Wレンズキットは単焦点(固定倍率)と短いズームレンズのセット(EOS M100)
eosm100-wlens
画像引用:キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M100|仕様|商品構成https://cweb.canon.jp/eos/lineup/m100/kit.html



レンズ交換カメラの3極化

従来「一眼レフ」と一括りにされてきた高級カメラですが、この呼び方が使われなくなっています。

”レフ”は反射鏡を用いたカメラの事ですが、ミラーレスカメラはレフ式ではないためです。

”一眼”はそれまで存在した二眼に対する言葉で、1950年代に日本のカメラメーカーが量産し世界標準になりました。

スポンサー リンク

一眼レフではレンズを通った光は反射鏡で反射されファインダーに向かい、撮影者が目で見てシャッターを押します。

シャッターを押すことでミラーが跳ね上がり、光は直進してフィルムに当たり、写真として撮影されます。

”デジタル一眼レフ”デジイチはフィルムの代わりにセンサーを置いただけで、基本メカニズムは同じでした。


ただデジタルになってオートフォーカスや手振れ防止、様々な電子機能が追加されて、1950年代の2倍ほどの重量になりました。

初期の一眼レフは片手で持てるほどだったのに、女性には持てないほど重くなりました。

そこで登場したのがミラーレス一眼で、ミラーを廃止してセンサーも小型にした結果、重量はコンデジ並みになりました。


最近売れているミラーレスはこのタイプで、レンズも小型化されているので標準レンズなら片手で撮影できるほどです。

一眼カメラと呼んでいた名称も、二眼方式が存在しないデジカメでは使用されなくなり、「レンズ交換式カメラ」という呼び方が増えています。

小型ミラーレスは5万円から10万円ですが、デジイチに相当するフルサイズミラーレスは30万円台から50万円以上もします。



フルサイズミラーレスの価格は軽自動車並み

フルサイズはレンズも重く高価なので、高倍率のズームレンズなど一式揃えると70万円から100万円以上になるでしょう。

こうしてレンズ交換式カメラは5万から10万円の小型ミラーレス、30万から50万超のフルサイズ、従来型デジイチの3極市場になりました。

加えてコンデジから進化したズームレンズ付き高級コンデジもあり、ユーザーの選択肢は増えています。


高級コンデジは4万から7万円前後で売られていて、低価格な小型ミラーレスと競合しています。

ズームレンズ付きで5万から7万の小型ミラーレスも売られていて、ミラーレスの方が写真の出来は良い。

高級コンデジにレンズ交換式と同等の性能を持たせようとすると構造が複雑になり価格は上昇し、その割に写真そのものはイマイチになりやすい。


カバンの中に入るというメリットはあるものの、コンデジの苦戦は今後も続くでしょう。

一方最近増えたフルサイズミラーレスは、デジイチの買い替え候補にはなるが価格が高すぎる。

一式そろえて50万から100万円は軽自動車の値段なので、カメラマニア向けの商品に留まります。


Wズームキットは長い望遠がついてくるが単焦点レンズは無い。(EOS M100)
野鳥観察に良いが、普通の人は長い望遠をほとんど使わない
eosm100-wzoom
画像引用:キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M100|仕様|商品構成https://cweb.canon.jp/eos/lineup/m100/kit.html



小型ミラーレスはWレンズキットが得

一般の人にとって魅力的なのは、やはり5万から10万円のレンズ交換式小型ミラーレスカメラになります。

小型ミラーレスカメラは各社から発売されているが、カメラ単体やレンズとの組み合わせで種類が非常に多い。

最も売れているのはCanon EOS Mシリーズですが、「レンズキット」はアマゾンでは15-45mmズームレンズ付きで5万円からとなっています。


「ダブルレンズキット」は単焦点レンズと15-45mmズームレンズセットで6万円弱から、「ダブルズームキット」はズームレンズ2本がセットになっています。

EOS M100・ダブルズームキットでは15-45mmと55-200mmの2本のズームレンズがついていますが、単焦点レンズは付属しません。

もしレンズを別々に買うとそれぞれのレンズが2万円前後するので、非常に割高になります。


最初単焦点レンズキットを買い、後で2本のズームレンズを買い足すと、合計は約10万円近くになります。

最初からダブルズームキットを買えば単焦点レンズはなしですがアマゾン価格で6万円です。

一般の人は短いズームレンズでほとんどの撮影をするので、長いズームレンズの必要性は低い。


長いズームレンズは野鳥とか遠くの被写体を撮影するには良いが、野鳥観察が趣味の人以外は結局使わないでしょう。

単焦点レンズは背景のボケを出しやすいなどメリットがあり、ズームレンズより高画質になります。

多くの人には単焦点+短いズームのWレンズキット、野鳥が好きな人にはダブルズームキットが良いでしょう。

スポンサー リンク


スポンサー リンク