GMOとDMMは最高値で参入し、最安値で撤退した
典型的な下手な投資だった
タイトルなしFR
画像引用:BTC USD Bitfinex リアルタイムチャート - Investing.com https://jp.investing.com/crypto/bitcoin/btc-usd-chart



マイニング撤退が相次ぐ

GMOインターネットは2018年12月25日、仮想通貨採掘のマイニング事業から撤退すると発表しました。

GMOは海外の事業用資産や子会社の株式売却損などで、約355億円の特別損失を計上した。

自社開発のマイニングマシン「GMOマイナーB2」を開発していたが、中止して撤退する。

スポンサー リンク

ただマイニング事業そのものは、安価な場所に移転するなどコストを見直したうえで継続するとしている。

DMM.comも2018年2月から地元の金沢でマイニングファームの運営をしていたが、先日撤退を表明した。

DMM.comは仮想通貨取引所として、ビットコインなどの取り扱いは継続する。


損失額は不明だが、両社ともビットコインが最高額2万ドル付近になって参入し、ビットコイン価格が下がると撤退した。

ビットコインは2017年12月の1万9000ドル超から、2018年12月には3300ドルまで下落しました。

GMOやDMMは1万5000ドル以上なら利益が出ると見込んでいたが、その水準を大きく割り込んだ。



ビットコインは投機の対象

世界最大のマイニング企業Bitmainも、従業員の2割を解雇してマイニング事業を縮小すると発表している。

ビットコインの暴落を受けて米証券取引委員会(SEC)は、期待されていたビットコインETFを承認延期すると発表した。

日本の金融庁は仮想通貨投資家の損失を重く見て、FXや先物取引と同等の規制を求める方針を示した。


ビットコイン価格が1万ドルを超えていた時「通貨に替わる存在」ともてはやされたが、期待は萎んだ。

今後のビットコインや仮想通貨の見通しについては、暴落が底打ちしたら上昇するのが相場の原則なので、いずれ上昇するでしょう。

ビットコイン価格が10万ドルを超える予想をする人も居て、100%あり得ないとも言えない。


仮想通貨には実需が無く日銀のような管理者も発行者もいないので、上げも下げも動きが派手になる。

10分の1や10倍といった値動きもあり得るので、どんな事でも起こりえる。

こんな物をお金として使えるかといえば、将来も実用にはならないでしょう。


世の中には大きな値動きをするゲームに、好んで投資する人が多いので、投機の対象として魅力的でしょう。

スポンサー リンク


スポンサー リンク