人気を支えているのはクレーンゲームだが、悪質店が問題を起こしている
c_php2FhB6N
引用:https://arubaito-ex.jp/job_images/3616/36161912/c_php2FhB6N.jpg



ゲームセンターが復活か

長く低迷していたゲームセンターの売上が急回復し、2014年に底を打って反転したといわれている。

日本アミューズメント産業協会によると、2016年度の合計売上高は7%増の4620億円だった。

2016年の国内ゲーム市場全体では1兆3801億円、スマホやPCのオンラインゲームが1兆361億円と75%を占めた。

スポンサー リンク

家庭用ゲーム機は3440億円で約25%、ゲームセンターはこれらとは別枠で、4620億円なので家庭用ゲームより多かった。

16年6月には改正風俗営業法が施行され、午後6時以降でも保護者同伴なら16歳未満も入店できるようになった。

親子でプレイ可能な時間が長くなった事で、親子や子供連れの客が、時間を気にせずに滞在できるようになった。


特に売上が伸びたのはクレーンゲームで、多くのゲームセンターでは、最も目立つ入り口付近に並んでいる。

オリジナルの景品が人気を集め、SNSで紹介されることで来店客が増えた。

主な客層である若者のアルバイト時給が上がり、ゲームにお金を使う余裕が出たのも影響した。



ゲーセンの負の部分

かつてのゲームセンターは不良の溜まり場になり、数々の問題を起こしたが、現代のゲーセンも問題を起こしている。

大阪ミナミなどのゲームセンターでは、クレーンゲームに違法な高額景品を入れて客を煽り、大金を使わせる店が目立っている。

客が入店すると店員らが「もっとやらなきゃ」などと煽り立てて数十万円を使わせ、被害相談は数千万円に上っている。


この手の「闇クレーンゲーム」の被害は全国38都道府県から寄せられていて、全国的に出現している。

クレーンゲームはパチンコ台と同じで店が確率を調整できるようになっていて、出さない調整にすると絶対に出ない。

クレーンゲームの景品は800円以下と警察庁が決めているが、法律ではないので強制力は無く明確な罰則もない。


ゲームセンターの売上は回復しているが、景気回復や法令改正が好影響を与えたように、景気が悪化すればまた客離れが起きかねない。

闇クレーンに象徴されるように、人気が出ればそこに付け込む人間が出るのも世の習いで、再び社会から批判されかねない。

クレーンゲームの景品が高額化して過熱気味だとも言われていて、このまま右肩上がりが続くかは不透明です。

スポンサー リンク


スポンサー リンク