熱中対策グッズはとても売れた
ntt1802_top
画像引用:http://www.kiribai.co.jp/img/brand/ntt1802_top.jpg



氷アイスと梅干

2018年は史上最高の猛暑になり消費やヒット商品にも影響を与えました。

意外なものが売れて暑いと売れそうなものが減少したり、予想外のことが多かった。

暑いと売れそうなのはアイスクリームですが、あまり暑いと氷アイスは売れるがクリームタイプは売れなくなる。

スポンサー リンク

ペットボトルを凍らせる冷凍ドリンクも売れ、清涼飲料や炭酸飲料メーカーは増産しました。

コンビニでは8月後半におでんや中華まんが売れたそうで、日中暑くても夜になって気温差が大きければ売れるという。

猛暑の次の日が涼しいとやはり中華まんなどが売れ、コンビニ総菜も好調だった。


冷やし中華や冷やしうどんなども売れたが、激辛麺が各コンビニとも売れた。

東南アジアや暑い国の多くは辛い食べ物が好きだが、暑くなると辛い物が食べたくなるのかも知れない。

スーパーでは梅干しといなり寿司が良く売れ、梅干しは塩分補給や酸っぱさで清涼感を得られる。


暑いので揚げ物をしたくないという人が揚げ物を買っている
228
画像引用:[WBS] 猛暑で消費に異変!?「笑い泣き」の現場を徹底検証!http://lovely-lovely.net/business/wbs



揚げ物や冷却スプレー

いなり寿司は酢飯が入っていて煮た油揚げに包まれているので、食欲が落ちても食べやすい。

また揚げ物総菜の売り上げが伸びたが、「暑いので家で揚げ物をしたくない」という人が多い。

揚げ物はしたくないが食べたいので、スーパーやコンビニで購入したようです。


こどもの夏休み期間中は子供の昼食も作る必要があり、時短調理関連も売れた。

カットされた野菜や肉、調味料などをセットにした「ミールキット」も買い物や料理が面倒という女性に受けて売り上げを伸ばしました。

食品以外で売れたのは汗を拭くタオル、部屋の温度を測る温度計、庭に散水するスプリンクラーが売れた。


アイスクリームメーカー、かき氷製造機、サングラス、水着などが増えたが意外なものが減った。

殺虫剤は1割以上減少したが、熱すぎてハエや蚊などの害虫が減少してしまったと分析している。

あの手の虫の多くは30度以下が最適な気温で、30度より高いほど減少すると言われている。


制汗シートや帽子、冷却スプレーやひんやりシート、アイスノン、氷結ベルトなども売れた。

ファンで空気を循環させる作業服の空調服も良く売れて、ベタベタした肌さらシャツも売れた。

スポンサー リンク


スポンサー リンク