外国人が消費した3割程度しかGDPは増えないので日本経済に貢献しません
59727890e3dc1367a9814537972d4e9e_s



外国人観光はGDPに寄与しない

訪日外国人数は3000万人を超え、2019年は上半期と同じペースなら3326万人に達します。

19年上半期の1663万人は前年の約1,590万人とくらべて4.6%増、2018年は前年比16%増だったので大幅ダウンだった。

政府が目標としていた2020年の訪日外国人4000万人は絶望的になったが、実は達成しない方が良いという話です。

スポンサー リンク

外国人観光客によるインパウンドは5兆円に達し、政府は10兆円消費を目標に掲げています。

既に外国人消費が日本のGDPの1%を占め、将来は2%以上になりそうですが、実際にはなりません。

外国人観光客が使った分、日本のGDPが増えるように吹聴していますが、GDPは増えないし日本人の収入も増えません。


この仕組みは輸出と同じで、輸出額-輸入額を純輸出と言いますが、GDPが増えるのは純輸出の分だけです。

2018年の旅行収支は2.3兆円の黒字だったのですが、GDPが2.3兆円増えた訳でもありません。

安倍首相が観光立国を掲げて訪日客が増え始めたのは2013年ですが、GDPがどう増えたかを振り返ってみます。


実質GDPは2013年は2.0%だったが、その後は0.38%、1.22%、0.61%、1.93%、0.81%、2019年も0.98%と平均1.13%でした。

2010年から2012年の民主党時代は平均1.85%だったので、訪日客が増えて却って日本のGDP成長率は低下しています。

民主党時代に成長率が高かったのは2009年のリーマンショックで-5.4%と大幅減だった反動で、鳩山や管の経済政策が優れていたからではなかった。


もうひとつ付け加えると鳩山や管は「子供手当て、震災復興」でお金をばらまいたので、公的投資によってGDPが増えました。

政府がお金をばらまくとGDPは増えたが、外国人観光客が3倍になってもGDPは減ってしまいました。



訪日客3000万人以上で増えたGDPは1.6兆円

外国人観光客が3000万人も来て5兆円もお金を使ったのにGDPが増えないのは不思議だと思いますが、インパウンド消費はそのままGDPに算入されないのです。

算入されるのは「輸出額-輸入額」なので、消費額5兆円のごく一部、旅行収支2.3兆円のさらに一部に過ぎません。

例えば外国人旅行者にサービスするため外国人従業員を雇ったら、ホテルは儲かるが日本全体としては僅かな額しか儲かっていません。


日本は人手不足だと言って外国人労働者を大量に雇っていますが、彼らは外国にお金を送金するのでお金は外国に流出します。

外国人を雇わなくてもGDPに算入するのは売り上げから原価を引いた値なのでせいぜい7割、5兆円を売っても3.5兆円というところでしょう。

外国人が消費した3.5兆円から、日本人が外国で消費した金額も差し引かれるので、5兆円以上消費してもGDPは1.6兆円以下しか増えません。

しかも外国人観光客の為に外国人労働者を雇用すると、その分も日本のGDPから差し引かれます。

3000万人の外国人観光客を呼び込んで大騒ぎして、観光公害で日本人を酷い目に遭わせたのに、GDPは1兆円程度しか増えなかったのです。

皆さんは実質所得が増えていないというニュースを耳にしたと思いますが、これも「GDPが増えていない」の別な言い方です。

日本人は外国人観光客のために無償でサービスさせられて、GDPが増えず国益にもならないのに、儲かっているように思い込んでいるのです。


世界の観光立国アメリカ、フランス、イタリアなどは観光で大儲けしているように見えますが、日本と同じでGDPには貢献していません、

これら観光大国は例外なく経常赤字国で、外貨不足に苦しんでいるので外国人が落とす外貨が必要なのです。

日本は経常黒字で儲かりすぎて円高になり困っているので、外国人観光客に依存する必要はないのです。


外国人観光は売上額の数%しかGDPに寄与しないが、日本人の国内旅行のほうがGDP貢献度は高い。

京都では外国人を受け入れるために日本人旅行者を追い出しているが、そんな事をすると日本が貧しくなるだけです。

スポンサー リンク


スポンサー リンク