日本は輸出依存度が低いが、膨大な経常黒字があるので海外の影響を受ける
o0435054313438902528
画像引用:https://stat.ameba.jp/user_images/20150929/06/orange54321/72/4b/j/o0435054313438902528.jpg



貿易縮小なのに株価が上がる国々

トランプ米大統領が始めた対中貿易制裁とアメリカ第一主義のおかげで、世界の貿易額が縮小している。

世界各国の景気は冷え込み株価が下がっているが、当のアメリカは高値を維持している。

19年7月3日のNY市場は中央銀行FRBが利下げに踏み切るとの観測から、史上最高値を更新した。

スポンサー リンク

対して日経平均は18年10月の2万4000円を10%以上下回る2万1000円で、18年12月には2万円を割り込んでいた。

中国も日本に近く、上海総合指数は暴落ではないが去年よりも1割ほど下げている。

韓国のKOSPIは18年の最高値2500以上に対して、19年6月は2000割れの水準となっている。


欧州は去年12月に株価が下落したが、ドイツのDAXやフランスCAC40は17年や18年の高値水準を保っている。

こうして見ると輸出依存度が高い国ほど株価が下がり、輸出に依存していない貿易赤字国は株価が下がっていない。

考えてみればあたりまえの話だが、世界貿易が縮小すると貿易で儲けていた国ほど打撃を受けます。


アメリカは万年貿易赤字で経常赤字なので、輸出で儲けている国ほど打撃を受けない。

アメリカや欧州(ドイツ以外)のような国を内需型と言い、日中韓のような国を外需型と言います。

日本の輸出依存度は14%でアメリカは8.4%、韓国は40%で中国は約19%だった。



貿易対立は韓国のひとり負け

輸入依存度については、現在は全世界の国が輸出したがっているので、戦前や冷戦期のように石油や食料が枯渇するとは考えにくい。

だからアメリカが始めた貿易制限は輸出依存度が高かった韓国を直撃し、中国や日本など貿易黒字国にダメージを与えている。


特に韓国は以前は貿易依存度100%を超えていたほどで現在も70%以上、輸出依存度だけでGDPの40%もあります。

一方アメリカのように貿易赤字だった国には関係なく、経済が悪化したとしても利下げで株価が上がる程度のダメージで済みます。

トランプの標的は中国だったのだが、中国の2倍も輸出依存度が高い韓国の方がダメージが大きいでしょう。


日本の場合輸出依存度は低いのだが、貿易以外の経常収支の収入が大きく、所得収支が年間15兆円もある。

貿易などを含めた経常黒字は年20兆円で、中国や韓国の経常黒字(現在は赤字だが)より遥かに巨大です。

日本は輸出は少ないが、海外生産や海外企業への依存度が高く、世界経済の影響を受けやすい。


その意味では日本は内需国家とは言い難く、内需国家でありながら外需からも大きく影響を受ける

スポンサー リンク


スポンサー リンク