フィリピン人は500年前から変わっていないように見える
CvnvmJrVYAAQ8pD
引用:https://pbs.twimg.com/media/CvnvmJrVYAAQ8pD.jpg


フィリピン大統領は踊るピエロ


フィリピンのドゥテルテ大統領は中国の次に日本を訪問し、両国を天秤に掛ける姿勢を示している。

またアメリカに対しては暴言を繰り返していて、日本でもアメリカ企業はフィリピンから出て行けなどの発言をしています。

北京でドゥテルテ大統領は「アメリカとの関係を終わらせる」「中国は最も頼りになる」と言っていました。

          スポンサー リンク



ドゥテルテ大統領は北京では中国を褒めちぎって1.5兆円の経済援助を引き出したが、東京でも日本を褒めちぎった。

日本はフィリピンに道路や橋などを建設して支援してきたと評価したが「日本はいくらくれるのか?」と言っているように聞こえる。

中国は1.5兆円だったので、日本はそれ以上の金額を出さないとフィリピンは「親日国」にならないのだろう。


日本でドゥテルテ大統領は「2年以内に外国軍隊が撤退するよう要求する」とアメリカ軍の撤退を求める考えを示した。

フィリピンの米軍は1992年に撤退したが、フィリピン側の要請でイスラム武装勢力などに対処するため、特殊部隊などは駐留していました。

さらに中国と南シナ海での対立が深まったので、やはりフィリピン側の要請で空軍哨戒機や戦闘機を駐留させる合意がされていました。


ドゥテルテ大統領の発言はこれらの米比合意を破棄するという事で、反米姿勢をよりはっきりと示しました。

現在フィリピン軍は予算約3000億円、兵力15万人だが戦車・戦闘機・軍艦は保有せず、非武装状態になっている。

陸軍は12万人だがその目的は武装ゲリラ鎮圧で、外国と戦ったり外国からの侵攻を想定していません。



国を守る自覚がないフィリピン人

フィリピンが非武装の理由は建国以前からずっとアメリカ軍が守っていたからで、外国からの攻撃など(日本軍以外は)考える必要がなかった。

1935年に日中戦争が始まりアメリカは日本との戦争を想定してフィリピンに独立を約束し、代わりにフィリピン人が日本軍と戦うように求めた。

アメリカはめでたく戦争に勝ったが、フィリピンは名目上独立したものの、実質的にアメリカの保護国という立場は変わらなかった。


その後70年間米軍はフィリピンに駐留し、世界最大の米軍駐留基地としてベトナム戦争や中ソとの冷戦の前線基地になった。

マルコス政権が倒れて1991年に反米活動から米軍撤退を求め、翌年に米軍がいなくなってから、中国の南シナ海での「飛び石作戦」が始まり現在に至る。

1521年にマゼランがフィリピンを「発見」したときフィリピンには国がなかったので、以来500年間に渡って外国の軍隊がフィリピンの国土を防衛してきた。


むろんスペイン軍はスペインの、アメリカ軍はアメリカの都合によってフィリピンを守ってきたので、フィリピン人には国防という意識が育たなかった。

「どうせ外国の軍隊が守ってくれる」と思いながら外国に反発するという矛盾した行動は植民地根性とも言われ、韓国人や沖縄人にも見られる。

韓国人は「中国軍が守ってくれる」沖縄人も「日本軍や米軍の代わりに中国軍に駐留してもらえば良い」という事を良く言っている。


その癖自分自身で沖縄を守ろうという意欲はなく、いつも誰かに甘えて依存するのが習い性になっている。

沖縄は500年間日本軍が守り、朝鮮半島も中国軍や日本軍、米軍が入れ替わりに守ってきたのでこうなってしまった。

独立すると言いながら自分で国を守る気はなく、米軍に出て行ってもらって中国軍から守ってもらおうと考えている、その程度の独立心なのです。



繰り返し誕生する暴力的独裁者

ドゥテルテ大統領はフィリピンで犯罪組織撲滅の為、5000人以上を手続きを経ずに粛清したとみられている。

ところがこれらの人々が犯罪に関わったという証拠がなく、それどころか統計がなく調査もしていないのが分かった。

要するにこの5000人あまりの人たちは一体誰だったのか、どんな理由で葬られたのかがさっぱり分からない。


これで思い出すのはカンボジアのポルポト政権で、最初はドゥテルテ大統領と同じように、正しいことをしているように装っていた。

だが知識人や資本家から始まってあらゆる人が対象になり、たった4年間で人口の3分の1がなくなりました。

ナチスやボリシェヴィキ(ロシア革命の勢力)、毛沢東の共産党も最初は犯罪組織や「私服を肥やす資本家」を標的にしたが、後に全国民を対象にした。


いずれも訳の分からない理由で市民を連行したり、攻撃対象にして多数の人たちがなくなりました。

この手の独裁者の特徴は次から次に「敵」を見つけ出しては戦闘を拡大させるのと、権力の座にしがみつくことです。

フィリピン大統領の任期は5年だが、5年後には戒厳令を敷いたり憲法改正して永久政権を作り出すでしょう。


こんなのを支援した結果、ポルポトを経済支援するのと同じ結果にならないのか、日本政府は皇居での式典などでサービスする予定だが、歴史の汚点になるかも知れない。

          スポンサー リンク


          スポンサー リンク