韓国ツアーは3万円台が多いが、中には1万円台もあった
fair_sss_tour_sel
画像引用:H.I.S. 韓国旅行・ツアー・観光https://smp.his-j.com/korea/tour/index.html



日韓対立でも訪韓日本人は増加?

韓国は政治対立から政府が日本製品ボイコットを呼びかけたり、日本旅行中止を呼び掛けている。

その甲斐があったのが訪日韓国人旅行者は減少したが、韓国を訪問する旅行者数はどうなのだろうか?

残念ながら日本政府が優遇措置廃止した7月の訪韓外国人数は発表されていないが、春ごろまでは増加していました。

スポンサー リンク

2018年から19年春頃にかけて韓国旅行する日本人が増加していて、第3次韓流ブームと言われました。

10年前の韓流ブームは「ヨンさま」目当ての韓流おばさんだったが、最近はBTSなど韓流アイドル目当ての若い女性が多い。

特にSMAPなどジャニーズアイドルの混乱が始まった後、10代から20代女性が韓流アイドルに流れた。


若い女性は政治意識が薄く嫌韓感情もないので、料金が安い(3日間3万円ツアーもある)ソウル旅行が人気となっている。

2019年になっても日本から韓国への旅行者数は増えているが、韓国だけでなく海外旅行者数全体が伸びている。

韓国、台湾、香港、中国など近隣アジアへの旅行者数は前年比5%ペースで伸びていて、料金が低い韓国旅行は伸び率が高い。


今時国内旅行でも一人1泊1万円以上するが、同じ料金で飛行機に乗って韓国でそこそこの旅行ができる。

一方韓国から日本へは韓国LCCを利用すると、なんと往復100円で売られている場合があるという。

韓国LCCは主に韓国人を乗せるが、搭乗客が集まらない場合は捨て値で投げ売りしている。


韓国LCCは激安で日本の韓流女子を呼び込んだり、タダ同然で売れ残った航空券を配っている。

日本のLCCは4社で2社が黒字だが、韓国LCCは11社乱立で日本路線も過当競争になっている。

政府の日本旅行ボイコット運動で韓国人利用者が減り、今後日本人利用者も減少が予想される。



ソウルの中国人旅行者は「観光客」ではない

日韓とも中国人旅行者が多いのだが、その内容には大差があり、日本に来る中国人の多くは観光目的で来ている。

京都の有名な寺はどこに行っても中国人で満員電車のようで、観光公害という言葉も知られるようになってきた。

中国人が寺に行きたがる理由は中国では仏教禁止だからで、建物としての寺が保存してあったとしても、仏像がなく僧侶もいない廃墟に過ぎません。


唐や隋の時代からある日本の古い寺は、中国人にとってはタイムマシンに乗って過去に来たようなもので、自国には無いものなのです。

ところで韓国も数度の戦争や混乱で古い寺はほとんど無く、あったとしても最近再建されたものなので「作り物感」が強い。

韓国の自然遺産や観光地は中国人にはいまいち受けないのだが、ソウルの中国人旅行者は非常に多い。


この理由は中国メディアによると旅行ではなく韓国でコピー商品を買い付けて中国で転売する商用目的なのだそうです。

中国の偽ブランド商品は以前より少なくなったが、明洞ではコピー商品があふれ、韓流コスメなど人気グッズが多く売られている。

中国人はそれらを購入して自国で転売して利益を得るので、無料で韓国旅行ができる仕組みです。


韓国が魅力的だからとか好きだからという理由ではなく、タダで行けるし儲かるからというのが中国人旅行者の本音です。

スポンサー リンク


スポンサー リンク