キヤノンEOS Rはソニーα7 IIIと競合する価格帯
bnr-camera-r-sp
画像引用:https://cweb.canon.jp/eos/special/eos-r/assets/img/index/bnr-camera-r-sp.png



ニコン、キヤノン、パナソニックがフルサイズに参戦

2018年はミラーレスカメラの売り上げ台数や販売額がデジタル一眼レフ(デジイチ)を上回り、ミラーレス元年になった。

2018年に売れまくったのはデジイチよりセンサー(フィルムに相当)面積が小さいコンパクト型でした。

重量はデジイチの半分ほどで高級コンデジと同等、写真の質はコンデジやスマホ以上で価格は5万から10万というのが魅力でした。

スポンサー リンク

一方で本格派のマニアは基本性能で上回るフルサイズデジイチを使い続け、フルサイズミラーレスとしてはソニーαしか存在しなかった。

2018年はフルサイズでもミラーレスのα7がデジイチ勢を上回って販売首位になり、もはや『一眼レフ』消滅は確実になった。

一眼レフとはレンズから入ってきた光を鏡(ミラー)で反射してファインダーで見て、シャッターを押すと鏡が跳ね上がりフィルムが受光する仕組みです。


ミラーレスはスマホと同じで鏡やファインダーがなく、モニターで映像を見て、シャッターを押すとセンサーが受光します。

フィルムカメラからデジタル一眼に移行した時、フィルムはセンサーに置き換えられたが本体構造は同じでした。

ミラーを無くす技術的進歩によって、より軽量化が図られたのがミラーレスで、その流れが最上位のフルサイズまで達しました。


ソニーしかなかったフルサイズミラーレスだが、半年ほどの間にニコン、キヤノン、パナソニックが参入し激戦区になった。

価格帯や特性はそれぞれのメーカーで差があり、どの機種が市場を喚起してデジイチ後の勝者になるのかは興味深い。



それぞれの戦略

最初にフルサイズミラーレスを出したソニーは2006年にミノルタから事業を引き継いだが、末期のミノルタは競争力や技術力が不足していた。

劣勢を挽回するため2013年に投入されたのが、世界初のフルサイズミラーレスα7シリーズでした。

ミラーレスではデジイチと異なるレンズ方式が必要だが、ソニーのEマウントは既に6年の実績があり選択肢が多い。


後発のフルサイズミラーレスはこの点がネックになっていて、2019年に入ってもフルサイズミラーレスでソニーが過半数のシェアを保っている。

ソニーとしては現在のシェアを多少は下げるが過半数を維持し、このまま逃げ切って市場の拡大で利益を得たいところです。

α7の価格帯はレンズ付きで約12万円から23万円ほどとなっている(価格はアマゾン)


2018年10月、2番目に登場したのがニコンz6とz7で、レンズ付きで価格は31万円から46万円もする。

価格の高さとレンズなどの選択肢の少なさから、ソニーα7ほどは売れていないが、もともとマニア向け商品なのでしょう。

キヤノン EOS Rはニコンz6・z7の発売直後の18年10月に登場し、ボディのみで約20万円で売られています。


キヤノンはこれではソニーに勝てないと思ったのか、2019年2月にEOS RPを発表し、価格はボディのみ16万円、レンズキット約22万円とされています。

パナソニックは2月14日に初のフルサイズミラーレス「LUMIX S」を発表し、ボディが約46万円、レンズ付き約58万円とされています。

α7ならレンズ付きで約12万円、α7IIIでもレンズ付き約23万円と比較すると、α7シリーズの充実度とお買い得さが引き立ちます。


ニコンz7の46万円も高い気がしたが、パナソニックはさらに上の58万円で出してきました。

こうして見るとα7約12万、α7IIIは約23万、キヤノンEOS Rは約22万から25万、ニコンz6とz7は31万円から46万、そしてパナソニックLUMIX Sは約58万円となります。

それぞれ価格帯を変えることで直接競合しないようにし、市場拡大を目指しているのかも知れません。

台数としてはこの中では低価格なソニーとキヤノン、既に実績があるソニーα7が今年も強いでしょう。


プロやマニア向けのニコンz7やパナソニックLUMIX Sがどのような評価を受けるかも注目されます。

スポンサー リンク


スポンサー リンク