙げると「日本は第二次大戦で欧米の奴隷制度を終わらせた」などと主張する人は絶対に委員などに任命されません。

だが「日本は1千万人を慰安婦にし強制連行した」などと言えば、簡単に任命されているのです。

国連には「日本に対しては悪口しか言ってはならない」という不文律があり、日本を褒めたら出世できません。

だから国連では出世の為、皆が競い合って日本を非難するあら捜しや、でっち上げに励んでいるのです。

スポンサー リンク


スポンサー リンク