人類はネアンデルタール人と交雑してから、地球全体に広がった
1548のコピー
画像引用:縄文と古代文明を探求しよう!http://web.joumon.jp.net/blog/date/2011/02/27



現代人はネアンデルタール人との交雑だった

最近の研究では人類の始まりや世界への拡散が予想よりずっと早かったのが分かり、日本に人が定住した時期も早まっている。

まず人類誕生は約400万年前の猿人アウストラロピテクスで、石器を使い始めたのは250万年以上前で、想像よりずっと早かった。

発見されている最初期の現生人類、ホモサピエンスはモロッコで見つかった30万年以上前のものとされている。

スポンサー リンク

約370万年前のアウストラロピテクスが発見されたのがアフリカ最南端の南アフリカで、約200万年前の化石はケニアやエチオピアなどアフリカ東部で発見されました。

30万年前の現生人類に近い化石がアフリカ北西部モロッコで発見されていて、南アフリカの正反対になります。

この時系列を素直に受け入れると、人類はアフリカ南端で誕生し、170万年かけて東部に進出し、さらに140万年かけてアフリカ最北端に到達しました。


20万年以上前には槍のような獲物を倒す道具が作られていて、12万年前には自分で火を起こして使うようになっています。

そして人類史最大のできごととなるアフリカからの移住が始まるが、8万5000年前ごろの人類の足跡が中東サウジで発見されています。

18万年前の人のあごの骨がイスラエルで見つかっているので、少数の人類は20万年前ごろから中東に住んでいた可能性があります。


そしてネアンデルタール人、デニソワ人、現生人類の3種の人類が数万年も同じ場所で共存していたのが分かってきた。

3種が共存したのは現生人類がアフリカを出てアラビア半島に住み始めたからで、10万年前から4万年前ごろまで活動範囲が重複している。

そして現代人のDNAを調査したところ、ネアンデルタール人とデニソワ人の遺伝子が混じっているのが解明された。



30万年前にアジアに到達していた?

現代人のDNAの3%前後がネアンデルタール人由来で、特に西洋人(欧州人)は外観や体質にまで影響を受けていた。

ネアンデルタール人は現生人類より屈強な筋肉質で、金髪や赤毛、そして肌の色が白かったと言われている。

アフリカに留まった現生人類は肌が黒く、ネアンデルタール人の拠点の欧州では肌が白く、中東を経由してアジアに定住したアジア人の肌が中間なのは、こうした理由かも知れない。


ネアンデルタール人は寒冷地に住んでいたので寒さに強く、交雑することで人類は寒さに強くなり、地球全体に住めるようになった。

中東を経由して東に向かった人たちはアジア人になり、25万年前以上の石器がインドで発見されている。

ベトナムでは30万年前の石器が発見されているが、これらは現生人類ではなく他の人類だったのかも知れない。


4万年前にはユーラシア全体に人類が広がり、日本でも3万2,000年前の化石が発見されている。

オーストラリア最古の人類は6万5000年前のアボリジニで、想像より遥かに早かった。

中央アジアのカザフスタンでは4万年前の遺跡多数が見つかり、南米チリでは1万4000年以上前の人の痕跡が見つかった。


カナダ西海岸で1万3000年前の足跡が見つかり、南米チリでは1万4000年以上前の痕跡が発見された。

人類のアメリカ到達は定説のように氷河期に歩いて渡っただけでなく、船を作って海を渡ったと考えられている。

オーストラリアとアフリカが陸続きだったことはなく、北米や南米にも船で渡ってきた人類が居たと考えられる。



「日本人」は3万年前から列島に定住

日本では1万5000年前から縄文時代が始まり、エジプトなどの古代文明が始まるまで、関東は世界で最も人口密度が高かったとされている。

約3000年前に稲作技術を持つ渡来人の移住があり、古墳時代や百済滅亡前後にも大規模な渡来があった。

日本列島への渡来はこの後もずっと続き、江戸時代に鎖国で一時中断した他は、明治維新後や戦後もずっと続いている。


国立遺伝学研究所の遺伝子分析では、現代大和人種は縄文人から12%の遺伝情報を受け継いでいた。

同様に現代アイヌ人は50%の遺伝情報を受け継ぎ、現代琉球人は20%を縄文人から受け継いでいた。

人口の比率で合計すると、1億2700万人のうち1,440万人の縄文人が、我々の中で生きている事になる。


また縄文人以前の旧石器人の遺伝情報や、弥生人や古墳時代以降の渡来人のDNAも、やはり現代人に受け継がれている。

2万年から3万年ほど前に日本列島に移住した人たちが絶滅せずに子孫を残しているのが非常に特徴的です。

日本人の遺伝子はこのように重層的に重なっていて、直接的にどの人種の子孫とか、どこから移住してきたという説明はできない。

スポンサー リンク