同じ建物内に居ながら何時間も遅刻したプーチンに、飼い犬のように喜ぶ安倍首相。
プーチンは日本の要求を突っぱね、日本は援助だけを約束するのが恒例
plt1805270002-p1
画像引用:プーチン氏、会談に遅刻 会見の質問も取りやめ - 産経ニュースhttps://www.sankei.com/politics/news/180527/plt1805270002-n1.html



安倍首相の謝罪外交

日韓関係は韓国側の徴用工の賠償請求と、日本の半導体素材輸出制限で盛り上がっているが、対照的なのが日ロ関係です。

日本政府あるいは安倍首相はロシアのプーチンと会うたびに経済援助を表明し、ロシアのプーチンは何もしないのが恒例になっている。

プーチンは外国首脳との会談を毎回数時間遅刻することで、相手に対する優位性を示すこともしている。

スポンサー リンク

これが相手を侮辱するためにわざとやっているのは、プーチンがトランプに対してだけ遅刻しないのを見ると分かる。

トランプはプーチンが遅刻したら激怒(したふりをして?)席をけ飛ばして新たな対ロ制裁を科すかもしれないからです。

安倍首相はプーチンがこないと「プーチンさんに会って貰えないのではないか」と何時間でも待っている。


プーチンが現れると「本当に来てくれたんだ」と感激してお礼を言い、経済援助だの無条件の友好条約を提案する。

それだけではなく過去の戦争を持ち出して正当性を主張するプーチンに同調し、北方領土の放棄を表明している。

北方領土は最初千島列島全てのことだったのに、4島だけに減りそれでも多すぎると2島返還を協議しようとしている。


プーチンは2島返還にも応じないと断言しているのに、安倍首相は「それでは1島も返還しなくて良いので経済援助だけさせてください」などと提案している。

最近安倍首相とプーチンが話し合っているのは、ロシアは北方領土を一島も返還せず、日本は経済援助だけを行うというものです。

これを推し進めているのは「あの」河野洋平の息子の河野太郎で、よくあんなのを外務大臣にしたものだと思えます。



謝罪したら外国はつけこんでくる

もうひとつよく分からないという人は、ロシアを韓国や北朝鮮、中国に置き換えると分かりやすい。

もし安倍首相が無条件に金正恩と会って、金正恩が「拉致は存在しないし協議しない」と言って、安倍首相が「なかった事で良いですから経済援助だけさせて下さい」と言ったらどうなるでしょうか?

その日のうちに拉致被害者は証拠隠滅のために消され、最初から「拉致被害者は居なかった」事になる。

勘違いしている人もいるが、日本が騒いでいるうちは取引の道具として生かされ、日本側が沈黙したら消されます。


中国に対しても同じで、中国は南シナ海の他国の領土を占拠し、次は尖閣諸島を狙って周辺海域に軍艦を常駐させています。

かつて中国は「日本の教科書を中国が望むように書き換えろ」と騒ぎ、驚いたことに日本側は要求通り教科書を中国が望むように書き換えました。

また中国は日本の閣僚の発言を問題視し、閣僚を更迭しろと日本政府に要求し、これも驚いたことに日本側は要求通り大臣を更迭しました。


さらに中国は過去の侵略の実質的な賠償金として莫大なODAや経済援助を要求し、そのすべてに日本政府は応じました。

その結果中国の要求はさらにエスカレートし、2012年ごろの反日暴動に発展し、日中関係は深刻な対立に至りました。

韓国については書くのもうんざりするほどで、日本は何千回も「謝罪」を表明し官民で当時の韓国のGDPも上回る援助をしてきた。


その結果韓国はここまで増長してしまい、さらに莫大な経済援助と賠償金を求め、天皇が一人一人の慰安婦に土下座しろと言っています。

これを引き起こしたのが日本側の謝罪外交で、日本側は謝罪すると相手の要求がエスカレートするのが分かっていません。

先日野党議員が「北方領土は戦争で取り返すべきですか」と市民に質問したところ、日本政府を挙げて「謝罪!謝罪!」の大合唱をしていた。


仮に謝罪するとしてもそれは個人の問題なので、本人がロシア大使館で「遺憾の意」を伝えれば済む話です。

それを国会で謝罪決議をしたり政府が謝罪を表明したり、安倍首相自ら謝罪表明したりした。

これではロシアをつけあがらせるばかりで、間違いなくロシアは中国や韓国のような態度をとる。


あるいは安倍首相や河野太郎や外務官僚たちはロシアのスパイで、ロシアから金を貰ってロシアを利するためにやっている可能性もある。

そう疑いたくなるほど、現在の日ロ外交は最悪に酷いものです。

スポンサー リンク


スポンサー リンク