現在は実用的ではないが、そのうち自宅前に迎えに来るようになる
RobotShuttle_02
画像引用:運転手なし!小さな自動運転バス「ロボットシャトル」デザイン公開 [インターネットコム]https://image.internetcom.jp/upload/201607/images/RobotShuttle_02.JPG



自動運転やAIで生活はどう変わるか

自動車は複数の変化が同時に起きることで、20年後には今とまったく違ったものになると言われている。

一番目がEVなどへのエネルギー転換で、二番目は自動運転技術、三番目は配車サービスで四番目はシェアサービス

ITやAIが自動車に組み込まれ、自動車そのものもIT社会の中に組み入れられる。

スポンサー リンク

自動車の最多販売、最多生産は中国なので、中国メーカーがやがて日米欧に割ってはいる。

これらが同時に起きるとたとえば、自動車を利用する人はスマートスピーカーに「自動車に乗りたい」と話しかけると、無人のシェアカーが自宅前で止まる。

車に乗ると予めスピーカーに伝えておいた行き先に走りだし、細かい降車場所などは走行中に伝える。


料金の支払いはスマホなどのデバイスで自動的に引き落とされ、現金やカードを取り出す必要はない。

自動運転車は自分で運転する必要がないので、免許が無い人も利用でき、価格は現在のタクシーよりは安い。

自分で運転するシェアカーの方が料金は安いが、その差は時間とともに縮まっていくでしょう。



社会の大変化が起きる

こういう時代が来たとしたら、そもそも自動車を買う人なんか1人も居なくなるかも知れません。

自動運転なら加速性能はほぼ無意味なのでパワー競争は終わりをつげ、どうせシェアカーなのでスタイリングも、白物家電のような適当なものに変わるでしょう。

メーカーが開発している次世代車が辿り着く世界は、こういう世界になるかも知れません。


個人が自動車を所有しない世界では自動車販売台数はおそらく2割程度に減少するが、それでメーカーがなくなる訳ではない。

メーカーの役割は自動車を製造する事から、自動運転や無人車を利用して、シェアカーなどのビジネスを運営することに変わる。

トヨタの車を使用したら、利用実績に応じてトヨタの収益になるような、ビジネス構造ができるでしょう。


逆にいえば「ただの機械工場」に留まる自動車メーカーは、ほとんどが今後20年で消滅します。

10年前世界中に存在したパソコンメーカーみたいなもので、機械の製造に留まった企業は消滅しました。

パソコンやスマホなどをユーザーが利用すると利益になるようなビジネスに転換した企業だけが、生き残っています。



自動車は買うものから使うものに変わる

先日軽トラックの「ハイゼット」に初めて自動ブレーキが搭載されましたが、軽トラですら今後は自動化が進みます。

自動ブレーキや車線逸脱防止などの機能は高齢者にとって重要で、間違えても機械が正常に戻してくれる。

安価な自動車でも将来は「機械の製造」より「利用されること」に収益構造が変化していくでしょう。


こうした大変化によって道路そのものも、自動運転車にとって走りやすい設計に変更され、免許制度も変わって行きます。

人間が運転する自動車はなくならないが、自動運転車と共存しなくてはならなくなる。

とはいえ自動運転車がミスを犯す確率は、人間が間違えたり故意に暴走する確率より低いので、人間の運転者にもメリットがあります。


EVが普及すると電力需要が少なくとも現在の1割は増加し、瞬間的には2倍にもなります。

多くのEVが一斉に充電しても良いようにするには、自然エネルギーだけではとうてい足りず、原発は必須になります。

化石燃料を増やせず太陽光や風力にも限りがあるので、EVを増やすには原発を増やすしかありません。


こういう時代が10年後に予想されています。

スポンサー リンク


スポンサー リンク