尖閣周辺に侵入後浮上した中国の潜水艦。
潜水艦が浮上して国旗を掲げるのは普通は「ギブアップした」という意味だが意図はよく分からない。
DTWC-u_VoAAv5MP
引用:https://pbs.twimg.com/media/DTWC-u_VoAAv5MP.jpg



各国の潜水艦保有数

中国は軍事力増強にまい進していて、約30年も年10%以上の軍事費増加を続けている。

潜水艦も増強していて、米専門家によると2015年にアメリカ海軍の潜水艦保有数を上回りました。

米海軍は71隻の潜水艦を保有しているので、中国はそれよりも多い事になります。
          スポンサー リンク



ロシアは現在65隻前後と見られ、米中ロの3カ国は潜水艦保有数で拮抗しています。

3カ国の潜水艦の内容には大きな差があり、米海軍潜水艦はすべて超大型の原子力潜水艦で構成されている。

米海軍の現役戦略原潜は43隻で攻撃型原潜は14隻、他は現役としては使用されていない。


ロシアは弾道ミサイルと巡航ミサイルの戦略原潜が20隻前後、攻撃原潜17隻前後、通常潜水艦20隻前後となっています。

中国は2012年時点で戦略原潜3隻、攻撃原潜5隻を保有し、通常潜水艦52隻も保有していました。

日本は18隻全て通常潜水艦で、地上攻撃能力を持たず、搭載兵器は魚雷と対艦ミサイルのみだと考えられます。



中国海軍が使用している潜水艦

中国の他の兵器はほとんどソ連の無償援助から始まっているが、潜水艦も同じで第二次大戦型のソ連潜水艦を供与されました。

中国の通常潜水艦は現在に至るまですべてソ連潜水艦からの発展型で、完全な独自開発というものはありません。

原型は第二次大戦中のソ連製S型潜水艦という骨董品で、70年以上も改良を続けて新型潜水艦として投入している。



中国海軍の通常動力型潜水艦

・033型潜水艦 1950年代のソ連潜水艦のコピー
・035型潜水艦 (明型)20隻 033型潜水艦の改良型
・039型潜水艦 (宋級)16隻 035型の改良型
・039A型潜水艦 フランスの技術協力によるAIP(非酸素動力)艦
・キロ型潜水艦 20隻以上 ロシア・ソ連が外国向けに輸出した東側の標準的な潜水艦

ロシアが輸出用に製作しているキロ型潜水艦は当然ロシア海軍用より数段性能が低く、それを現在も輸入しているという事は、中国の潜水艦技術の低さを裏付けている。

原子力潜水艦はと見ると、実戦配備され運用されているのは確認されていません。


・091型原子力潜水艦 1950年代に独自開発し、原発用の原子炉を搭載したため実用性に欠ける。
・093型原子力潜水艦 091型の改良型 1994年建造 ロシアからヴィクターIII型原子力潜水艦の技術を導入。
・094型原子力潜水艦 093型の改良型 2008年建造潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を搭載した。
・094A型原子力潜水艦 094型の改良型 新型ミサイルを搭載すると言われている。
・096型原子力潜水艦 094型の改良型で弾道ミサイル24基搭載。094A型と同一の可能性もある

中国の原潜は信頼性に問題があり、試験以外に港から出る事は少なく実戦配備されていない。

これだけ種類が多いのは開発を急いでいるだからだが、逆に今まで全て開発に失敗した証拠と言える。

以上が中国海軍が誇る世界最大の潜水艦隊のすべてで、正直言って見るべきものはない。

数が多いのは有利ではあるが、ソ連・ロシアが支援を拒否したので、実用に耐える原子力潜水艦を保有していない。


世界最強と呼ばれている米バージア級戦略原潜。
水中に潜行したまま核ミサイルを撃ち込める
4ce999dba6c338c4ef9ea64ec64af46a
引用:https://i.pinimg.com/736x/4c/e9/99/4ce999dba6c338c4ef9ea64ec64af46a.jpg




潜水艦建造国は3つだけ

ソ連・ロシアは潜水艦を重要技術と考えて協力を拒んだと考えられ、独自開発をしているが、満足できる性能と信頼性に達していません。

世界で高性能・信頼性が高い潜水艦を建造できるのはアメリカ、ロシア、日本、英仏の5カ国でドイツは最近脱落しました。

2017年のニュースとして、ドイツ海軍潜水艦は全て故障し、港から出航できるものが1隻もなくなったというのがありました。


ドイツが輸出した韓国海軍の潜水艦も故障で全滅し、どうやら現在ドイツ製潜水艦は世界で1隻も稼動していないようです。

イギリスとフランスは自国で戦略原潜を建造し保有しているが、建造数は極めて少なく、特注品に近い。

高性能な潜水艦の大量生産をし、現実に稼動しているのは世界で米ロ日の3ヶ国だけであり、中国はこの中に入っていない。


潜水艦の役割は近年クローズアップされているが、現実に高品質の潜水艦を建造できるのは世界で3カ国だけなのです。

オーストラリアの潜水艦導入に日本の「そうりゅう」も参加し、仏独より性能や装備が劣ると評価されていました。

性能が優れている仏独の潜水艦は、おそらく建造しても港から出航できないだろうと思います。


比較すると宇宙ロケットや人工衛星を自前で打ち上げている国のほうがずっと多く、潜水艦建造は宇宙開発より難しいのがわかります。

中国の潜水艦は将来高性能・高品質になる日が来るかも知れないが、それは当分先でしょう。


          スポンサー リンク


          スポンサー リンク