北朝鮮が民主化したら金正恩は市民の手で処刑されてしまう
20180427-00084528-roupeiro-000-7-view
画像引用:【全文掲載】南北首脳会談 北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長の冒頭発言(吉崎エイジーニョ) - 個人 - Yahoo!ニュースhttps://news.yahoo.co.jp/byline/yoshizakieijinho/20180427-00084528/



独裁者は自分から処刑台に上がらない

韓国のGSOMIA離脱や文大統領の反日親北路線から、南北朝鮮の統一が実現するのではないかという期待?が高まっている。

また韓国がアメリカの安全保障体制を損ない、トランプ大統領がG7で名指しでこき下ろす一幕があった。

米韓の対立からアメリカが米韓同盟破棄を検討したとか、実際に破棄するのではないかと言う憶測も流れている。

スポンサー リンク

どちらも100%あり得ない話で、合計200%あり得ないが、まず南北朝鮮統一から検証してみます。

北朝鮮の金正恩政権と韓国の文政権は南北融和路線から、首脳対談を行ったり親密な関係にある。

韓国軍艦が日本の哨戒機をレーダー照射した事件は、瀬取りがばれそうになったので、自衛隊機を追い払おうとしたと言われている。


韓国は国際社会から批判され米国と対立してでも北朝鮮を助けているので、南北朝鮮統一はありそうに思える。

問題は北朝鮮側で、北朝鮮は共産主義国家で金正恩を頂点とした独裁体制を取っている。

単に独裁国家なだけではなく身分社会でもあり、江戸時代の士農工商えたヒニンよりずっと厳しい階級社会です。


親日富裕層が最も低い階層で、一生を極貧農民として生き、子供や孫も永遠に最下層民として階級が固定されている。

一方で金一族と側近のような革命階層は最上級階層で、子々孫々までずっと最上級に固定されています。

こんな国で民主化などしたら身分制度が崩壊してしまい、ルーマニアのチャウシェスク大統領のようになるでしょう。(ルーマニア革命 (1989年12月25日)で公開処刑された)


金一族と共産党のせいで下層階級に貶められた人々は、骨の髄まで憎んでおり、金正恩自身もそれを良くわかっている。

だからこそより一層中心階層を優遇して自分と共産主義体制を守ろうとしており、たとえ国民の半数が餓死しても民主化はしない。

北が自主的に民主化するのはありえず、かといって韓国が共産化して北朝鮮に併合されることもあり得ない。


腐っても韓国のGDPは北朝鮮の50倍、軍事力も10倍以上は違うので戦争にすらならない。

北朝鮮はソウルにミサイルを撃ち込む事は出来るが、ソウルに歩いて行く間に、兵士は腹ペコで倒れてしまいます。



アメリカの米韓同盟破棄も100%ない

次にアメリカによる米韓同盟破棄だが、破棄してもアメリカにとってメリットがないので、これもあり得ない。

韓国の大統領が精神に異常をきたして韓国側が破棄する可能性なら、少しはあるかも知れません。

アメリカと韓国は在韓米軍撤退で合意し、予定ではとっくに撤退しているのだが、北朝鮮情勢の悪化で引き延ばしになっている。


撤退の理由は韓国が出ていけと言ったからで、在韓米軍は始まった瞬間から反米運動に直面した。

米軍は1945年9月8日にソウルに達し、その後日本軍は撤退して米軍占領地になったが、1948年に韓国を建国し韓国軍を創設した。

韓国を建国した理由は「日本時代の方が良かったのに米軍が来たら悪くなった」からで激しい反米運動が巻き起こった。


手を焼いたアメリカは韓国を独立させて半島から撤退する事にしたが、1950年に朝鮮戦争が勃発してそのまま駐留している。

1990年代からは米兵の事件を巡って反米運動が激化し、在韓米軍は2016年に撤退することになっていた。

ところが北朝鮮危機で出て行けと言った韓国が「やっぱり駐留してくれ」と言い出して現在に至っている。


在韓米軍は徐々に縮小し現在は航空部隊とミサイル部隊など小規模な編成になっている。

いずれほとんどの米軍が韓国から撤退し、日本が米軍の最前線になるでしょう。

だからと言ってアメリカから米韓同盟を破棄する理由は無く、利用できるものは利用しようとします。

米軍が撤退した後の韓国の重要度は、アメリカにとってかなり低いものになるでしょう。

スポンサー リンク