田舎では一戸建ては社会的ステイタス
d6fca72883ecd0679a15893cfc170022_s


マンション賃貸と購入の維持費

マンションと一戸建てのどちらが得か、マンションで賃貸と購入ではどちらが良いのかは長年意見が分かれている。

大家族でマンションに住むのは難しいのだが、最近は小家族で都会に住む人が多いので、どちらか迷うところでしょう。

田舎ではマンションは少ないがアパートはあり、家賃を払い続けるより無理をしてでも一戸建てを購入する人は多い。

スポンサー リンク

マンションやアパートの賃貸価格はピンきりだが、そこそこ綺麗な物件で5万円から10万円の範囲内でしょう。

マンションか一戸建てを購入すると家賃を払わずに住むが、代わりに維持費を自分で支払う必要がでてきます。

最近多い都会のタワーマンションでは、購入しても毎月15万円の管理費と修繕費を取られる物件が存在するそうです。


中古マンションの平均的な管理費と修繕積立金は月2万円から3万円で、固定資産税はおおまかに言って中古で月1万円以上かかります。

その他に車を持っていると駐車場代がかかり、火災保険とかを含めると、安くても毎月3万円、高ければ6万円以上の支払いが生じます。

これは築10年や20年のまだ新しいマンションの場合で、築30年以上の格安マンションだったらこの半分程度かも知れません。


購入するのに数百万円から1千万以上かかり、その上毎月3万円以上払い、20年くらい住むと売却価格は半分以下に下がっています。

比較すると格安マンションを除けば、購入するほうが賃貸するより支出が少ないとは、必ずしも言えません。

一人暮らしで住めれば良いという人は、確かに賃貸より買ってしまったほうが安くなる場合が多いです。



一戸建ては買った後も金が掛かる

一戸建ては買ってしまえばマンションのような管理費や修繕積立金が無いので、毎月の固定支出はマンションより少なくなります。

それにマンションの土地は借地なのに対し、一戸建ては土地を購入するので、資産として永久に残ります。

だが建物に不具合が起きたとき、賃貸なら管理会社かオーナーに苦情を言い、気に食わなければ引っ越せば良いだけです。


賃貸では引っ越す事によって、常に一定以上の居住環境を、ノーリスクで維持することが可能です。

だがマンションでも自己所有だと、壊れたものは自分で治すしかなく、建物自体が原因の水漏れや傾きなども自己責任です。

迷惑住人が周囲に住んでいても引っ越せず、我慢するしかないので、ストレスやリスクと引き換えになります。


一戸建ては土地は最初から有るものと考えても新築で2000万円はかかり、しかも建てた家は25年後に500万円から1000万円はリフォーム費用がかかります。

大規模リフォームをした木造家屋はまた25年は住むことが出来るが、様々な費用が毎年必要になります。

固定資産税、都市計画税、毎月ちょこまかと掛かる建物や設備のメンテナンス費用、町内会費も取られるし、NHK受信料からも逃げられないでしょう。



一戸建ては最初見えない費用が多い

まったく維持費を考えなくても2000万円の住宅が25年で使えなくなるので年間80万円かかります。

さらに税金と維持費を含めると、新築住宅には年百数十万円は掛かる事になり、マンションやアパートより安いかは微妙です。

中古住宅は土地付き1000万円以下の物件が多くありますが、安いのは新築から年数が経っているので、リフォームまで使用できる年数も短くなります。


老朽化したら最低でも500万円以上のリフォーム費用が発生するのを計算して購入しないと、思わぬ出費になるでしょう。

土地は売れるとは言っても、建っている家が老朽化するので、取り壊し費用の分安く買い叩かれる場合があります。

土地や建物の評価額が低いと固定資産税は少なくなるが、古い建物は修繕費用が高くなるので、古くても維持費は安くなりません。


障子、ふすま、たたみ、壁紙、風呂台所など一戸建てはマンションより古臭くなりやすい。

一戸建てはすべて個人で所有しているが、マンションは購入しても土地は賃貸で、管理会社などに中間利益を取られる。

それでもマンションやアパートに割安感があるのは、一つの施設を多くの人で利用する、共有と規模の効果が発生する為です。



一戸建てを買わざるを得ない理由とは

ほとんどのマンションは耐震で震度6の地震でもビクともしないが、大勢で一つの建物を共有するから、頑丈な構造に出来ます。

一戸建てでマンション並みに強度の高い建物にするには、建売住宅の2倍以上の費用がかかってしまうでしょう。

マンションでは共有部分の掃除やゴミ処理を管理会社がやってくれて、騒音などの苦情にも対応してくれます。


一戸建てはメンテナンスで費用に大きな差が出るので、日常の手入れを欠かさなければ、少ない維持費で綺麗に保つことは可能です。

賃貸は必要に応じて住居を変更できる利点があり、子供が家に居る間だけ部屋数の多い物件を借りることも出来る。

とはいえ田舎では「一戸建てに住んでいる」のはステイタスであり、払えるのなら無理をしてでも一戸建てを買いたいという人が多いです。


地方では今でも一戸建てか賃貸アパートかは、お金ではなく一種の夢であり社会的地位を表すと考えられている。

「一戸建てを買ったら一人前」みたいな価値観は都会では想像できないほど強く、親戚が集まると「まだ家を買えないの?」と言われたりします。

そして困難を排してかなり無理をして一戸建ての家を購入するケースが多い。


スポンサー リンク