イオンの冷凍食品「ワールドダイニング」は評価が高い
低カロリーなので女性や高齢者向きかもしれない
4549741592925_PC_L
画像引用:World Dining グリーンカレー GREEN CURRY-イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ) - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)https://www.topvalu.net/items/detail/4549741592925/



働く女性に時短食品がブーム

時短食品が注目を集めていて、新たな商品が続々と発売されてヒット商品が誕生しています。

働く主婦が増えて家事に時間をさけず、より短い時間で簡単に済ませる必要がでてきた。

夫の家事分担が推奨されているが、なかなか進まないのと不慣れなため、より簡単に済ませる必要がでてきた。

スポンサー リンク

時短食品は調理が簡単な食品でもあるので、男性でも数分で作れる商品が多い。

代表的なのは冷凍食品で麺類やご飯類を中心に総菜、一人用の食事セットや糖尿病でも食べれる低カロリー食も売られています。

冷凍野菜は保存に気を使わなくても良いので常備しておけて、カット済みなのでとても便利です。


野菜コーナーでカット野菜が年々増加していて、青物野菜以外はほとんどカットされて売られているので、カレーなどで野菜を別々に買う必要が無くなりました。

野菜炒めセットやなべ物用、カレー用などとしてカット済み野菜が売られていて、2人用300円くらいが多い。

家族が多ければ損なのだが、1人や2人のために野菜を買いそろえると余ってしまうので、少人数では利用価値が高い。


野菜や肉を使って料理するわけですが、鍋物のスープが売られていて、スープに野菜と肉を入れて加熱すれば出来上がりになっている。

味付けが必要ないので調味料が不要になり、旨い不味いの差がでないので男性でも同じ味になる。

鍋物でもスープでもだし汁に野菜と肉や魚介を入れて煮れば、誰でも同じものを作れてしまう。



男性や高齢者にもメリット

焼肉も1人前や2人前で味付けされていてニラなどが入ったものが売られていて、そのまま焼肉として食べる事もできる。

これにカット野菜を入れれば野菜炒めになり、味付けされているので好みの香辛料で整えるだけでいい。

みそ汁も今やフリーズドライや練り味噌タイプが主流で、朝早起きして一から作る家庭は少なくなった。


ごはんを炊く家庭も減少し、特に1人住まいではパックご飯を使う人が多くなりました。

独居高齢者にとってご飯を炊くのはハードルが高く、ごはんはすべてパックという人も多い。

最近は麦ごはんとか玄米ご飯とか、ブランド米や女性高齢者向けの少量パックが増えている。


料理の材料と調味料がすべて入っているミールキットが最近人気で、宅配スーパーなどで勢力を拡大しています。

ぜんぶ手作りの本格料理でありながら、基本的に材料を煮たり焼いたりするだけなので、大幅な労力軽減につながる。

使い捨て鍋に材料がすべて入っている一人用の鍋セットは、今やコンビニの定番商品になっている。


こうした時短食品は冷蔵か冷凍が必要な場合が多いので、大きな冷凍庫を備えた大型冷蔵庫が売れています。

一般的な冷蔵庫は冷凍庫が小さいのに対し、3分の1程度を冷凍室が占めていて、冷凍食品のストックを増やせる。

冷凍食品は安い時にまとめ買いできるので、食費の節約にもつながる。

スポンサー リンク


スポンサー リンク