平均的な中国人がマンションと高級車を買うには年収の35年分が必要
china_property_3
画像引用:https://www.kaigaiijyu.com/wp-content/themes/kaigaiijyu/images/photo/china_property_3.png



年収70万でなぜ300万の車が買える?

もし年収70万円で300万円の車を買う人が居たら、普通ではないと感じるだろうが中国ではこれが普通です。

中国の平均年収は70万円に過ぎないが、150万から300万円の車が飛ぶように売れている。

中国は関税が高いので輸入車の値段も高く、トヨタのカムリ約330万円、ランドクルーザーは約2380万円もする。

スポンサー リンク

レクサス LSは2600万円から4300万円もするが、これらは輸入車なので20%以上の関税が課せられている。

中国現地生産のクラウンは430万円と日本仕様より安く、VWジェッタは約120万円、フォードフィエスタは約110万円くらいです。

VWポロは150万円くらいから、VWゴルフは170万円から230万円ほどと国内生産車は日本よりも安い。


メーカーは低価格車は国内製造するので輸入車は500万から1000万円以上もし、日本以上に高根の花となっている。

少し考えただけでおかしいと気づくのは、日本人は年収400万円くらいで120万円の軽自動車に乗っている人が大勢います。

日本人が車に払う金額は年収の3分の1から2分の1で、年収以上の車を買うのは「計画性のない人」の疑いが強い。



年収の20倍の借金をしないと車と家は手に入らない

ところが中国人の平均年収70万円なので、コンパクトカーですら年収の2倍します。

年収の2倍を現金で払えるはずがないのでローンになるが、「年収の2倍」を返すのがどれほど困難かは借金がある人なら想像がつくでしょう。

しかも中国で売れている車の平均価格帯は200万円台で日本と変わりません。


2008年のデータでは個人所有の車は1500万台だったが2017年に1億5000万台以上に増えていた。

年収70万の人が300万円の車を買うと年収の4倍以上で、年収500万の人が2500万円の家を買うのと同じ家の値段です。

中国人は普通に考えたらありえないような借金をして車を買っているのです。


その理由は中国では車は威信財(ステータスシンボル)なので、高級車に乗っていることがその人の価値になります。

車以上にステータスを表すのは住宅やマンションだが、こちらは年収の30倍にもなっています。

車が年収の2倍で家は年収の30倍なので、中国人は年収の20倍から30倍もの借金をしています。


日本では年収400万から500万の人が住宅ローン平均2000万円なので、年収の4倍から5倍に過ぎません。

中国人が車と家にどれだけ命をかけているか分かる数字です。

スポンサー リンク


スポンサー リンク