日本でもアメリカでも、プロYouTuberはプロ野球選手枠より狭き門
g10youtubers-the-movie-2015-poster
https://howtodofor.com/wp-content/uploads/2017/12/g10youtubers-the-movie-2015-poster.jpg



ユーチューバーの収入はなぜ下がるか

動画サイトに投稿して収入を得るユーチューバー(YouTuber)は流行語にもなり一躍時の人になった。

トップクラスは日本では年収数億円、英語圏だとその10倍ともいわれ、誰もがユーチューバーを目指しました。

その結果ユーチューバーが増えすぎて競争が激しくなり、高収益を得るのは難しくなっています。

スポンサー リンク

世界全体で毎月60億時間の動画が投稿され、毎分100時間の動画が投稿され続けています。(現在はもっと多い)

一つの動画が平均2分としたら毎月1800億本の動画が投稿されていて、日本語コンテンツだけで月2億本以上に達するでしょう。

動画サイトではもの凄いペースで動画が増え続けているので、視聴者が見る動画も分散していきます。


だがユーチューバーの収入になる広告はそれほどのペースでは増えていないので、動画サイトとしては1本あたりの単価を下げる必要があります。

今までレストランに10枚の皿があったのでピザを10分の1に分けていたが、皿が100枚に増えたら一皿あたり100分の1枚の取り分に減る訳です。

動画サイトでは10年くらい前は皿が5枚くらいだったのに、ブームによって10枚、100枚、1000枚と増え続けているのです。


ユーチューバーに配るピザはせいぜい2倍しか増えていないので、一皿あたりの取り分がどんどん減っています。

ユーチューバーが頑張って動画を投稿してファンを増やしたとしても、報酬はそれ以上に減るのでトータルでは去年より減った人が多い。

日本でアルバイト程度の収入を得ているユーチューバーは500人ほどですが、この人数は数年前から増えていません。


これはプロ野球やプロサッカー選手と比べてもかなり少なく、非常に狭き門なのです。



YouTuberを廃業する人も

億単位を稼ぐユーチューバーを見て一念発起し、ユーチューバーを目指した人は相当数居たと考えられます。

とりあえず食えるレベルの人が500人で数年間増えていないという数字からは、新たに参入した多くの人は500人に入れなかったでしょう。

しかも国内上位500人の中には企業として参加しているケースがあるので、本当はもっと少ないとも考えられます。


アメリカでは同じレベルのユーチューバーが5000人と日本の10倍で、人口は3倍なので「アメリカの方が楽だな」と感じるかも知れません。

だが全世界のユーチューバーがアメリカで成功しようとして投稿するので、野球のメジャーリーグみたいなもので日本より競争が厳しいと思います。

そこそこレベルの野球選手やサッカー選手は国内に留まる方が、アメリカや欧州に行くより成功しやすいのに似ている。


アメリカはメジャーリーグのプロ野球選手だけで1200人、3Aと2Aを含めると数千人、すべてのマイナーリーグを含めると1万人以上にもなる。

日本のプロ野球選手は1軍と2軍で900人くらい、さらに社会人野球という企業所属の「プロ」野球選手も存在する。


ユーチューバーはどんどん増え続けているのですが、先ほど書いたように参加者が増えるほど「ピザ」の取り分が減ります。

動画サイトとしては企業が支払った広告費の一定割合をユーチューバーに配っているので、そうせざるを得ません。

このように競争が激しい世界なので、プロYouTuberになるのはプロ野球選手になるより難しい、としか言いようがない。

スポンサー リンク


スポンサー リンク