新天皇が即位するとそれが合図だったかのように世界は激変した
poolsidefm-img600x600-1506580349jjb9vk18459
画像引用:https://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0309/users/0/3/2/4/poolsidefm-img600x600-1506580349jjb9vk18459.jpg



新天皇が即位すると変わる日本

日本で2019年5月1日に新天皇が即位し、そのとたんに東アジアや世界の国際情勢が動き始めた。

日韓外交は激しく対立し香港では反中デモに中国軍が介入をほのめかし、天安門事件を連想する展開になっている。

北朝鮮は米韓に反発しながら核武装をめざし、ロシアはアメリカから制裁を受けて日本を利用したがっている。

スポンサー リンク

アメリカは2018年からアメリカや同盟国にファーウェイ排除を呼び掛けていたが、従う国は限られていた。

2019年5月15日にトランプは「敵対企業と米企業のあらゆる取引を禁ずる」という大統領令に署名した。

影響は全世界のアメリカ企業に及び、日本や欧州諸国はアメリカと中国の二者択一を迫られた。


7月1日には日本が韓国への半導体素材3品目優遇廃止を発表し、続いて軍事品目の輸出が優遇されるホワイト国から除外することにしている。

中東でもイランが日本や西側のタンカーを攻撃したり拿捕し、アメリカはイラン攻撃の有志同盟を募集している。

もし米イランの戦争が始まると、日本は湾岸戦争時と同じくアメリカの同盟国か敵国かという選択を迫られる。


5月1日の新天皇即位、令和の始まりが合図だったかのように世界は動き始めたが、これが初めてではありませんでした。

平成が始まった1989年には天安門事件、ソ連崩壊につながるベルリンの壁崩壊や東欧民主化と事態は急展開しました。

国内では消費税導入から悪夢の30年不況が始まり、参議院で自民党が過半数割れして政治混乱が始まっていた。


日本の元号が変わった後にこのような変化が起きたのは明治、大正、昭和でも起きていました。



昭和から平成への変化

昭和元年は1926年(昭和元年)12月25日からですが、翌年中国では孫文が死去し蒋介石が国民政府を樹立しました。

日本はこの蒋介石が満州国に武力攻撃を繰り返したため中国に侵攻し、中国に勝つためアメリカとも戦争をして大敗します。

リンドバーグが大西洋を飛び、航空機による空爆や艦隊攻撃といった第二次大戦で主流になる技術が誕生しようとしていました。


昭和天皇即位後の日本は陸軍が力を持ち、満州出兵から515事件、国際連盟脱退、日中戦争、太平洋戦争に突き進んでいった。

これとは対照的に大正は大正デモクラシーの時代で、自由や民主主義や平和などの考え方が主流でした。

大正末期には世界的な戦争はもう起こらないとし、軍備不要論から日本軍兵力は今日の自衛隊より少ない20万人まで削減された。


当時は人力が動力だったので兵力削減はそのまま軍事力削減で、徴兵制もなくなり人々は平和な日々を送っていました。

それが昭和に代わって軍備拡大にひた走ったのは、一つは世界的な軍事の緊張に対応した物でした。

もう一つは陸軍が天皇の代替わりに付け込んで、若い(即位時25歳)新天皇を囲い込んで軍事路線にひた走った。


昭和天皇は日露戦争の陸軍大将である乃木希典から教育を受けるなど、幼少期から陸軍による軍事教育が行われていた。

大正期に壊滅寸前まで縮小された日本陸軍は、昭和天皇を利用して用意周到に再軍備の機会を狙い、改元後は戦争路線をひた走った。


昭和天皇を教育したのは陸軍の乃木希典で、即位後は陸軍が天皇を支配しようとした
幼少期から囲い込まれた昭和天皇は、陸軍の暴走を防止できなかった
376c4518
画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/monnti3515/imgs/3/7/376c4518.jpg



日本の変化が世界に影響を与えた

明治天皇の即位で始まる明治時代は、日本帝国が建国され日清日露で列強の仲間入りをするなど、富国強兵の時代でした。

このように日本は天皇のキャラクターや性格、考え方に大きな影響を受け、平成の時代は謝罪外交に明け暮れた。

これが天皇自身の考え方でもあったのは、自ら希望して訪中し、頼まれてもいないのに毎年「過去の戦争」に謝罪したのを見れば分かる。


例えば平成末期には終戦の日の安倍首相と天皇の談話の食い違いが激しくなり、天皇だけが謝罪、反省を繰り返していた。

日本の国家元首は天皇なので、令和の時代も新天皇の考え方や性格といったものに大きく影響される。

元号が変わったとたんに日本が韓国を制裁できたのは、天皇が勝手に韓国を訪問して謝罪するような恐れがなくなったからでもある。


各国は改元後の日本の変化を敏感に感じ取り、対応を迫られたり反発したり協力したりする。

それが世界情勢に変化を与え、思いもよらないような結末を引き起こすことがある。

平成の天皇即位とソ連崩壊、天安門事件に直接の因果関係はないが、世界はつながっていて日本で起きた変化は世界に影響を与えた。


昭和天皇の即位も結果として昭和天皇の教育者だった陸軍の強大化から、日中戦争や第二次大戦に発展した。

大正と平成は消極的で平和的、昭和と明治は積極的で高度成長や戦争など華々しい時代だった。

令和の変化もすでに始まりつつあり、日本と世界で大きなうねりが始まっている。

スポンサー リンク


スポンサー リンク