海面に近い4700m以下でむしろ加速している
タイトルなし1
画像引用:F-35A戦闘機墜落事故の要因と再発防止策についてhttps://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/H31/20190610.pdf



調査は「始まる前に終了」した。

2019年4月9日に青森県沖で航空自衛隊のF35Aが墜落し、2か月後に驚くような調査報告が発表された。

防衛省は6月10日に、事故原因は操縦士が空間識失調に陥った事だったと発表し、調査を打ち切ってF35Aの飛行を再開した。

民間航空機が墜落した場合は、日本周辺であれば日本政府が事故調査委員会を発足し、米航空局などと国際的な調査を行う。

スポンサー リンク

地上に落下した場合はすべての機体部品を調査し、海中に沈んだ場合は主要部品を引き上げる。

最低でもフライトレコーダーを引き上げてからデータを解析するので、原因究明には短くて数か月、長くて数年間かかる。

ところが空自のF35Aは深海調査船でも活動困難な海底1500メートルに沈んでいて、部品の一部しか引き上げられなかった。


フライトレコーターやエンジンなど重要部品は何一つ引き上げられず、従って調査は「始められないうちに終了」した。

このような航空事故調査は聞いたことがないし、調査といっても調査する材料が無かった筈でした。

地上の基地にはF35Aのレーダーの航跡や交信記録などは残っていたでしょうが、それでは推理や推測しかできません。


当時F35Aは訓練中で、三沢基地を離陸して夜間に2対2の戦闘機訓練を実施していました。

沖縄県嘉手納基地に向かう米軍機が通り過ぎたが、訓練には参加せず墜落にも無関係でした。

F35Aから三沢基地への最後の交信は墜落1分前で、予定の訓練を終えた「ノックイットオフ」(訓練中止)が伝えられた。



推理ゲームで調査打ち切り

数十秒後に地上官制官から米軍機と距離を取るよう指示され「はい了解」と答えていた。

F35Aは米軍機に空域を空けるため、高度約9600mから約4700mまで一気に急降下し、そのまま減速せず海面に落下したとみられる。

約15秒間に渡って時速約1100kmの高速で降下し、約20秒で約4900メートルも高度を下げていた。


旅客機の降下率は1分間に1000m以内とされているので、その15倍ものペースで高度を下げた。

例えば高度3000mだと音速は1,182km/hなので、F35Aの速度1100kmはほぼ音速に近い。

これほどの速度で降下すると途中で気づいたとしても減速できず、引き起こす事も出来なくなってしまう。


機械の故障やコンピュータの誤作動などで速度が出すぎた可能性は小さく、操縦士が自分の意志で加速したと考えられる。

意図的に海面に衝突させたのでは無いとすると、何らかの錯覚か不注意、空間識失調などが考えられる。

たとえば速度計以外の計器を見るのに注意を取られ、速度が出すぎたのに気付かなかった可能性もある。


ともあれフライトレコーダーも機体もエンジンも引き上げられていないので、すべては推理に過ぎない。

これほど拙速に調査終了したのはF35Aの飛行を再開したい意向と、全世界で飛行するF35に影響を与えたくない等の事情があったのでしょう。

調査が不完全なまま打ち切られた例は民間航空機でも多いが、その結果全く同じ事故が何度も起きてしまった例がある。

F35Aがそうならないという保証はない。

スポンサー リンク


スポンサー リンク