衝撃的だったのは2018年の出生率が1.0を割り込んだこと
153501232369_20180823
画像引用:今年の合計特殊出生率、史上初の「0人台」になる可能性も : 政治•社会 : hankyoreh japan http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31427.html



韓国経済の実態はどうなのか

韓国はレーダー問題や徴用工、慰安婦で日本に強硬姿勢をとっているが、経済は危機的状況と言われている。

過去の経済危機で韓国は必ず日本を頼って泣きついていたが、今回は違うのでしょうか。

韓国の失業率は5%ほどで20代は10%と表面上悪くないが、これは本当の数字ではないとされている。

スポンサー リンク

日本でもデフレ不況では失業率が低く発表されたという指摘があり、「政府が失業者と認めた」人数に過ぎない。

麻生総理がハローワークで求職者に「おまえ今まで何してた。どうせ働く気がないんだろう」のような暴言を吐いて人気を下げていた。

政府の考えはこんなもので、「働く気がない」人は失業者にカウントせず、たまに日雇いバイトをしている人も失業者ではない。


労働人口当たりの就業率を見ると日本は91%に対して韓国は74%、これを見ると日本の約3倍の失業者が存在します。

日本の公式は失業率は2.5%ほどで韓国は10%なので4倍前後、実態として日本の3倍超の失業者が存在するのは間違いない。

問題は3倍超の中身で、失業率が高いと労働者は条件が悪くても我慢して働くので、「最低賃金以下でサービス残業100時間」みたいな労働者が増えます。


働いているが生活できないワーキングプア、生活に必要な収入が得られないが失業者にカウントされない人が、相当数存在します。

日本の失業率が最悪だったのは2009年の5%台で、ワXX社長が「働けるのを感謝しろ」と名言を吐いた頃でした。

今の韓国は最悪期の日本の1.5倍ほどの失業率という事で、それがさらに悪化しようとしている。



韓国経済の現状は「崖の手前」か

京郷新聞によると大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会長は2018年末に、韓国企業は鍋の中の蛙だと発言した。

会長によると鍋の中の蛙は今は暑くて汗を流しているが、もうすぐやけどし始めるとしている。

同氏によれば韓国経済が悪化し始めたのは現政権が原因ではなく、長期的な構造的下落だという。


韓国には規制が多く内需不振の要因になっているが、誰も十字架を背負いたがらないため規制が増え続けているとしている。

なんだか日本の問題点を指摘しているようだが、これは韓国の事を言っています。

韓国は日本を模倣し日本をパクリ、日本を追い越すのを国家目標にしたため、日本の問題点も模倣している。


輸出だけに偏重したため国民生活が貧しく、サムスンやトヨタが世界一になっても国民生活はGDPで下回る西側諸国にも及ばない。

輸出を有利にし外国企業を排除するため規制がやたらと多く、新たな産業は生まれにくい。

韓国ではサムスンや現代のような巨大財閥を優遇して輸出を増やすため、意図的に生活水準を下げたりしていた。


韓国経済の崖が最近意識されるようになり、自動車生産、スマホ世界一、投資や不動産や雇用や人口も大台を割り込もうとしている。

韓国の出生率は0.95(7月から9月期)まで落ち込み世界最低(シンガポールは0.88とも言われている)、来年にも人口減が始まる可能性がある。

人口増加すると増加率の2倍ほど人口ボーナスでGDPが増えるが、人口減だと逆に減少率の2倍ほどマイナスボーナスがある。


日本のGDPが増えないのはまさにこのせいで、韓国の成長率も今年から1%程度は低くなるでしょう。

スポンサー リンク


スポンサー リンク