40年間積み立てて約3.3%の金利だと、積み立てた額以上の金利がつく
img_compound01
引用:https://www.daido-life.co.jp/i401k/knowledge/img/img_compound01.png



複利効果で小額のお金が増える

毎月のちょっとした支出が積み重なると、一生涯では大きな違いになる事があります。

例えば少し前に話題になったLED電球は、電球一個で月500円(8時間点灯)ほど電気代が安くなります。

使用頻度が高い電球2個を交換しただけで月1000円、年1万2千円ですが、一生涯では100万円になります。
スポンサー リンク

白熱電球の電気代に消える筈だった1000円を毎月貯金すると、40年間で48万円になります。

このお金を普通預金ではなく投資に回して年3.3%の金利が付くとすると、40年間で約100万円になります。

年3.3%の金利は投資信託で積み立てても、このくらいは行くかなというレベルで、そう難易度は高くありません。


毎月1000円で100万円だったら、毎月1万円なら40年間で1000万円もの差が付くことになります。

特に大きな差が付くのが固定支出で、スマホや携帯電話料金が高かった頃は、月に何万円も使っていた人が居ました。

それを格安スマホに替えたら家族数人では簡単に月1万円くらいの節約になり、それを毎月積み立てたら40年で1000万円、20年では340万円になります。


ここで注目したいのは40年で1000万円なのに、20年では半分の500万円ではなく340万円にしかならない事で、福利効果が現れています。

複利効果は付いた金利にまた金利がついてどんどん膨らんでいく事で、「ミナミの帝王」や「闇金ウシジマくん」でお馴染みです。

彼らは10日で1割も金利が付くらしいのだが、一般的なリスクの低い投資では、せいぜい年3%台でしょう。



固定支出を減らして積み立てると大金になる

電話料金のような固定支出を減らすのは家庭の財政再建や貯蓄にとても効果があり、努力しなくて良いものはもっと良いです。

毎日2000円の食費を1700円に減らすのは大変な苦痛を味わうが、「電球交換」や「格安スマホ」は努力しなくて済むので楽です。

去年よくチラシが入っていたのが「電気とガスのセット」など光熱費を合算して節約するプランで、加入すると月数百円節約できます。


これの注意点は引越しや解約時に「手数料」が掛かるのか確認することで、何年以内に解約すると手数料を取る業者も存在します。

見落とされているのが「家賃」で入居した時より物件の賃貸相場が下がったら、大家に値下げを要求する権利があります。

誤解されるのが「契約更新時しか家賃交渉できない」と思われていることで、賃貸契約法では更新に関係なく家賃交渉はできます。


入居して3年とか5年も経っていたら、月3千円とか5千円は安くなって良いはずで、その分を積み立てに回せます。

自分が入居している物件の家賃相場は、今はネットで物件のマンション名を検索すればすぐ分かります。

「隣りの人は同じ間取りなのに数千円安い」のは実はかなりあり、不動産屋はけっこう家賃を変えています。


自動車も大きな支出で、もし大都市で駐車場を借りていたら、軽の中古でも年60万円以上かかっています。

通勤に使うのなら収入を得るために必要ですが、そうでなく土日や買い物が主なら、レンタカーやシェアカーの方が安いです。

保険料も見直し対象で、「余計な保険に加入している」人が本当に多いらしいです。


典型的なのがガン保険で、高い割には保証される範囲が非常に狭く、多くのガンは国保や健康保険でカバーされています。

「万が一のために」あれもこれもオプションを付けて、結局何も使わなかったという人が大勢います。

そして「お金がなくて困っている」という人の多くが、年金や国保など公的費用の減免対象なのに申請していません。


特に単身者ではない家族持ちは、減免される基準が緩いので、該当していれば年10万円以上の節約になります。

小遣いや食費を減らすのは精神的に苦痛ですが、こうした固定費は手続きさえすれば、何の努力も必要有りません。

スポンサー リンク