2050年にアフリカからインドにかけて夏の最高気温50度になる
3352123_s



今世紀末に赤道では気温60度

CO2のせいなのかは分からないが、異常気象が毎年発生していて、異常ではなくなって来ています。

史上最悪の猛暑が何年か続いたかと思うと、史上最長の長雨だったりして、気象が不安定になっています。

世界的にも異常気象のせいで、高温が続いたり降水量が減って水不足になっている地域が多いです。
スポンサー リンク

このまま地球の温暖化が進むと、人間が(ほぼ)住めなくなる国も出てくると予想されています。

現在の地球の平均気温は100年前より2度上昇しただけですが、局地的にはこの2倍の上昇率になっています。

今世紀中に地球の平均気温はもう3度上昇しますが、局地的にはやはり2倍の6度以上上昇します。


しかも冬の気温はあまり上がらず夏の気温だけ上昇し、さらに暑い地域ほど上昇幅が大きいと予想されています。

赤道近くのアフリカから中東、インドのような最初から暑い地域が、最も温暖化が進んで最高気温50度を超える日が増えます。

インドは現在もたまに50度を越えているので、今世紀終わりには気温60度の日が現実になります。


さらにもう100年後の22世紀には、北極圏や南極の地表が露出し、熱を吸収しやすくなるので、平均気温が現在より8度上昇すると言われています。

さっきの法則からすると局地的に現在より16度も上昇し、赤道では最高気温60度が普通の日常になります。

この頃には赤道周辺に人間は住めなくなり、北極や南極が現在のアマゾンみたいな気候になるようです。



水不足が熱帯の国々を襲う

住めなくなるもう一つの理由が水不足で、日本はあまり影響を受けていないが、世界的に雨が降らない旱魃が増えています。

温暖化は各地の降水量に大きな変化を及ぼし、大陸の内陸部では雨がほとんど降らなくなり砂漠化すると予想されています。

その一方で温暖化は海水からの水蒸気を増やすので、どこかに集中的に雨が降ると考えられていて、日本も豪雨地域かも知れません。


日本の夏は現在よりかなり暑くなり、雨が降り出すと滝のような豪雨になる未来かも知れません。

この場合水不足にはならないが、常に水害に悩まされる事になります。

ところで世界では現在でも、世界の66%の人は年間1ヶ月間真水を得る事ができない状態にある。


水不足は気温が高く人口が過剰で夏の降水量が少ない地域、つまり赤道周辺の国々で発生しています。

アメリカ西部、オーストラリア、アフリカ、中東、インド、中国内陸、インドシナ半島などは既に夏は新鮮な真水を入手できなくなっている。

赤道周辺の国々は気温の急激な上昇と水不足のダブルパンチに見舞われ、今後数十年で人の居住に適さなくなります。


水不足になるのは人口が多い国であるため、2030年代に人類の3分の2が慢性的な水不足状態に置かれます。

日本は幸いにも(?)人口が減り雨が大量に降っているので、ダムなどを適切に作れば水不足にならないでしょう。

真水の大半は飲料ではなく農業用に消費されていて、日本は食料自給率が低いので、大量の真水を輸入しているのと同じになります。

スポンサー リンク