日本が中国に攻撃されたらアメリカが守るが、アメリカが攻撃されても日本は何もしない。
これを軽く考えたのが100年前の日本で、日英同盟を破棄されてしまった
newsweek_20190628_160559-thumb-720xauto-162795
画像引用:G20大阪サミット、トランプが貿易を最優先に議論 中国首脳は保護主義批判 | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトhttps://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2019/06/g20-20.php



トランプの駆け引きと安倍首相の弱さ

トランプ大統領は大阪のG20前に、日米同盟を破棄したいと側近に漏らしたと報道されました。

このニュースは複数の同席者の話として繰り返し米メディアが報道したので、ホワイトハウスが意図的に流したと考えられる。

米政府はこれを否定し、G20の開催期間中には日米同盟の強固さをアピールしていました。

スポンサー リンク

だがG20が終わってトランプが大坂を離れるやいなや、再び日米同盟の見直しを口にし始めた。

日米首脳会談では安倍首相が同盟の見直しに同意したとも発言し、日本に攻勢を強めている。

一連の流れを見ると米側はG20に合わせて周到に対日戦略を練り、外交攻勢を仕掛けてきたと見ることが出来る。


最初に「日米同盟破棄」という最も過激な脅しをしかけ、来日すると同盟関係を再確認し日本に貸しを作った。

同盟破棄を引っ込める代わりに、安倍首相に同盟見直しを認めさせ、G20終了後は既成事実にしてしまった。

安倍首相は「日米同盟がなくなれば日本は核武装する」とでも言えば良いのだが、ペコペコ外交を繰り返したのでしょう。


安倍首相は駆け引きや取引ができず、お金を払って謝罪するだけなので、いつも相手の要求を飲まされてしまっている。

結局安倍政権はトランプの目論見通り日米同盟見直しに同意せざるをえず、具体的には防衛費の大幅増や責任分担を迫られる。

もし要求を突っぱねたら、日英同盟の悪夢が繰り返される恐れがあります。



実際に破棄された日英同盟の教訓

日英同盟は1902年に締結し1923年8月17日に両国の合意で解消したが、実際にはイギリス側の破棄だった、

1900年ごろ帝政ロシアは極東進出を進め、日本侵略と植民地化を公言し朝鮮半島にも食指を伸ばしてきた。

日露戦争は避けがたいと考えた日本と、ロシアを封じ込めたいイギリスの利害が一致し、日英同盟が締結された。


2年後の1904年に日露戦争が勃発し、あらゆる予想を覆して日本が圧勝し帝政ロシアは崩壊していった。

日露戦争でイギリスは参戦しなかったが、資金集めで協力したり、外交交渉で日本の味方に付きロシアとの講和条約を結ぶことが出来た。

勝ったとはいえ日本は資金と資源が枯渇しており、大陸で長期戦になったら負けていた可能性が高かった。


日本の同盟国が当時超大国のイギリスだったからこそ、ロシアは諦めて敗戦を受け入れた。

1914年に第一次世界大戦が発生し、この時の日本の振る舞いがイギリスに同盟破棄を決意させた。

イギリスはドイツに攻められて敗戦寸前まで追い込まれ、日本に軍艦を派遣するよう要請した。


イギリスは日露戦争に軍艦を派遣しなかったが、日露戦争に勝てたのは「超大国イギリス」の威光があってこそでした。

そして現在日本が非武装なのに侵略されないのは、超大国アメリカの威光があるからです。


イギリスはドイツに負けそうになり、日本はイギリスが負けても良いように距離を置いた。
助けにかけつけたのはアメリカで、この時第二次大戦の組み合わせが決まった。
Carousel_Jutland_02
画像引用:https://www.worldwar1centennial.org/images/News/Navy/NWC_Jutland_event/Carousel_Jutland_02.jpg



自国だけ守ってもらい、同盟国を守らない日本軍

日本は形式上1隻だけ護衛の軍艦を派遣し、イギリス本国への救援は拒否した。

それでいてドイツのアジア資産は接収するなど、イギリスを助けず自国の利益のみを追求したと批判された。

実際には当時の日本軍艦にはイギリス本国まで救援に駆け付けるのが困難だったが、そうした印象を持たれた。


結局アメリカが参戦してイギリスを助けたのだが、イギリス人は心の底から日本人を憎悪するようになり、現在まで遺恨は続いている。

もしこの時に、例えイギリスまでたどり着けなくても連合艦隊を派遣し全力を尽くしていたら、日英同盟は破棄されなかったでしょう。


日英同盟が存続していたら満州事変や日華事変は起きず、日本は第二次世界大戦に参戦しないかイギリス側で参戦したでしょう。

第一次大戦でのイギリスへの協力拒否は、日本外交の最大の間違いだったと言える。

現在アメリカが求めているのも当時のイギリスと同じことで、「イギリスは日本を助けたのに日本がイギリスを助けないのはおかしい」という事です。


アメリカとイギリスが入れ替わっただけで、ましてアメリカは在日米軍など実際に派兵して日本を守っている。

戦争になったら日本軍がアメリカを守るのは当たり前だ、という極めて当然の要求です。

もしこれを日本側がけ飛ばしたら、将来日英同盟と同じように日米同盟は破棄されるでしょう。

スポンサー リンク


スポンサー リンク