オーストラリアで110万円分のトイレットペーパーを買い占めたが転売に失敗した男が居た
tembai200423_topp
画像引用:110万円相当のトイレットペーパー等を買い占めた転売ヤー、ネットで売れずに返品に!スーパーが大激怒|FINDERShttps://finders.me/articles.php?id=1895



ネット転売が裏経済になっている

コロナ騒動が始まってからトイレットペーパーを始めとして色々なものが不足し買い占めが起きた。

品不足が起きると転売する転売ヤーが買い占めて、ヤフオクやアマゾンやメルカリで転売している。

1月に世界的なマスク不足が起きると中国人旅行者が日本でマスクを爆買いし、次いで日本でも深刻なマスク不足が起きた。

スポンサー リンク

それまで日本で売られていたマスクの7割超が主に中国からの輸入で、国産は3割程度に過ぎなかった。

トイレットペーパーは素材も生産もほとんど国内だったのにパニック買いが起きてティッシュボックスも店頭から消えた。

その後任天堂スイッチの「どうぶつの森」新作がヒットするとスイッチが買い占められて高額転売された。


品不足と買い占め、転売の連鎖は続き、なぜかパスタや小麦粉、ホットケーキミックスなどが店頭から消えた。

パスタは世界的商品で多くの国が生産にかかわり、中心国のイタリアは感染爆発で生産ストップした。

ホットケーキミックスは最初から味付けがしてあり、フライパンで焼くか電子レンジだけで非常食になり手作り感が出せるのが人気らしい


とは言え買い占める必要性は低く、要はパニック買いとそれを利用した転売ヤーによる価格つり上げだったと見られる。



転売は誰かが大損して終わる

過去の災害では東日本大震災や阪神、九州、広島豪雨など局地的で、どこかで品不足でも反対側では不足していなかった。

今回は全世界で一斉にコロナ騒動が起きたので、日本中で同じものが品不足になりやすく、転売も大規模になった。

最近新たに転売リストに加わったのがバリカンで、特にパナソニックのバリカンが人気だと言う。


検索すると分かるが電気バリカンのほとんどは中国製や無名メーカー製なので、有名国産メーカー製は値上がりしやすい。

日本政府は国民全員に10万円給付するが、これにも転売ヤーが群がって「ICカードリーダー」を買い占めている。

給付金は郵送よりオンライン申請が早く受け取れるが、オンライン申請にはマイナンバーを読み取るカードリーダーが必要になる。


数年前に新品3千円以下で買った記憶があるが、今はネットオークションで5000円くらいで売られているようです。

コロナ自粛で暇な人が増えたのかマンガの転売が増え、人気の「鬼滅の刃」最新刊も買い占められて転売されている。

こうした転売がすべて成功するかと言うと、原価がかかっている上に品不足が解消されたら価格が暴落する。


例えばマスク不足の時は仕入れ値も高かったはずだが、最近は値崩れして原価割れでも売れ残っている。

こうした品不足を利用したビジネスは結局「誰かが大損して終わる」のです


スポンサー リンク


スポンサー リンク