朝鮮軍はいつも強者の後ろに隠れて悪事を働く
mig
ベトナム戦争に参加した韓国軍は戦闘からは逃げ回り、ベトナム人を襲撃しては略奪を働いた。



 韓国人が知らない半島の歴史

韓国は慰安婦や徴用工で謝罪を要求したり、日本の経済開発を略奪と言ったりしているが、自国の戦争犯罪には触れようとしない。

公正な議論のためには朝鮮あるいは韓国の戦争犯罪の整理が必要なので、韓国のために列挙してみようと思う。

まず韓国以前の半島国家の始まりは秦の始皇帝が統一したひとつの地方であり、その前は燕が統治していました。

スポンサー リンク

中国に存在する「広開土王碑(西暦414年)」には倭国は新羅と百済を臣従させたと書かれている。

宋の宋書倭国伝には438年、倭王が「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王」と名乗ったと書かれている。

また半島南部で5世紀後半から6世紀前半(西暦450年頃から550年頃)の前方後円墳が10数基発見されています。


こうした物的証拠から、史書にある神功皇后の三韓征伐や任那日本府は事実だったと考えられ、日本が半島南部を支配した時期があった。

だが7世紀以降は半島が唐などの冊封体制に組み込まれ、663年の白村江の戦いの敗戦によって、日本は半島の領土や支配権を失った。

668年には唐が高句麗を滅ぼして半島を統一し、676年に新羅がクーデターを起こして朝鮮半島の乗っ取りに成功した。


朝鮮半島の不幸の始まりは、自らの力で統一したのではなく、唐の一部として統一してもらい、主君を裏切って領土を盗み取った所にある。

この後も朝鮮半島の国家は、宗主国をコロコロと変えては裏切りや謀反を繰り返し、自分自身で半島を統一した事は一度も無かった。

1948年にはアメリカ軍に独立させてもらったし、日韓併合によって清の植民地から抜け出し、秀吉の朝鮮征伐からは明と清から守ってもらった。



 朝鮮軍による戦争犯罪

最初に記録された戦争犯罪は元寇の時で、モンゴル帝国は造船技術や海軍を持たないことから、高麗に日本侵略を命じた。

秀吉や中大兄皇子の命令は拒否したくせに、朝鮮人はモンゴルや中国皇帝の命令には「承知しましたご主人様」と従って日本を侵略することにしました。

高麗はモンゴルの為に軍船数千隻を建造し、あわよくば日本を征服して自分の領土にしてやろうと思い、対馬や壱岐に襲い掛かってきた。


これらの島々に攻めて来たのは実際には朝鮮軍で、最初から村人や女子供を標的にし、手当たり次第おそいました。

元寇は2度在ったが、2度とも先鋒の侵略軍として朝鮮軍が対馬・壱岐に上陸し、放火や略奪を繰り返して大きな被害を出した。

それでいて朝鮮軍は、いざ北条や朝廷の命を受けた武士団が現れると、一目散に逃げ出してモンゴル軍の後ろに隠れた。


ここら辺が朝鮮人が中国やモンゴル、ロシアからも見下される理由であり、弱いものは虐めるが相手が強いと隠れてしまう。

朝鮮軍が襲うのはいつも子供や女性、農民、無抵抗な村人などで、敵の正規軍が現れると必ず逃げる。

このパターンは有史以来、何度も繰り返し再現され、ある時は中国軍の後ろに隠れ、アメリカ軍の後ろで悪事を働いたこともあった。



強者の後ろに隠れて悪事を働く

1950年に始まった朝鮮戦争では驚くべき事に北朝鮮による犠牲者より、韓国軍による犠牲者の方が多かった。

戦争が始まると韓国軍は「自国民にスパイが居る」と言って全土でスパイ狩りを行い、100万人以上が犠牲になりました。

対して北朝鮮の攻撃による南側犠牲者は67万人なので、韓国軍のスパイ狩りによる犠牲のほうが、ずっと多かったのです。


朝鮮戦争で北朝鮮や中国軍と戦ったのはアメリカ軍だけで、韓国軍は逃げ回り、自国民の「スパイ」を捕まえては弾圧していました。

朝鮮戦争からさかのぼること5年前に日本は連合軍に降伏し、朝鮮半島から撤退したが、この時にも重大な戦争犯罪を犯した。

日本軍は自分が早く本土に帰りたいがために、さっさと38度線の南側に移動して、北側や満州の日本人を捨てて逃げてきました。


北朝鮮にはソ連軍が進駐してきたが、北の朝鮮人は新しい支配者の機嫌を取るために、日本人の女を捕まえては、ソ連兵に差し出しました。

この手の話は復員者が書いた手記には頻繁に登場し、昨日まで日本軍や日本人にペコペコしていた朝鮮人が、日本人を襲撃して略奪行為を働いた。

朝鮮人はソ連の協力者になって、日本人から奪い取った食料や衣類、日本の女を差し出して地位や権力を得たのです。


ベトナム戦争では韓国軍は連合軍として出兵したが、ベトナムで韓国軍はソ連や北ベトナムと戦わず、逃げてばかりいました。

それでいてベトナムの村々を襲撃して、略奪を働いたりし、大勢の犠牲者を出していました。

ベトナムで韓国軍が行った犯罪行為は非常に多いが、自分の戦争犯罪を隠すために、彼らは熱心に「日本の戦争犯罪」をでっち上げるのです。


これがライダハン事件につながり、韓国軍がベトナム女性を襲って生まれた孤児が1万人以上存在する。

もちろん合意のもとにではなく強制的に、あるいは韓国軍が集団で襲い掛かるなどして被害に遭った。

クアンナム省ハミ村では1967年に村人165人に防空壕に入るよう命じて、手りゅう弾を投げ込んだ。


韓国軍は北ベトナム軍からは逃げ回り、村々を回ってこうした行為を繰り返していた。

そしてアメリカに対してはベトナム戦争に協力したとして見返りを要求し、その後の経済発展につなげた。


スポンサー リンク


スポンサー リンク