マスコミが民間ボーナスを膨らませる理由は、公務員やマスコミのボーナスを少なく見せかけるためと思われる
69c98674090a6bea973a8ae96491682c
画像引用:https://blog.goo.ne.jp/tonsan2/e/92933f95fef645f5244e6fa78dbc4073



ボーナス90万円報道の違和感

毎年夏と冬になるとマスコミがボーナス平均額を報道し、かならず目を疑うような金額です。

2017年夏は88万円、2018年冬は95万円だそうで、これが本当に「平均」なら日本人はみんな金持ちになっています。

マスコミが根拠にしているのは大抵経団連発表の平均ボーナスか、日経新聞などの調査が多い。

スポンサー リンク

独自調査の場合もあるが、いずれにしても一部上場企業を中心に、優良企業を対象にしている。

従業員が多い上場企業は労組とボーナス交渉などがあって把握しやすいし、中小企業は調査しにくい。

経団連はアンケートに回答した100社前後の企業の平均を取っているが、東証の上場企業数は3,640もあります。


日本の企業数は400万社以上で大企業だけで1万2000社も存在するのに、100社前後で平均を取っています。

その100社なんですが、アンケートにボーナス額を回答する企業は、ほとんどが1部上場の優良企業と考えられます。

つまり経団連や日経新聞がボーナス調査した100社前後とは、日本のボーナス上位100社の平均ではないかと考えられる。


ボーナスは年2回あるので1回95万だったら200万、総支給額ではもっと多くなります。

ボーナスだけで年約200万なら月給では手取り400万円は貰っている筈で、総支給では年収700万から800万の人です。

一部上場の平均より上の人だけの「平均」と考えれば、こんなものだろうと納得できます。



日本人の平均所得は250万円

さて日本人全体の平均ボーナスを出すには、平均給与や平均年収が分からないといけません。

日本人の平均年収は420万円、世帯平均所得は約546万円、一人当たりGDP(年収に近い)は443万円でした。(2017年)

平均は資産数兆円の人数人で押し上げられているが、所得中央値(最も人数が多い)は245万円でした。


労働者の給与所得(手取りに近い)の平均は250万円前後というのが、本当の日本の姿です。

この中にはいわゆるパートの女性も含まれているので、男女別では女性は200万円台前半、男性は300万円程度になります。

もし男性で手取り300万円の人が居たら、本人は低収入と思っているかもしれませんが、日本の平均とほぼ同じです。


年間所得300万円の人のボーナスは多くて100万円以内、夏冬それぞれ20万くらいではないでしょうか。

男性の所得平均が300万でも正社員はもっと多く、非正規はもっと安い筈です。

非正規はおそらくボーナスなしで、正社員だと20万から40万が年2回という人が大多数だと思います。


「日本のボーナス平均額は90万円」とは誤報もいいところです。

マスコミがボーナスを多く見せたい理由は、おそらく多すぎると言われる公務員ボーナスとマスコミのボーナスを低く見せたいからでしょう。

マスコミのボーナスは公務員を遥かに上回ると言われています。

スポンサー リンク


スポンサー リンク