朴大統領が去っても、次の大統領候補全員が反日
E99F93E59BBDE383BBE58F8DE697A51
引用:http://222pepsi.up.n.seesaa.net/222pepsi/image/E99F93E59BBDE383BBE58F8DE697A51.jpg?d=a0


朴大統領が辞任を表明したが

韓国の朴大統領は11月29日に「与野党による国会の決定に任せる」と任期満了前の辞任を受け入れる発言をしました。

朴大統領は旧知の宗教団体幹部に国家機密を漏らしたほか、政治に介入させていたことで批判され、既に教団幹部は逮捕されています。

連日100万人を超えるデモ隊が大統領の辞任を求めているほか、検察は大統領の事情聴取を求めるなど、追い込まれていました。

スポンサー リンク
野党は大統領弾劾を求めて12月2日に国会に法案提出する予定で、与党に賛成する議員が出たら、成立する可能性があります。

朴大統領の発言は良く聞くと辞任をするとは言っておらず、与野党で政権を移譲する方策を作ったら大統領から退くと話しています。

与野党が協議して合意するまで辞任は先送りされるので、反対派は朴大統領の延命工作だと批判している。


朴大統領の与党、セヌリ党は大統領の意向を受けて「辞任を表明したのだから弾劾を中断するべきだ」と主張し、野党側は弾劾を進めるべきだと主張しています。

弾劾決議で賛成票を投じると見られた与党議員らは「辞任するのなら弾劾は不要」として反対に転ずる人も居ると見られ、否決される可能性が出てきました。

朴大統領は弾劾で罷免されるのを避けるため、「与野党が合意したら辞任する」とという姿勢を示すことで延命を図っているという見方がある。


朴大統領は2013年2月25日に就任したので任期は2018年2月までで、前回の例では12月19日に大統領選の投開票が行われました。

あと1年粘れば時間切れで次期大統領まで任期を全うできるのだが、とても持ちこたえられそうにありません。

世論調査では次期大統領の支持率トップは国連事務総長の潘基文で、事務総長としての任期は2016年12月31日までとなっています。



どっちが当選しても反日大統領

潘基文は事務総長の任期が終えた後で帰国し、韓国大統領戦に立候補する意思を表明していますが、間に合わない可能性が出てきました。

事務総長職のまま韓国大統領戦に立候補することは、職務放棄すれば可能だが常識ではありえない事です。

潘基文は朴大統領と同じ与党セヌリ党から出馬を依頼されており、韓国大統領は1期だけなので、与党の唯一の候補として楽勝すると見られていました。


ところが朴大統領の不始末によって与党の支持率も急降下し、大統領支持率は4%、与党支持率は16%の3位に低下しました

野党である「共に民主党」の支持率は33%を超え、2位の国民の党も18%に達しています。

韓国は大統領への直接投票なので、政党が支持されなくても候補が支持されれば当選しますが、この状況では潘基文でも落選するかもしれません。


韓国メディアによると次期大統領候補としての潘基文の支持率は20%で、「共に民主党」文在寅も20%に並んだ。

潘基文が大統領に就任した場合は、朴大統領と同じ政党であることから、重要な外交政策は継承されると考えられますが、野党の大統領では変化が予想されます。

「共に民主党」文在寅は過去最も強硬な反日政策だった盧武鉉大統領の秘書室長などを務め、2012年には自ら竹島上陸している。


外交政策としては親北朝鮮、親中国、反米反日とみられ、米国のミサイル防衛の韓国配備に反対しています。

文在寅が大統領になった場合には、合意したばかりの日韓軍事情報協定や慰安婦合意、米韓防衛協定、サードミサイル配備などを反故にする可能性が高い。

朴大統領弾劾と大衆デモを最も強く煽動しているのが文在寅で、潘基文が国連事務総長のうちに大統領選をやってしまえば、自身が当選する可能性が非常に高くなる。


といっても潘基文が親日家な訳ではなく、国連内で日本を非難するビラを各国代表に配った有名な「国連ビラ撒き事件」を起こしています。

日本担当の人権委員に次々に反日活動家を任命して日本批判の報告書を出させたり、世界遺産問題で日本批判を展開して妨害したのも潘基文が任命した委員達でした。

潘基文と文在寅のどちらが当選しても反日なのは同じであり、潘基文なら同じ政党の朴大統領の外交合意は守りそうだという違いだけです。

スポンサー リンク